工房住空間の新しい事例集「WORKS」が出来がりました。

工房住空間の新しい事例集「WORKS」が出来がりました。

IMG_8044_3

表紙中央にうっすらと「J」の文字があるのがわかりますか?
この「J」は住空間の「J」、そして代表の城代(じょうだい)の「J」。
フックにも見えます。

あれ、ゴミ?と掃ってしまうほど控えめですが(笑)、工房住空間のシンボルマークのようなものです!

IMG_8046_3

最近の事例を載せています。

どの事例も思い入れのある現場で、限られたページ数の中どの事例を載せようか選ぶ時に迷いましたが、今回はInstagramで人気の高かった事例を優先的にセレクトしました。
Instagramで「いいね」を頂く事例は「新しい」「古い」があまり関係ないところが意外です。
お施主様のご要望もあり流行りのテイストは常に入れていますが、全体的に飽きのこないシンプルなコーディネートを心掛けているからではないかと思います。

現在リノベーションをご計画中のO様もおっしゃっていましたが、時が経って「そういえば前こんなインテリアが流行ってたよね」って思うような家にはしたくない、と。
それぞれのご家庭にもよるとは思うのですが、一度リフォーム・リノベーションして造り上げた家は長く暮らしていくことになると思いますので、「飽きがこない」ということは大事なことだと思います。
今流行っているものが本当に好きなものであればいいのですが、何となく流行りにのってしまうのはおすすめできません。
床材・壁材・建具など、なかなか取り替えのきかないものはシンプルで飽きのこないもの、
取り替えのできる置き家具やクロス、ファブリックなどで流行りのテイストを取り入れてみる、
という方法はいかがでしょうか?

リフォーム・リノベーションのご相談を頂いた際はこの「WORKS」を差し上げますので、コーディネートの参考になさってみて下さい!