夏は涼しく、冬は暖かく!マンションの断熱リノベーションでもっと快適に!

うちのマンションは夏・冬ともになんだか冷暖房の効きが悪い。

夏はイヤな暑さが残って寝苦しい。

冬場、キリキリとお部屋が冷え込むなあ。

 

マンションにお住まいで、こんなお悩みはありませんか?そもそも鉄筋コンクリートのマンションは木造の戸建てよりも様々な理由で外気の影響を受けにくいのですが、実のところ、築年数の経ったマンションや、1階・最上階・角部屋は、寒い・暑いとストレスを感じることも多いんですね。

 

そこで今回は、マンションの断熱リノベーションを検討した方が良い理由と具体例(場所・施工方法)をまとめてみました!断熱リノベーション前に知っておきたい注意点もありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!




そもそも断熱性能があがるとどんなメリットがあるの?

そもそもお部屋の断熱性能があがると、夏は涼しく、冬は暖かく快適に過ごしやすくなります。と言いますのも、外気の影響を受けにくくリノベーションすることで、屋外からの熱気・冷気が伝わりにくくなり、屋内の室温を一定に保ちやすくなるからです。

 

冷暖房の効きも良くなるので、長期的に見ると電気代の節約にもつながります




鉄筋コンクリート造マンションの特徴

もともと鉄筋コンクリートのマンションは、木造の戸建てに比べて隙間が少なく、気密性が高いといった特徴があります。さらに、上下階や左右の部屋に囲まれ、外気に触れる面積が少ないため、戸建てよりもお部屋の温度を一定に保ちやすいです。

 

その一方、コンクリートは木材よりも蓄熱性があります夏は熱気が、冬は冷気が日中蓄えられ、夜間はその空気を放出。この熱を蓄える力は、土の1.5倍とも言われています。

 

夏暑くて寝苦しい、冬の底冷えが気になるのは、こういった現象が起きているためです。




1階、最上階、角部屋は断熱リノベーションでグッと快適に!

 

1階、最上階、角部屋は外気に触れる面積が増えるため、夏の暑さ、冬の寒さが気になることも少なくありません。過ごしやすい室温に保つには、いかに断熱するかが重要です。

 

例えば、真夏の強い日差しを浴びる最上階。冷房の効きがイマイチで、うっとうしいくらい暑い、なんてことも。

 

リノベーションで断熱性能を上げれば、外気の温度に左右されにくく、より快適な空間に生まれ変わります。



 

断熱機能を高める、2つのリノベーション方法

断熱リノベーションには、大きく分けると「乾式断熱」「湿式断熱」という2つの施工方法があります。

 

乾式断熱

軽い板状の断熱材を使います。コンクリート壁に下地を作り、そこに断熱材をはめ込んでいくのが主流です。断熱材が入手しやすく、扱いやすいので、あらゆるお部屋に対応できます

 

何よりも費用がリーズナブルなので、なるべく安く断熱リノベーションしたい方におすすめです。ただし、よりクオリティにこだわるには、細かな隙間が出ないよう、念入りな作業・熟練の技術が必要になります。

 

1階・最上階・角部屋など大きな範囲を断熱する場合、職人の手間がかかることも。こういった場合、かえってコストがかさむケースもあります

 

湿式断熱

その場で泡のような断熱材を作って使います。状況を見ながら、隙間なく断熱材を重ねがけできるので複雑な形にも対応できます。液体を吹きかけるなめ、養生が必要です。

 

扱いにくい素材のため、専門業者が施工します。機器やホース配線を置くスペースを要します。

 

さらに、高層階ですと圧力の関係で断熱材を運べず施工できないことも。費用が高めで、周辺の空きスペースやマンションの階数など、施工するには条件があります。

 

 

具体的にはどんな場所を断熱リノベーションするの?

断熱リノベーションでは、壁や天井に断熱材を入れる、窓(サッシ)を2重にするのが一般的です。

既存の内装を解体し、躯体の状態にしてから、下地や断熱材、窓を追加します。

 

本来なら、コンクリートの外側に断熱材を施工するのが効果的なのですが、マンションの躯体に手を入れる工事は、原則、居住者側ではできません。

よって、室内側をリノベーションするのが基本です。

 

外気に触れる面の内壁や天井には、断熱材を仕込むことで層を厚くし、熱が伝わりにくくします。

 

の断熱工事は、内窓を追加して二重サッシにします。窓は面積も大きいですから、断熱リノベーションすることで、外気の影響を受けにくくなりますし、スキマ風も少なくできます。その効果は、2~3倍とも言われるほどです。

 

防音効果も期待できるので、交通量の多い道路や騒音が気になるお部屋にもおすすめです。




断熱リノベーションの注意点

 

天井や壁に断熱材を組み込む際、その分、居住スペースが狭くなります。リノベーション後、なんだか前よりも部屋が窮屈に感じる、といった失敗がないよう事前にシミュレーションしてプランを練りましょう。

 

2重窓にした場合は、開閉やお手入れの手間がかかります。また、外側の窓に結露が発生しやすくなるといったデメリットがあります。



結露対策も忘れないで

屋外と屋内の温度差が大きくなったり、気密性が高いと結露が発しやすくなります。結露した部分は劣化しやすく、カビが生えやすいといったデメリットがあります。

 

断熱性能をUPすると、その分温度差と気密性も上がるため、断熱リノベーションとあわせて結露対策も一緒に行うのがベストです。結露は、空気の流れを作ることで水蒸気が逃げやすくなり、予防できます。

 

具体的には、部屋数を減らしたり、24時間換気機能をつけたり、サーキュレーターで空気を流したりする方法があります。




断熱リノベーションで夏は涼しく、冬は暖かい、快適なマンションに!

 

夏はなんだか寝苦しい、冬は底冷えが気になる、冷房・暖房の効きをもっと良くしたい!といったお部屋は、断熱リノベーションをしてみてはいかがでしょうか。

 

とくに外気の影響を受けやすい、1階・最上階・角部屋なら断熱性能を高めるだけでグッと快適なお部屋に変わることも多いです。

 

弊社では、断熱リノベーションのご対応も可能です!ぜひ、お気軽にご相談くださいませ。