三分一博志さん設計の「おりづるタワー」。2月は入場料半額

三分一博志さん設計の「おりづるタワー」。2月は入場料半額

2018年2月23日 | 投稿者 |

数々の建築賞を受賞しておられる広島の建築家 三分一博志さんが改修設計を手掛けられた「おりづるタワー」。
地元ということもあり何となく行く機会を失っていたのですが、この度ようやく行くことができました。

三分一博志さんが設計された建築物といえば、広島には「Wood Egg お好み焼館」「宮島弥山展望休憩所」があります。
「おりづるタワー」はどんな三分一ワールドなのか、写真では感じることのできない空気感を楽しみに上がってみました。

IMG_8286_3

まずは入場ゲート。この近未来的な世界は意外でした。

IMG_8262_3

そして展望スペースへと続く半外部空間のスパイラルスロープ。
階段には沢山のキャンドルが。
今ちょうどキャンドルイベントが開催されていて夜は灯されるようです。

そして右側には滑り台が!
子供だけでなく、大人も恥ずかしそうに笑顔で滑っている姿を見て、平和を実感しました(笑)

IMG_8263_3

12Fの「おりづる広場」まではあっという間。
平和公園が一望できます。
爆心地もしっかり見えました。
正確な爆心地を実際に目で見て確認するのは初めてでした。

IMG_8268_3

そして広場よりワンフロア上に「ひろしまの丘」。
ここの床と天井は来館者が風をより強く感じられるよう勾配を設けてあるそうです。
視覚だけでなく、風でひろしまを感じることのできる心地いい空間。
世界平和についてだけでなく、何かを考える時、来たらいいと思える場所でした。

2月は試験的に入館料が半額だそうです。
月末まであとわずかですが、まだ行かれてない方、リピートしたいと思っていた方、この機会にいかがですか?