後悔しない間取りは?スキップフロアでマンションをリノベーション!

見た目がおしゃれで空間を広く感じさせるスキップフロア。敷地面積が狭いマンションでも、お部屋の高さを利用して間取りを計画できるので人気があります。そんなスキップフロアの構造はどうなっているのか知りたい、スキップフロアのリノベーションで後悔・失敗したくない方に、今回はスキップフロアの構造と魅力、後悔・失敗しないための注意点やおすすめの間取りをご紹介します。

スキップフロアで床面積を広く!下段は大型収納として利用できる!

小上がり、ステップフロアとも呼ばれているスキップフロア。マンションのワンフロアをスキップフロアにリノベーションすることで、広くてのびのびと過ごせる収納力のある間取りを実現できます。

スキップフロアは半階層ずらして隣のフロアと段差をつけて空間に変化をもたせます。お部屋の高さを活用するので、敷地面積が小さなお部屋でも床面積を広くとれるのが特徴です。床を上げて段差をつけるので、スキップフロアの下段は大型収納として利用できます。

間仕切りやパーテーションをレイアウトしなくても空間を仕切れて目線が遠くまで届き、圧迫感がなく開放的な仕上がりになります。廊下を挟まずに間取りを確保できるため、部屋のスペースを最大限に活用できるのも魅力です。

そもそもスキップフロアの構造は?

マンションではワンフロアでスキップフロアを施工します。スキップフロアのリノベーションではこのワンフロア構造が主流です。1階・2階といった階層ではなく、リビングダイニングなどのワンフロアに段差をつけて間取りを確保します。戸建て住宅では、1階と2階の間にスキップフロアを施工します。1.5階や中2階のようなイメージで、ワンフロアで施工するよりも奥行きを感じられます。

スキップフロアの上段は生活スペースに、下段は収納にするとお部屋のスペースを有効活用できます。下段に荷物を収納するときは、湿気がたまらないように床・壁・天井にビタッとくっつけずに、空気の通り道を意識してカビ対策しましょう。

スキップフロアにリノベーションして後悔・失敗しないために

スキップフロアのスペースは小上がりになっている分、天井が低くなります。また、壁で仕切らないので音やニオイが漏れます。ブラインドやロールスクリーンをレイアウトすると目隠しはできますが、完全なプライベート空間には向きません。

スキップフロアを間取りに多用するとかえって使い勝手が悪く感じることもあります。壁がなく間取りが広いので冷暖房が効きにくい、思ったよりも階段が不便、ひとつのフロアが狭くて間取りの活用が難しいといった声があります。階段の上り下りが不安なお年寄りや小さい子供がいる場合はスロープ状にする配慮をした方が快適に過ごせます。

スキップフロアの間取りを計画するときは、平面図だと把握しづらいです。実際にリノベーションしたときに「思っていた間取りと違う」と後悔しないように、あらかじめ断面図にして真横の視点からも確認しておきましょう。

リビングダイニングから続くスキップフロアの間取りは重宝する

リビングダイニングから続くスキップフロアは、フリースペースとして使い勝手が良いです。普段は家族でくつろぐ空間として、来客時はゲストスペースとして、子供が生まれたらキッズスペース・子供部屋として利用できます。リビングダイニングと一体感があり、開放的な空間がうまれます。仕切りがなく家族全員が顔を合わせられるので「家族を近くに感じるくつろぎスペース」として活躍します。

子供部屋・キッズスペース

スキップフロアを子供部屋として使うと、リビングから子供の遊んでいる様子を確認できます。ドアを開ける動作も要らないので、両手がふさがっていても大丈夫です。リビングに居ながら、遊んでいる子供と会話できるので家事の手を止めなくて済みます。

書斎・ワークスペース

書斎をスキップフロアにすると、仕事をしながらリビングの様子を確認できます。リビングで遊んでいる子供やペットに目が行き届くので、必要な時にサッと移動できるのは助かりますよね。

寝室・ベッドルーム

スキップフロアの寝室は疲れたときやちょっとひと休みしたいときに便利です。今すぐ横になりたいときに廊下を歩いて別フロアの寝室に移動するのは面倒ですよね。ついリビングのソファーで眠ってしまうとなかなか疲れがとれないこともあります。目線の先にベッドがあればリビングの延長のような感覚でスッと体を休めることができます。

和室

リビングから小上がりでひと続きになった和室は、和モダンな雰囲気でおしゃれに仕上がります。段差に座って椅子代わりにしても良いです。高さがあるので、掘りごたつを設置することもできます。

スキップフロアにリノベーションして空間の変化を楽しもう!

圧迫感なく間取りを仕切れるのがスキップフロアの特長です。スキップフロアの下段は、大型収納として活用できるので、クローゼットや押入れが少ないお部屋にもピッタリ。天井が低く感じる、階段が不便、冷暖房が効きにくいといったデメリットもありますが、ワンフロアをスマートに広々と有効活用できます。

リビングから続くスキップフロアなら、子供部屋、書斎、寝室などあらゆるシーンに重宝するフリースペースとして活用できます。スキップフロアを取り入れたマンションにリノベーションして、ワンフロアで空間の変化を楽しみましょう!