ペアガラスのマンションに10年住んで|断熱・結露の面から思うこと

ペアガラスのマンションに10年住んで|断熱・結露の面から思うこと

スタッフ大坪の自宅は築10年のマンションです。
窓ガラスは標準装備でペアガラス。
窓は南と北に計4か所、角部屋ではありません。

幸い真冬でもほとんど結露はありません。
するとしたら氷点下の朝、窓のアルミ枠が結露することがあります。
冬の晴れた日は南面の窓から陽が差しとても乾燥するので洗濯物は部屋干し、さらに加湿器も付けています。
リビングでは水蒸気が多いガス暖房を愛用しています。

冬の結露に対しては「窓」に断熱対策を施すのが一番効果的と言われています。
私の自宅で結露が発生しないのは、換気性能、壁の断熱性能も関係していると思いますが、主にペアガラスが効果を発揮しているのではないかと推測されます。

img_a002047001_01

マンションではサッシを見た目の違うものにするのは規約で禁じられていますが、見た目や強度などの性能が同じであればガラスを取り替えることはOKです。
リフォームでガラスをペアガラスにすることは可能です。

ただ、ペアガラスは劣化すると言われています。
長年使っていると、2枚あるガラスの間に結露が発生したり、白く曇ったりするようになるようです。
10年経った時点でまだそれはないのですが、今後のことを考えると不安があります。

結露対策として弊社がオススメしているのが「二重窓」。
今あるサッシの部屋内側に新たに窓を取り付けします。
二重窓の厚みが約7cmあり既存の窓枠内に取り付けできればきれいに納まるのですが、窓枠からはみ出てしまうこともあります。
その場合は窓枠を替えたり、壁をふかしたりして納まりを整える必要が出てきます。

DSC_5322

ペアガラスに対して二重窓のいい所は、ガラスだけでなくアルミ枠を含めたサッシ全体を覆うことが出来るところ。
ガラスだけでなくアルミ枠も結露しますので、覆う方が断熱効果は高まります。
さらに二重窓のガラスをペアガラスにすればより効果が得られます。

DSC_5395

結露に対しては、まずどんな状況であるか伺って見させて頂いてからおすすめの結露対策リフォームを提案させて頂きます。
マンションリフォームを多数手掛けてきた工房住空間にぜひご相談下さい!