ヴィンテージな家 reno+plus27

Renovation
リノベーション

ヴィンテージな家 reno+plus27

施工data

広島市西区中広N様邸
■ 築年数:41年
■ 設計・打ち合わせ期間:2ヶ月間
■ 施工期間:H27.12~27日間(実働)
■ 施工金額:563万円(税抜)
■ 構造:RC造
■ 施工部位:全室
■ プランニング、デザイン:
 城代 博(二級建築士・インテリアコーディネーター)

間取り図

noji_before_after_zumen

リビング横の和室と広縁をリビングに取り込んだ形に間取り変更しました。
間仕切り戸で仕切ると独立した部屋になり、開けるとリビングと繋がった広い空間になります。
また洗面室を通って出入りしていたトイレの入り口の位置変え、リビングから直接入れるようにしました。

リビング&ダイニング

DSC_9604_large

キッチンのサブウェイタイルの壁と、無垢のフローリングや造作建具・家具などの自然な風合いが落ち着く雰囲気で、ヴィンテージ感漂う空間となりました。 フローリングはバーチの無垢材に自然塗料「いろは」で仕上げてあります。

DSC_9618

間仕切り戸はシナ材で造り、フローリングと同じ自然塗料「いろは」を塗って仕上げています。
手掛かり部も木で造ってシンプルな扉にしたことで、壁のようにも見えます。
味わいある雰囲気で、閉めてもいい存在感があります。

■間仕切り戸 サイズ:W3200×H2000 ¥waiting- (税別)

DSC_9701

扉は壁に引き込めるのでスッキリとした印象です。
扉を取り出す時は、扉側面に埋め込んである革のつまみを引っ張れば取り出すことができます。

 

キッチン

キッチンの床はタイル貼りとし、耐水性を高めました。また空間にメリハリを付ける役割もしています。
キッチンは一般的なシステムキッチンですが、壁や床をタイル貼りにしたことや、飾り棚や家電棚を自然素材で造ったことで個性あるキッチン空間になりました。

■システムキッチン サイズ:W2250×H850×D650/TOTO mitte ¥waiting- (税別)

DSC_9655

壁のサブウェイタイルの目地は黒にしています。お手入れも簡単です。

洋室

DSC_9723

柱と梁の凸凹を利用して壁面収納を造作。
フローリングやリビングの木部分と同じ自然塗料で仕上げています。使い込んだような風合いが落ち着きます。
左側はデスク兼収納、右側は収納と下部は猫のトイレスペースとしてオープンにしています。

■壁面造作家具 サイズ:<左側デスク兼収納>w1550×H14900 <右側収納>W2100×H1900 ¥waiting-(税別)

洗面室

DSC_9747

木目調クッションフロアと、洗面化粧台や吊戸棚の扉をナチュラル色で合わせ、やさしく清潔感のある洗面空間。
洗濯機パン上の吊戸棚はオーダーで造りました。

■洗面化粧台 W750×D520×H1950 TOTO サクア ¥waiting-(税別)
■吊戸棚 サイズ:W800×D400×H waiting ¥waiting-(税別)

浴室

綺麗な新しいユニットバスになりました。
■ユニットバス1216サイズ TOTO マンションリモデルWFシリーズ Tタイプ ¥waiting-(税別)

トイレ

スッキリ清潔感のあるトイレ空間になりました。手前の壁内側の見えない所に手洗い器が設置してあります。

内部仕上

■床:バーチ無垢フローリング 自然塗料「いろは」仕上げ  LD・ホール・洋室(1)(2)
■壁・天井 ビニールクロス貼り

施工金額

■バーチ無垢フローリング張り・遮音床下地組 ¥waiting-(材工共) LD・ホール・洋室(1)(2)