対面式でワークトップがフラットなキッチン。

対面式でワークトップがフラットなキッチン。

現在マンションリフォームをご相談頂いているお施主様は、対面式でワークトップがフラットタイプのキッチンを希望されています。
既存のキッチン空間は、中古のマンションでよく見られるこういった形。

IMG_4957_3
参考画像:広島市西区I様邸 Before

LDとキッチンはカウンター上の開口部分だけ繋がっています。
キッチンの中が隠れてあまり見えないので「見せたくない」という方にはいいのですが、LDとキッチンが別空間になっているため、キッチンにいると独りぼっちな感じがしてしまうことも。
テレビもあまり見えないし、リビングにいる家族とコミュニケーションを取りながらの炊事は難しいですね。

対面式でワークトップがフラットなタイプのキッチンといえば、こんな感じ。

DSC_9098_2
参考画像:広島市西区I様邸 After

オープンなキッチンになり、とても開放的です。
家族の様子を見ながら、また会話しながらお料理できますし、「ちょっと手伝って~!」も言いやすいですよね。
リビングからよく見えるのでこまめに綺麗にするようになって、ずっと新品のピカピカを維持できるかもしれません!

このタイプのキッチンには、ワークトップの奥行きが80cm位のものと1m少しあるものと2種類ありますので、間取りに合わせて選ぶことができます。
閉鎖的なキッチンを変えたい方、ぜひご相談下さい♪

広島市西区I様邸の詳しい施工事例はこちら

DSC_9112_2