リノベーションで「ヘリンボーン張りの床」へ。

リノベーションで「ヘリンボーン張りの床」へ。

広島市中区K様邸の床は、無垢チーク材のヘリンボーン張りです。

2R1A2521_2

先に見えるダイニングのペンダントライトの雰囲気も合わさって、クラシカルでお洒落な雰囲気。
玄関からこの床が見えるだけでもうここが特別な空間であることがわかります。
この先はどんな感じなのかな?と興味がわきます。

2R1A2545_2

K様邸へはお引き渡しから2年ぶりに伺いましたが、床がとてもいい色に経年変化していました。
キズも汚れも全て「味」になっているところが、無垢材ならでは良いところ。
カメラマンが撮ったこの写真でもその素敵さは伝わっていると思いますが、実物はそれ以上ですよ。
一般的なフローリングを使ったお部屋と比べると、感じる「空気」も違います。

ヘリンボーン張りは、普通のフローリングより施工に手間がかかります。
材料も余計に要りますし、手間がかかるので工期も長くなります。
そうなると費用も高くなるわけですが、それでも選ばれる魅力がヘリンボーン張りの床にはあります。

2R1A2556_2