無垢フローリングに劣らない無垢挽き板複合フローリング

無垢フローリングに劣らない無垢挽き板複合フローリング

DSC_0863_2

自然が育んだ節や色のバラつきを意匠として取り込んだ荒削りな仕上げのフローリングを使ったI様邸。
一見無垢(単層)フローリングのように見えますが、表面に2mmの無垢挽き板材を使用した複合(複層)フローリングです。

無垢の単層フローリングと複合(複層)フローリングとの違いは、

例えばI様邸に張ったフローリング材で言うと厚さが12mm。
その内訳は、
①表面:2mmの無垢挽き板材
②下部分:10mmの合板
になります。

無垢フローリングの場合は、12mmの厚さ全部が無垢材
になります。

DSC_0969_2

こちらのフローリング材は、温もりのあるオイル塗装の風合いと傷が付きにくいUV塗装がドッキングした「ラスティック塗装」という方法で塗装してあり、水拭きできてWAXフリー
さらに床暖房もホットカーペットもOKなのです。
無垢材の質感でありながらお手入れしやすいという素晴らしい床材。
本当によく出来ています。

自然素材にこだわられたい方は、無垢の単層フローリングを、
無垢材の雰囲気は欲しいけどお手入れ面などが不安、という方は無垢挽き板複合フローリングを、
それぞれのいい所悪い所を知り、自分にどちらが合うかよく検討して決めて下さいね。

広島市中区I様邸の詳しい施工例はこちら