マンションリノベ!壁紙を張り替えるタイミングとクロスの選び方(柄・色)

そもそも壁紙やクロスってどれくらいの期間で張り替えるものなの?

剥がれたり縮んだりしている部分があるけど、このままで大丈夫?

 

など、壁紙の張り替えについて疑問がある方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、壁紙・クロスの寿命と張り替えのタイミングについてまとめました。リノベーションで選ぶ壁紙のポイントについてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

 

壁紙・クロスの寿命・耐用年数はどれくらい?

 

今のマンションに住み始めてから、一度も壁紙を張り替えたことがないというご家庭もあるかもしれませんね。実は、壁紙・クロスの寿命(耐用年数)は5〜10年と言われています。

使用状況によって劣化の進み具合も変わりますが、基本的には消耗品ですので変色や剥がれ、縮みなどが発生します。

 

 

壁紙・クロスが劣化する原因

壁紙・クロスは、紫外線や汚れで劣化しやすくなります。例えば、夏の刺すような日差しや西日がよく当たるような壁面では、そうでない壁面よりも黄色く変色しやすいです。

また、手垢や食べ物・飲み物の汚れをそのまま放置しておくと、シミになったり、カビが発生しやすくなります。

 

直射日光を避け、こまめに掃除していても、どうしても経年劣化で剥がれ、破れ、縮みといったトラブルが発生するんです。



マンションの壁紙をリノベーションするタイミングは?

 

しかしながら、壁紙の耐用年数5~10年経ったからといって必ずしも交換しなければいけない、という決まりはありません。では、いつ張り替えればいいの?といいますと、

  • 腐食している、カビている
  • 長年の汚れやニオイが気になる
  • 毛羽立ち、シワ、剥がれが出てきた

など、壁紙になんらかのトラブルがあったり、自分で気になったタイミングが張り替え時です。



壁紙を変えないとどうなる?

耐用年数を越えても、とくにトラブルがなければ張り替えなくても問題ありません。

しかしながら、あまりに劣化した状態、長く使いすぎた状態だと、次の張替え工事のときに壁紙がうまく剥がれず、工事料金が割り増しになることもあります

 

壁紙の接着剤まで劣化することで、本来キレイに残るはずの裏紙と下地まで剥がれ、パテ処理だけで補修しきれなくなるからです。

 

いずれは壁紙を張り替えるご家庭が多いかと思いますので、10年以上経過している場合は、張り替えを検討してみてはいかがでしょうか。



マンションのリノベーションにおすすめの壁紙

 

マンションの壁紙をリノベーションする際、よりキレイに仕上げるには壁紙の選び方も重要です。

  • 厚手の壁紙
  • 凹凸のある壁紙
  • シックな柄物

上記のような壁紙がおすすめです。理由としては、新築時よりも壁面に歪みや傷があり平坦ではないため、薄手でフラットな壁紙ですとどうしても下地の凹凸が透けやすいことが挙げられます。

 

無地や織物調などシンプルな壁紙に張り替える場合は、厚手の壁紙を選んでみましょう。柄のない壁紙は、柄付きの壁紙と比べてちょっとしたシワや凹凸も目立ってしまいます。厚手なら、なるべくフラットにカモフラージュしてくれます

 

凹凸のある壁紙はクロス自体がデコボコしているので、たとえ下地が透けても気になりにくいです。柄物の壁紙も同様に、違和感なくスマートに仕上げやすいです。




リノベーション時の壁紙の柄・色の選び方

 

柄物を選ぶ際は、大胆なデザインですと飽きがきたり、コーディネートしにくくなります。

色のコントラストが小さい、色数が少ない、無彩色のシックなデザインを選ぶとスッキリ馴染みます。1面だけカラーや柄を入れる、アクセントウォールもオシャレです。



白い壁紙に張替える時は、少しくすんだような、グレーがかったようなトーンダウンした色合いをおすすめします。真っ白なクロスですと、経年で色が落ち着いてきた既存のフローリングやドア枠、インテリアや家電との色が合わず、かえって浮いて見えることが多いです。





壁紙の劣化が気になった時が、張り替えのタイミング!

壁紙の寿命はおおよそ5~10年とされていますが、耐用年数が過ぎても特にトラブルがなければすぐに張り替える必要はありません。汚れや傷み、劣化が気になった時が、壁紙リノベーションのタイミングです。

 

ただし、長く放置するといざリノベーションする際に、うまく剥がれずに料金がかさむケースも多いので注意しましょう。

 

壁紙を長持ちさせるには、汚れはこまめに掃除し、なるべく日差しを遮るようにしましょう。カビないように、換気や除湿をして湿気対策もしておくと安心です。

 

最近では、各メーカーから、サブウェイタイル柄やラスティック柄など、リアルなフェイクデザインが登場しています。表情のあるコンクリート柄、木目柄など、様々なバリエーションがあるので、壁紙を貼るだけでガラッと印象が変えられます。ぜひ、この機会にオシャレな壁紙もチェックしてみてはいかがでしょうか。