大人のマンションリノベ、モデルルーム計画 Vol.1

大人のマンションリノベ、モデルルーム計画 Vol.1

皆さんこんにちは、ここ最近考えている事なのですが、私が思い描く「自然素材を適材適所に取り入れたマンションリノベーション」のモデルルームを具現化(リノベーション)をするのに適した中古物件の売り出しはないか?
毎日ネットで物件を確認している城代です。

イメージはどんなかと申しますと、

まず広さは68平米くらい、この広さだと既存の間取りは3LDKでしょう。
実は意外とこの広さは、広島市内の築30年以上の中古マンンション物件にはないんですねー。
よく同じような条件で物件探しをされているお客様のお手伝いをしますが、なかなか見つからなくていつも苦労しています。

リノベーションプランを考える

リノベーションの間取りプランを考える

次に購入希望エリア。
中区か、東区の広島駅周辺、南区だと段原とか比治山あたりでしょうか。
住空間のギャラリーが中区小町の地蔵通りですから、やはりお客様をご案内するのには小町から近いほど良いですね。
しかし、先ほども申し上げましたが、都心で「築30年超えマンション、70平米弱」というのがなかなか見つからないんですよね。
本川町とか土橋とか十日市あたりで見つかったら最高ですね。もっと欲を言えば大手町とか。

それから、そこへ住む人のイメージを考えます。空間をデザインしていくのには、どんな人、どんな家族に暮らしてもらいたい空間にするかを決めることは最重要事項です。
そこのコンセプトが決まっていればデザインがブレる事もありませんし、設計に迷った時もそこに立ち返ってコンセプトを再確認すれば、自ずと答えが出てきます。
その場所に住む人をイメージしって、しっかりコンセプト通りの空間作りをしていれば、モデルルームを将来売りに出すときにも、すぐに売れるはずです。

さて、話が逸れましたが、今回計画しているモデルルーム、正直場所が決まらないと難しいところがありますが、「夫婦ふたり暮らし」をイメージしたいと思います。
なぜなら弊社の一押しのリノベーションコンセプトが「セカンドライフをまずはリノベから始めよう」だからです。
落ち着いたシンプルな住空間を求めるライフスタイルを持っていらっしゃる40代、50代の方というイメージでプランを計画します。

夫婦のリノベ

夫婦二人暮らしのリノベーション

続きまして、間取りのお話です。

夫婦二人暮らしのセカンドライフでは、夫婦一人ずつに個室かあるいは二人一部屋で広めの寝室かのどちらが良いでしょうか?
ここはそれぞれのご夫婦の暮らし方や好みで分かれるところです。
うちの場合だと、体感温度がそれぞれ違うので、寝てる間の部屋の空調の温度で意見が違ったり、朝起きる時間がかなり違ったりするのでそれぞれに寝室があった方がストレスは感じなくなるのだろうと思います。
でも、一人で寝て朝一人で起きるのはとても寂しいとも思うので、今回のモデルルームでは広めの寝室に二人で寝るという選択肢を撮りたいと思います。
できれば20㎡くらいの空間で、外資系ホテルのようにカウンターデスクとテレビを設けたいと考えます。

寝室をリノベーションしたイメージ

寝室をリノベーションしたイメージ

そしてキッチンはアイランドキッチンにしてダイニングテーブルをキッチンと繋げます。コンロは背面の壁側に冷蔵庫や食器収納と横並びにするのもいいですね。

余談ですが、二人暮らしや小さなお子さんと三人暮らしのご家庭でしたら、ダイニングテーブルは四角形よりも丸テーブルの方が収まりが良く、空間を広く使えるのでオススメです。

あと、リビングとトイレと浴室、そして収納の話が残りますが、それは次回へ続きます。

セカンドライフはリノベーションから始めましょう

セカンドライフはリノベーションから