対面型キッチンの種類と特徴は?|マンションリノベーションの知識

 

キッチンを大きく分類すると、壁付けキッチンと対面キッチンといった種類があります。リビングやダイニングを見通せる、対面型キッチン。オープンキッチンとも呼ばれ、開放感があり人気があります。

そこで今回はマンションリノベーションの前に知っておきたい、対面型キッチンの種類と特徴をまとめました!

 

 

 

対面型キッチンの種類「アイランド」「ペニンシュラ」

対面キッチンにはアイランドキッチン、ペニンシュラキッチンなどがあります。

 

アイランドキッチンは、壁から離れて島のように独立したキッチン。四方が開いているので導線にすぐれ、大人数でも作業しやすいのが特徴です。

 

マンションのリノベーション前に知っておきたい、アイランドキッチンの特徴・広さ・費用



 

ペニンシュラキッチンは、1つの面が壁にくっついたキッチンを指します。コンロや作業台、シンクなど調理スペースを広くとることができます。

 

 

 

対面型キッチンのレイアウト

 

対面型キッチンには、「Ⅰ型」「Ⅱ型」「L型」といった3種類のレイアウト方法があります。

Ⅰ型キッチンは、シンクやコンロ、作業台がひと続きに並んでいます。横長のシンプルなスタイルなので、Ⅱ型やL型に比べて材料費や施工費を抑えられます。

 

Ⅱ型キッチンは、コンロとシンクが異なるキッチン台に分かれているのが特徴です。セパレートキッチンとも呼ばれています。シンクの背面にコンロがある場合が多く、移動距離が少なくて済みます。調理スペースも2か所とれるので広々と作業できます。

 

L型キッチンは、コンロとシンクがL字のように向かい合うのが特徴です。キッチン内での移動距離が最も少なく、Ⅰ型やⅡ型よりも省スペースで対面型キッチンを設置できます。

 

 

 

対面型キッチンのメリット

調理中のコミュニケーションがとりやすい

 

対面型キッチンのメリットは、なんといってもリビングダイニングの様子を確認しやすいことです。

家族とコミュニケーションをとりながら、遊んでいる子供の様子をみながら調理することができます。

 

 

収納が増えて生活用品の置き場所に困らない

 

対面型キッチンは、背面もキッチンクローゼットとして使うことも可能です。キッチンまわりは、食品やキッチンツール、食器や家電、ラップやアルミホイル、食器洗剤・・・など、どうしても物が多くなりますよね。

作業台の下、吊戸棚に加え、背面も壁面収納として使えることで生活用品の置き場所に困りません

 

 

対面型キッチンのデメリット

壁付けキッチンよりも設置スペースが必要

 

対面型キッチンは、壁付けキッチンよりも設置スペースが必要になります。

 

というのも、リビングダイニングへの通路や、背面の収納や作業台との距離を確保しなければならないからです。その分、リビングダイニングのスペースが小さくなってしまうのがデメリットです。

 

 

臭いや水ハネが気になる

 

視界がオープンになっている、対面型キッチン。どうしても調理のニオイや油、水ハネがリビングやダイニングで気になることがあります。

 

キッチンだけでなくリビングダイニングの壁や床の掃除も必要です。やや高さのある造作カウンターをつけると、空間を仕切れるので少し軽減できます

 

汚れが落ちやすい壁紙、ニオイがつきにくい珪藻土や漆喰など、機能性のある壁材で壁面もリノベーションするとお手入れも楽チンです。

 

 

調理の様子が見えてしまう

対面型キッチンは、リビングやダイニングにオープンになっているので、調理の様子が見えてしまいます

 

家族や友人、お客様に見られたくない、作業中の手元を隠したい方は、カウンターを設置すると見えにくくなりますよ。

 

 

 

対面型キッチンの収納場所

対面型キッチンは、作業台の下はもちろん、吊戸棚作業台の背面に収納場所を設けることができます。

 

吊戸棚は上部の視界が狭まる分、やや閉塞感がありますが、床面ではなく天井面を使えるので空間を有効活用できます。より収納スペースを増やしたい方におすすめです。

 

作業台の背面に収納スペースをがあると、食器や生活用品、お菓子など置いて置けるので便利です。造作で収納スペースを設ければ、ジャストサイズで見た目もスッキリ。間取りにあった収納家具を探し出す手間も省けます。

 

フロストガラスで可動間仕切りをつければ、圧迫感もなくゴチャついた印象も出ないのでスタイリッシュにまとまります。

 

 

 

対面型キッチンに造作できる「カウンター」

対面型キッチンにカウンターを造作すると、調理の手元を目隠ししたり、ちょっとしたテーブルとして活用することができます。

 

少人数でしたら、ダイニングテーブルを置かなくてもカウンターで食事を済ませられるので、省スペースなのも魅力です。

 

わざわざダイニングまで食事を運んでいかなくても、カウンターごしにサッと配膳できるのも助かります。

 

 

 

マンションでのリノベーションは、場所の制限がある

 

マンションですと、躯体内の配管スペースを工事することができないのが一般的です。現存の配管スペースから水が流れるよう勾配をつけられる範囲内でしか、キッチンを移動することができません

 

こういった場合ですと、既存のキッチンから大きく離れた場所に対面型キッチンを作るのは難しくなります。もし、キッチン以外にもリノベーションする場合は、キッチンの設置場所を考慮してから間取りプランを考えることが重要です。

 

 

 

対面型キッチンで開放的なキッチンにリノベーションしよう!

 

家族とのコミュニケーションがとりやすく、広々作業しやすい、対面型キッチン。壁付けキッチンよりも場所を取りますが、見た目もおしゃれで使い勝手が良いです。

カウンターをつければ、バーやカフェにあるようなちょっとしたテーブルとして使うこともできます。

 

  • 家族との団らんを楽しみたい方
  • 子供の様子を確認しながら調理したい方
  • 調理中の手元を見られても気にしない方
  • 壁付けキッチンから対面型キッチンにリノベーションしたい方
  • 自宅マンションで実現できる対面キッチンの間取りを考えてほしい方

 

当社では対面型キッチンのリノベーションもご対応しております!実際の施工事例もございますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。