大容量のキッチン収納。使い方にコツがあります|S様邸リノベ

大容量のキッチン収納。使い方にコツがあります|S様邸リノベ

リノベーション前にキッチンを見せて頂いた際、壁面に隙なく配置された食器棚や家電収納、キッチン上の吊戸棚に食器やキッチングッズがびっしり入っているのを確認させて頂きました。

IMG_8942_3

ご要望はオープンなキッチン空間だったので、リビングとキッチンの間の壁を取り払うことになる計画。
キッチン上の吊戸棚は無くなりますので、今そこに入っている物達はどこへ収納するか、という問題が出てきます。

IMG_8944_3

そして、お洒落でオープンなキッチン空間をご希望、となると、キッチンの背面収納は重要。
意匠性と収納量両方を兼ね備えたキッチン背面収納にする必要があります。

最初にショールーム見学をされた際、このキッチン収納を含めた展示セットをすごく気に入って下さいました。

storage_sec06_p01_2

ホーロー製で頑丈、扉を収納することができ、使いやすいようよく考えてある商品です。
重厚感もあって意匠性も収納量もS様邸にピッタリだったのですが、残念ながら天井高の制限があり、S様邸には入らないことがわかりました。
かなりショックを受けておられましたが、似たような形をオーダーで造る方法を採用頂くことになりました。

IMG_0115_3

壁面を天井まで全て収納として使えますので収納量は抜群です。
食器や家電だけでなくゴミ箱も収まっています。
炊飯器などを置くゾーンは棚板がスライドして前に出てくる仕様になっています。

三枚ある扉のうち一枚分は、扉を溜めておくゾーンになるので要注意!
そこには普段あまり使わない物、例えば来客用の食器やストック品などを収めておくのがコツです。

調理する時は、扉二枚分をバーンと開け放って使うようになります。
このゾーンによく使う家電類や日常使いの食器を収めておく使い方をおすすめします。

IMG_0113_3

S様邸キッチン収納の最大のポイントは、既製品の引出収納を入れ込んだところです!
引出収納をオーダーで造ると結構コストがかかるので、既製品を使うことでコストを削減しています。
既製品の食器棚はオススメのものを提案させて頂きました。

空間が出来上がってみると、
最初に気に入っていたホーロー製のキッチン収納が入っていたら空間が重い雰囲気になっていたかも、
この方が暗くないしモダンな雰囲気でよかった!
とおっしゃっていました。

IMG_0121_3