【壁掛けテレビ】マンションをプチリフォーム!知っておきたい特徴と工事費用

スタイリッシュな見た目で人気のある、壁掛けテレビ。

「今はテレビ台に置いているけど、壁に掛けてリノベーションしたい」という方も増えています。

 

壁掛けテレビのメリットとデメリットを知って、納得してからリフォームすれば、なんだかしっくりこない、といった失敗もありません。

そこで今回は、壁掛けテレビを検討中の方に、あらかじめ知っておきたい壁掛けテレビの特徴とリフォームの費用をまとめました。

 

 

 

そもそも自宅のテレビは壁掛けできる?

 

自宅のテレビを壁掛けしたいけど、そもそも壁に取り付けできるのかわからない、といった方も多いのではないでしょうか。

 

ご自宅のテレビを壁掛けテレビにできるかどうかは、

  • テレビに壁掛け金具をつける部分はあるか
  • テレビの端子が壁にぶつからないか
  • テレビを掛けたい壁の強度は十分か

上記をチェックしましょう。

 

テレビの背面に金具をつける箇所があれば、そのテレビは壁掛けに対応しています。

テレビの端子が背面から垂直に伸びる場合は、壁に干渉しないようにある程度余白をもって設置することになります。

 

また、テレビを固定する壁の裏にビスを打ち込める柱があるか、固定できるだけの十分な強度があるかも重要です。

柱がない・厚みが足りないといった場合は、テレビを支えきれないので壁の補強が必要になります。

 

 

 

壁掛けテレビのメリット

壁掛けテレビにすると、下記のようなメリットがあります。

  • 見た目がスタイリッシュ
  • 空間を有効活用できる
  • 掃除しやすい
  • 固定するので倒れにくい

 

見た目がスタイリッシュ

 

壁掛けテレビのメリットは、なんといっても見た目のスタイリッシュさ。

テレビ台や自立させる脚といったその他のパーツがいらず、本体だけで壁面にスッとまとまるので、整然としたお部屋を演出してくれます。

 

 

空間を有効活用できる

 

壁掛けテレビは、お部屋の高さを使って設置するので、お部屋の床面をより有効活用できます。

これまでテレビ台を置いていたスペースが空になり、家具や収納などそのほかのインテリアを置くことができます。

何も置かずにスッキリと開放的な空間を満喫できるのも、嬉しいポイントです。

 

 

掃除しやすい

 

テレビ台にテレビを置くと、テレビ台やテレビの下に埃がたまりがちです。掃除をするときもテレビ台に入れたものや混ぜているものを出すという作業が必要になります。

身を屈めて掃除するのでちょっと面倒な方も多いのではないでしょうか。

 

壁掛けテレビにするとテレビ台を置かなくて良いので、埃がたまりにくく、壁とテレビのあいだに隙間があるので下に落ちてくれます

下に落ちたゴミは掃除機ですっと吸い取るだけでいいので掃除しやすくなります。

 

 

固定するので倒れにくい

 

壁掛けテレビは、ビスと金具で完全に壁に固定するため、地震の揺れや衝撃にも強く、簡単は倒れません

重いテレビの下敷きになったり、テレビが倒れて壊れる心配も少なくなります。

 

小さいお子様やお年寄りのいるご家庭の、地震対策としてもおすすめです。

 

 

 

壁掛けテレビのデメリット

  • 壁に穴が空く

  • 配線や周辺機器がゴチャッと見えることも

  • レイアウト変更が難しい

一見、メリットだらけに見える壁掛けテレビですが、上記のようなデメリットもあります。リフォームした後に後悔することがないよう、事前に確認しておきましょう。

 

 

壁に穴が空く

 

テレビを壁掛けするには、壁に穴を開けてビスで金具を固定する必要があります。

既存の壁に穴を開けることになるので、原状回復が必要な賃貸マンションやアパートでは直接壁掛けできないこともあります。

 

しかしながら壁に穴を開けずに床と天井で突っ張ったりして、壁に傷を付けずに配置することもできます

壁に完全に固定して壁掛けするよりも、揺れや衝撃で倒れ安くなりますが空間を有効活用できます。

 

 

 

配線や周辺機器がゴチャッと見えることも

 

テレビを壁掛けすると、テレビ台を置かなくていいので見た目はとってもスタイリッシュに。

 

その一方で、テレビの配線を隠したり、 DVD プレーヤーなどの周辺機器を置く場所を工夫しないとかえってごちゃっと見えてしまうこともあります。

 

配線を壁の中やモールで隠したり、テレビをコンセントの近くに壁掛けしたり、周辺機器を置く棚や収納スペースを確保したり、テレビ周りのレイアウトも考えておきましょう。

 

 

 

レイアウト変更が難しい

 

壁掛けテレビは壁に一度固定すると、模様替えやレイアウトの変更が気軽にできません。

 

壁に固定する前に音がどれくらい漏れるのか、他の家具との干渉はないか 、DVD プレーヤーなどの周辺機器の置く場所に困らないかなど、事前にイメージしておくことが重要です。

 

テレビを買い替えた際は、そのテレビに合った金具で再度取り付け直すのが一般的です。

 

 

 

壁掛けテレビの最適な高さ

壁掛けテレビのレイアウト変更は難しいため、テレビの高さも要チェックです。普段、テレビをどんな場所で見ているかによって、テレビが見やすい最適な高さが変わってきます。

 

基本的には、自分の目線よりも少し高いと見やすい位置になります

床でごろんと寝ながら見るのか、ソファーにゆったりくつろいで座って見るのか、ご飯を食べながらダイニングテーブルで見るのか。

自分のライフスタイルに合った高さでテレビを壁掛けしてみましょう。

 

特に定まっていないという方は床から約100 cm の高さを目安にすると良いでしょう。この高さを基準に、42インチよりも小さくなるほど低く、 大きくなるほど高く設置すると、より見やすくなります。

 

 

 

DIY できるが失敗することも

 

壁掛けテレビは自分で DIY することも可能です。しかしながら、壁掛け用の金具の種類が多かったり、壁裏の柱がどこにあるかわからなかったり、ある程度の知識と手間がかかります。

 

さらに、専用の機械で柱の一応確認しても 、いざ固定しようとしたら厚みが足りず設置できなかったりと、失敗することも少なくありません。

壁に傷がついて、機械や工具、パーツや材料を用意したにもかかわらず、結局取り付けられなかったケースもあります。

 

自分で DIY するよりもコストはかかりますが、壁掛けテレビの設置で失敗したくないという方は、業者に依頼した方が安心です。あれこれ考えたり寸法を測ったり実際に取り付ける手間と時間を、 自分の好きなことに費やせます。

 

壁掛けテレビの設置方法で悩まずに済みますし、体力的にも疲れません熟練した技術で取り付けるので仕上がりも綺麗で、強度もバッチリです。

 

 

 

壁掛けテレビのリフォーム費用と時間

壁掛けテレビのリフォームにかかる費用は、テレビの大きさや壁の補強の有無で変わります

32 ~85インチのテレビ(壁補強あり)で、4万弱~9万弱が相場です。壁の補強がいらない石膏ボード壁ですと上記(補強あり)の5割~8割程度に、コンクリート壁ですと8割程度におさまります。

 

配線を壁裏に隠したり、モールでカバーしたり、コンセントを増設する場合は、別途費用が加算されます

 

ちなみに、リフォームにかかる時間は2時間程度なので、半日や丸1日スケジュールをあけられないという方でもリフォームしやすいのではないでしょうか。

 

 

 

壁掛けテレビでマンションをスタイリッシュにリフォームしよう!

 

スタイリッシュな空間を演出する、壁掛けテレビ。掃除もしやすく、揺れや衝撃があっても耐えるといったメリットがあります。

1度設置すると模様替えが難しいので、リフォームする前にお部屋でイメージしておきましょう。配線を隠すとよりスッキリとした印象になります。

 

自分で材料を準備したり、実際に取り付けるのはちょっと面倒といった方は、業者に頼んでしまった方が時間的にも労力的にも楽チンです。

 

弊社でもご対応しておりますので、壁掛けテレビでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談くださいませ。