結露対策に二重窓。これからの季節、特に効果を発揮します!

結露対策に二重窓。これからの季節、特に効果を発揮します!

リフォーム・リノベーションについてご相談頂く際、もっとも多いお悩みが冬の結露。
朝になると窓ガラスがビショビショに濡れていて、窓枠やカーテンまでしっとりしてるのを見ると、はぁ~~・・・とため息が出ますよね。
また、北側で日当たりが悪いお部屋は寒い、という声もよくお聞きします。

そんなお悩みに一番のおすすめ対策が二重窓。

DSC_5322_2

外気と室内の間に一層空気層をつくることで温度差が小さくなり、結露を防げます。

DSC_5395_2

手前側が二重窓、奥側が既存のサッシになります。
室内側からは二重窓が主に見えるので、二重窓を木目にしたり白にしたりすることで、インテリアの雰囲気も随分変わります!

お部屋で一番冷えるのが窓面。
外壁と室内壁の間には断熱材が入っていますが、窓ガラス部分の場合、室外と室内の間にあるのは「ガラス」だけになりますので冷えるのは当然、、
二重窓を付ければ、室外と室内の間に存在するガラスが二枚に増えるのと、さらに空気層も増えますので全然違ってくるわけです!

ちなみにスタッフ大坪の自宅は築10年のマンションで、幸いペアガラスが標準装備されていました。
誰も寝ていない部屋は結露しないのですが、寝室だけは結露してしまいます。
結露が激しいのはガラス部分よりアルミ枠。
ガラスだけペアガラスに替える方法もありますが、アルミ枠の結露は防げませんのでお金を掛けても完全に防ぐことは出来ないわけです。
アルミ枠も含めて室内側から覆う二重窓の方が効果があります。

二重窓は、結露の他に防音効果もあります。
断熱効果により冷暖房の効きがよくなりますので、光熱費の削減にも繋がります。
ぜひご検討下さい!