よくある質問

Q1 御社にリフォームをお願いするメリットって何ですか?保証は大丈夫ですか?
一緒に作っているという感覚
私どもは「お客様と一緒に家づくりを楽しみたい」との思いで日々仕事を進めています。
たとえば扉の素材から色、水周りの床の柄選びなど、世にある様々な建材から、お客様と一緒になって悩み、選んでいきます。 キッチンや家具も既製品から特注オーダー製作までご希望の作り方に対応させていただきます。 よく、「大手他社で、そのプランは無理だ、と言われた」とか「自然素材はあとあと後悔しますよ、って言われました」というお客様の声をお聞きします。
私ども は、ずっと住み続けるお客様の想いや希望が最優先、私どもの仕事はその想いや希望を建築や環境の知識を使って上手に実現化する事と考えています。 私どもは大手リフォーム会社の担当者と違い、沢山の現場を同時に扱う必要性がありませんので、お客様の「施工が面倒そうなご計画」や「デリケートな施工を必要とする天然素材を使いたい」、はたまた「一つの壁の色にも時間をかけてとことん悩みたい」というご要望にも積極的に取り組みたいと思っています。 また、お客様による部分的な「セルフビルド」でコストを浮かせる提案や、工事のスムーズな流れを妨げない範囲での「施主支給工事」も快くお引き受けいたします。
価格について
工房住空間は設計だけでなく施工面の知識も高い担当者がお客様と「設計から施工」まで、通しで打ち合わせをさせていただきますので、「品質を下げずにコストを抑える」施工方法やコスパの高い建材の提案を、契約前のプレゼンの段階から実際の施工中の間までも、ずっとさせていただきます。
また、少人数で運営してますので一般管理費がかからない事や、宣伝広告費にコストをかけない事で、リフォーム代金に含まれる粗利を低くおさえて金額をご提示できます。
アフターケアについて
続いてアフターケアですが、大きな会社で長期のアフターケア保証を付けている会社もありますが、例えば10年保証として、10年先に世の中がどうなっているか?その会社がどのような方向に向かっているか?色々な説明や約束事をした担当者がどの部署に配属替えになっているか、誰にもわかりません。
マンションリフォームやリノベーションは、誤解を恐れず言うなら建築内装工事です。内装工事での不具合や欠陥はまず2年以内に現れます。 新築の分譲マンションでも内装工事に関する不具合の無償補修期間(瑕疵期間)は「引き渡し後2年間」と取り決めしています。
もちろん経年劣化による色褪せや伸縮、軋みなどや、自然素材の反りや割れはある程度承知して採用いただきますし、設備機器本体の故障はメーカー保証の対象です。 ですので、マンションリフォーム工事での工事の不具合による無償補修期間は2年間とさせていただいています。
そして、有償、無償に関わらず日々の困りごとやアフターケアの相談は、しっかりと懇切丁寧に面倒を見る、末長く担当者の顔が変わらない会社であれば大小関係なく安心して良いと思います。
Q2 リノベーション費用の支払い方法を教えてください。
現金払いとリフォームローンの2通りからお選びいただけます。 現金でお支払いいただく場合は注文契約書を交わしたのち、ご契約日から5日以内に契約金額の3割、工事着工後5日以内にご契約金額の3割をお振込みいただき、残金はお客様立会いのもと行われる、引渡し検査に合格したのち7日以内にお支払いいただきます。 工事代金が税抜き200万円未満の工事に関しましては、契約時着手金を5日以内に6割、残金はお引き渡し後7日以内にお支払いしていただきます。 ローンの場合は弊社提携先のリフォームクレジットがご利用いただけます。 また、各金融機関のリフォームクレジットの仲介もいたします。ローンの金利はその都度お問い合わせください。
Q3 リノベーション(リフォーム)中の過ごし方について教えてください。
キッチンリフォーム 3日から4日ご使用いただけません。その間は外食などになります。
トイレリフォーム 半日から1日ご使用いただけません。その間はご近所でお願いします。
バスリフォーム 2日から5日ご使用いただけません。その間は銭湯などに通います。
以上は単体リフォームの場合ですが、全面リノベーションなどで工期が1ヶ月以上に及ぶ場合には、ご自宅に住まいながらのリノベーションだと精神的にも肉体的にもストレスが溜まることが多いです。 工房住空間ではそのような長期のリノベーションの場合は仮住まいへの一時的な引越しをお勧めしています。そして、スタッフが広島市の不動産業者に問い合わせをして仮住まいを探すお手伝いをいたします。 家財道具は一時的に弊社がご紹介するコンテナ業者で預かるようにしています。 資料請求、お問い合わせはこちらから