地震の時のために気をつけておきたいキッチンの扉。

地震の時のために気をつけておきたいキッチンの扉。

昨夜の地震は大丈夫でしたか?
地震前の携帯からの警報音にビックリしますよね('_')
幸い広島は大きな揺れではなかったので大事に至らなくてよかったですが、島根では鳥居が倒れたり、物が落ちて散乱したり被害が出ているようです。
被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

さて、このように地震は突然やってきますので、被害を少なくするためには備えが必要です。
西方沖地震で震度6を経験してしまった私は、デザインより地震への備えを優先するタイプ。
当時の我が家は揺れた方向が幸いして奇跡的にほとんど被害はありませんでしたが、隣の家や友人の家は食器全滅、冷蔵庫の中身まで全滅という状態でしたので、新しく家を持つ時の地震対策はきちんとしよう、と心に誓った事をよく覚えています。

が、こればかりはそれぞれの価値観。
いつ来るかわからない地震のためにお洒落なインテリアを諦めるのももったいないですし、「来たら来た時よ!」の気持ちもよくわかります!
お洒落と安全どちらを優先するか、それぞれご自分の価値観で決めて下さいね!

リフォーム時にできる地震対策として、家具の扉を「引き戸」にするという方法があります。

s-rck_098_2

広島市中区M様邸では、食器棚を引戸と引出しで造作しました。

s-rck_029_2

造り付けなので倒れてくることもないですし、扉が開いて中の物が飛び出してくることもありません。

pht_unit_06

キッチンメーカーの既製のカップボードの中にこういったタイプのものもあります。
こちらも後ろの壁にしっかり留めてあるから大丈夫。

pht_wall-cabinet_01_2

キッチンのウォール収納には、上から下へ引き出すタイプもありますし、

pht_wall-cabinet_07

開き戸でも耐震ラッチを装備すれば安心です。

キッチン以外では、背の高い家具を金物で壁に固定することもできます。
予め壁の中に下地を入れる必要がありますので、リフォーム計画の段階でご相談下さいね。

大きな余震が続きませんように。
皆様もお気をつけ下さい。