セカンドライフの手始めに「大人のリノベーション」を

セカンドライフの手始めに「大人のリノベーション」を

こんにちは、日々広島の中古マンションストックを見てまわりながらリノベーションプランの妄想ばかり広げている城代です。

中古マンションといってもそれは売り物件や空き物件だけを指すのではありません。
30年前に新築で購入した分譲マンションに住み続けている方のお家もおかしな言い方ですが、立派な築30年の中古マンションです。

なぜそのようなことを言うかと言いますと、既に分譲マンションにお住いの方の中に「リノベーション」って中古の売り物件を購入した人が行う改造工事の事で、私たちには縁がない事だと思い込まれている方が時々いらっしゃるからです。

そうすると、そのような方は自分の住まいが20年過ぎて子供も皆順調に巣立っていく予定で、もうすぐ夫婦二人暮し。そろそろ家のことをどうにかしないとなーと考えた時に、リノベーション会社ではなくてリフォーム会社で検索してしまい、思ったイメージとはかけ離れた「リフォーム工事」の結果を請け取る事になります。これではせっかくのセカンドライフが楽しくないものになりかねません。

リノベーション前のよくある間取りの2LDK。

リノベーション前のよくある間取りの2LDK。

 我々リノベーション業界では、初めてのマイホームを<中古マンション物件>を買ってリノベーションで、と考えられて問い合わせ頂くお客様を「一次取得層のお客様」
既に所有されていて今も住み続けられている<持ちマンション>をリノベーションしよう、と考えられているお客様を「二次取得者層のお客様」と呼ばせていただき、それぞれの層に合ったご提案をさせていただいています。

そして、多くのリノベーション会社が一次取得層のお客様をメインターゲットにしています。
例えばワンストップリノベのサービスを大々的に掲げている会社さんは不動産物件の仲介から介入したい訳ですから完全に「一次取得層」ターゲットの会社といえるでしょう。そもそもリノベーションというスキームが、不動産ストックの再生手段として台頭してきた訳ですから、メインターゲットが「一次取得層」なのは当然ではあります。

そこで、私城代が主宰する工房住空間建築デザインは、多くの会社さんがサービスを展開する「一次取得層」ではなく、サービスや情報が手薄な「二次取得層」の方々に向けてセカンドライフに向けたリノベーションサービスをワンストップでご提供していこうと、今頑張っています。

リノベのプラン図面を前に打ち合わせ

リノベのプラン図面を前に打ち合わせ

では、「二次取得層」に向けたワンストップとはどのような物か?
まず、お問い合わせいただいたお客様のお住まいにご訪問して、今の住まいの問題点や加えたいもの、減らしたいものなど20年以上住み続けたその住まいの住み手だからこそ解る問題点やご要望をじっくりヒヤリングさせていただきます。
それから、そのヒヤリングを元に城代がプランを考えます。ここでお客様のご要望に私の経験からのちょっとしたご提案も隠し味として加えます。
プランが出来たら、また話し合いです。多分これが「最後の大工事」となるかもしれないというくらい真剣にじっくりと考えてもらいます。

長年住んでると要らない物もどんどん増えてきます。

長年住んでると要らない物もどんどん増えてきます、リノベーションを機会に断捨離しましょう。

その打ち合わせの間に、仮住まいの事や荷物の仮置きの事、必要であればリフォームローンのご相談も承ります。
そしてプランが決まり、仮住まいも決まればいよいよ工事開始です。工期は大凡2ヶ月です。
工事費用はあくまでも目安ですが、税抜きで(延べ床平米数)x(10万円)がシンプルなプランで行うフルリノベーション工事の金額目安とお考えください。
それとは別に設計料が必要になりますが、この設計料につきましては、プランによって様々ですので、実際にお客様との話し合いでその都度決めさせていただいております。

以上の一連の流れが工房住空間の「二次取得層」に向けたワンストップサービスです。

長文を最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。

もしこの文書をお読みになりちょっとでも興味を持っていただけたようでしたらぜひお気軽にお電話ください。

082-258-1701 工房住空間建築デザイン株式会社 城代(ジョウダイ)

メールはこちらの問い合わせフォームからお願いします。