無垢フローリングの雰囲気は好きだけど不安がある方に|リノベ事例

無垢フローリングの雰囲気は好きだけど不安がある方に|リノベ事例

昨日は無垢のフローリングについて書かせて頂きました。
憧れの無垢フローリングですが、そりや割れがおこったり隙間が生じたり、というデメリットもあります。
それに頻繁ではありませんが、お手入れも必要です。

雰囲気は捨てがたいけど手入れをしている時間がないし面倒だし、隙間の間にゴミが入るのも嫌、という方には、無垢フローリングと複合フローリングの良い所を合体させた厚単板の複合フローリングがおすすめです。

hukugou

一般的な複合フローリングは、合板の上に0.3mm程度の薄い木板が貼ってあります。

danmen-usu

おすすめの厚単板タイプは1mm以上の木板が貼ってあります。

danmen-atu

その木板の厚さが厚いほど無垢フローリングに近いわけです。

danmen-muku

表面の「木」の下は合板です。
それにより、膨張や収縮 、ねじれ、反りなどが生じにくい特長があります。
また遮音性能を持たせてあったり、お手入れ不要な商品などバリエーションも豊富です。

フローリング単体で遮音性能を満たしていれば、単体で性能を満たしていない無垢フローリングのように二重床にする必要がありませんのでコストを抑えることができます。

広島市中区N様邸でも施工させて頂きました。
仕上がった感じは無垢フローリングとほぼ同等です。

DSC_8556_2

無垢フローリングの良い所と複合フローリングの良い所を両方併せ持った厚単板複合フローリング、無垢を諦めかけていた方も新たな選択枠として考えてみて下さい。
ご相談・施工はマンションリフォーム・マンションリノベーションの経験豊富な弊社にお任せ下さい!

広島市中区N様邸の詳しい施工例はこちら