マンションをダクトレール照明にリノベーション!おしゃれで開放的な空間に Vol.2

リビングにライティングレールを使用したイメージ

今回も前回に引き続きリノベーション後のリビングを引き立ててくれるアイテム、「ライティングレール」に関する豆知識を皆様にお届けします。

ダクトレール照明のリノベーションにかかる費用

ダクトレールの取り付け費用は、ダクトレールの材料費と工事費込みでおおよそ3~5万円が目安です。別途、ペンダントライトやスポットライトの費用がかかります。さらに、既存の引っかけシーリングに取り付けるタイプの簡易ダクトレールなら、自分で簡単にDIYできるので工事費を抑えることができます。

マンションのリビングをダクトレール照明にリノベーション

ダクトレールにスポットライトを取り付けると都会的な雰囲気に仕上がります。スポットライトでリビングやダイニング全体を明るく照らしたいときは、数を増やせるので融通が利きます。スポットライトを壁に向けて間接照明として使い、壁紙やインテリアを照らすと一味違った雰囲気も楽しめます。照明だけでなく観葉植物やインテリアを吊るすこともできるので、コーディネートの幅が広がるのも魅力的です。

マンションのキッチンダクトレール照明にリノベーション

ダクトレールにペンダントライトを吊るすと、おしゃれなカフェのようなキッチンに仕上がります。白よりもオレンジがかった色味のライトを選ぶと、リラックスムードが漂う空間に。キッチンカウンターの天井から3~4個吊るすだけで、まったりとくつろげるカフェスペースが生まれます。あえて大きさ・デザインが異なるライトを連ねる、電球・ランプ型のペンダントライトをレイアウトしてもおしゃれです。

ダクトレールなら賃貸マンションの照明のリノベーションも可能

賃貸マンションでは天井や壁に直接ダクトレールをネジで打ち付けることができません。しかしながら、ネジで打ち付けずに既存の引っかけシーリングやロゼットに設置するだけのダクトレールを使うと簡単に施工できます。柱をアジャスターで突っ張って打ち付ける方法もあります。これなら原状回復の必要な賃貸マンションでもダクトレール照明を楽しむことができます。退居の際は、ダクトレールを取り外し、元の状態に原状回復するのを忘れないようにしましょう。

ダクトレール照明でマンションをおしゃれにリノベーションしよう!

照明はお部屋の雰囲気を演出する重要なインテリア。マンションのリノベーションでより一層おしゃれな空間を作り上げるならダクトレール照明がおすすめです。後から照明を増やす・減らすことができるので、明るさ調整の有無にかかわらず、お好きなデザインの照明器具をお選びいただけます。レール自体のデザインは少ないですが、おしゃれなライトを選ぶ・観葉植物やインテリアを吊るしてコーディネートを楽しむことができます。

ライティングレール照明にリノベーション