収納スペースについて

Storage Space
収納スペースについて

収納スペースについて

有効な収納スペースがたっぷりある新しい住まいをイメージしてみてください。お部屋がすっきり、そして日々の暮らしがかなり楽で、ちょっとのびのびとした気持ちになるのでは? 住まいとは「物を置く場所」ではなく、住んでいる人たちが暮らしを楽しむ場所です。

リビング

収納スペースについて

リビングは家族みんなで使う共有スペースです。そのため、家族全員の物が持ち込まれる場所でもあります。本や雑誌、ゲーム、DVD、趣味で使う物、子どものおもちゃなど、さまざまな物があると考えられます。そのような物をしまう十分なスペースを確保することで、素敵なリビングが日常の雑多な物に占領されず、すっきりした快適な空間になります。

充実した機能のテレビボードは、美しいリビングのための強い味方です。本や雑誌、リビングで使う日用品をすっきり収めることができます。テレビの下だけではなく、高さも使って、たっぷりの収納量を最初から確保しておいてはいかがでしょう。

このような造り付けの家具は、すっきり見えるうえ、インテリアとなじむようにデザインができるところが大きなメリットです。色や素材を床や建具などに合わせられ、完成度の高いインテリアにつながります。

物が増えるたびに新しい家具を足していくと、だんだんとちぐはぐに見えてくる危険があります。物は増える前提で(必ず増えます!)、最初からたっぷりと収納スペースを用意することが、賢い収納プランニングの第一歩です。

ユーティリティ

収納スペースについて

お掃除道具やトイレットペーパー、ティッシュのストックなど、日々使う家事道具や家庭用品の置き場には意外と多くの方が困っています。実は私もコストコが広島に出来て以来困っています(笑)。

家事効率をアップさせるために欲しいのがユーティリティクローゼットです。掃除機をはじめ、お掃除道具や工具箱、電球、電池、トイレットペーパーのストックなど、家の物を1か所にまとめることで、日々の家事が一段と楽になります。場所としては廊下のクローゼットが最適です。

また、ハンディクリーナーなど、充電が必要な機器なら、クローゼット内にコンセントがあるとそのまま充電しながら収納ができます。

クローゼット

オーダー家具・建具について

多くの人が持ちたいと希望するウォークインクローゼット。新しい住まいにスペースの余裕があればぜひとり入れたい!クローゼットを計画する際には、まず今どれくらいの量の洋服を持っているか確認します。また、クローゼットにかかっている服はシャツやブラウス、スーツなど、丈の短いものが多いですか? その場合、ハンガーパイプを上下に2段設置する方法もあります。

収納計画で大事なのは持っている物をすべて把握し、リフォーム計画の中にすべての物の置き場を落とし込むことです。

お客様のお住まいを自分が住む住まいのように真剣に考える、工房住空間と一緒に物に占領されない収納計画を検討しませんか!