夏の暑さに勝つリノベーション

夏の暑さに勝つリノベーション

皆さんこんにちは、梅雨が明けたかと思ったら直後にこの猛暑^^; 今日から解体作業に入っている現場の既存エアコンを撤去しなければ良かったと、後から後悔しているマンションリノベーションマスター城代です。 しかし、この暑さは尋常じゃあありませんね。 話によると、アフリカからの旅行者が、この日本の猛暑に根をあげたという事でして、タイ人の方がタイと同じ気候と言ったとか言わないとか…なんだか(^_^;)
夏の日差しがマンションのリビングへ

夏の日差しがマンションのリビングへ

で、今回はマンションリノベーションの際に行いたい夏の暑さへの対策のお話をしたいと思います。 よく結露や冬の寒さの対策で断熱性能を向上させたお客様がこれで夏も涼しく過ごせると思われがちですが、残念ながらそうはいかないのです。 夏の暑さは窓やコンクリートの躯体からの伝導以外に、「日射」という厄介な放射熱が存在します。 この「日射」による放射熱に対する対策を行なうと、それこそ外気が30度程度であれば夏クーラーなしでも過ごしやすい快適な暮らしを実現することができます。 夏だから暑いのは当たり前、と睡眠中も仕方なくクーラーをつけたまま寝て、朝起きたら身体がだるい…その負のスパイラルから抜け出すためにも、なぜ夏の居室が暑くなるのかを知って正しく対応しましょう。 皆さんは夏の暑さの原因を「気温が高いからだ」と決めつけていませんか? 人は自分を取り囲む表面温度が高いとその面から発せられる熱によって暑く感じます。これを体感温度と呼びます。 体感温度の目安は、その場所の気温と周囲の表面温度との平均値になると言われています。 ですから、気温が30度でも表面温度が50度の天井の下にいれば。体感温度は40度となります。 ですので、この表面温度をコントロールしてやれば、夏を涼しく過ごせる訳です。
オーニングで日差しをカット

オーニングで日差しをカット

マンションで一番日射が強く当たるところと言えばバルコニーの床です。 この太陽で温められた熱が放射によってリビングルームの窓ガラスを直撃します。その熱は今度はリビングの天井や床、壁、家具に当たって、それぞれの表面温度を上げます。 こうして暑くなった周囲の表面温度が、屋内を熱くしてしまいます。 で、バルコニーの床に当たる日射が暑さの発生源であるなら、その元を絶ちましょう。 マンションのバルコニーに使える日射対策の用具としては、 簾、オーニング、シェードが考えられます。 ここで注意したいのは、簾やオーニング、シェードを取り付ける際には、バルコニーの床面を全て影で覆うように取り付けないとあまり意味がないと言う事です。 マンションに依っては外壁面に固定する必要も出てきますので、その場合は管理会社に事情をよくよくお話しして理解と承認を得て取り付けをしましょう。 リノベーション工事と合わせて行うのであれば、リノベーション工事の申請手続きの際にそれに合わせて管理会社に相談をする事もできます。 そして、最近では高遮熱型のガラスが販売されていますので、既存の窓ガラスの取り換えや、断熱の為の内窓を設置する際に、そういった商品を採用することも夏の暑さ対策にとても効果がありますよ。
夏の暑さ対策はこれでOK!

夏の暑さ対策はこれでOK!