新年のご挨拶。神社で頂いたお札、どんな風に祀られていますか?

新年のご挨拶。神社で頂いたお札、どんな風に祀られていますか?

あけましておめでとうございます。
2018年もマンションリフォーム・リノベーションの工房住空間をよろしくお願い申し上げます。

さて、皆様はどんなお正月をお過ごしになられましたか?
お正月といえば「初詣」。
氏神様はもちろん、遠くの神社に初詣に行かれた方も多かったのではないでしょうか。

最近、神社の正式な参り方というのを習ったので早速実行しました。
その一つとして、拝む時には心の中で住所と名前を言わないといけない、とのこと。
神様なら何でもおわかりになる、と勝手に思っていましたがそれは間違いで、どこから来た誰なのかきちんと伝えないといけないそうです。
そういえば祈祷してもらう時、神主さんが言ってらっしゃいますよね。

神社は何度行ってもいいらしいです。
パワースポットなのでいい「気」をもらいに定期的に行くのがいい、とのこと。

そんなことを聞いたものですから、通りがかりに神社があったらとりあえず参拝して歩いています。
今まで気がつきませんでしたが、結構小さな神社があちらこちらにありますね。

ところで神社で頂いたお札はどんな風に祀られていますか?
工房住空間では神棚の事例もあります。

DSC_6517_2

広島市西区Y様邸では和室に取り付けしました。

神棚はネットで調べると、お洒落なものが数多くあります。
リフォーム・リノベーション工事の際、お施主様で神棚を用意されて取り付けだけをお任せ頂くこともできます。
ぜひご相談下さい!