照明でこんなに変わる!マンションをおしゃれにリノベ―ション!

マンションをおしゃれにリノベーションしたいという方に、ぜひ着目してほしいのが「照明」です。光の照らし方で、同じ間取りでもラグジュアリーに演出することができます。

 

そこで今回は、リノベーション前に知っておきたい照明の種類と特徴についてまとめてみました。




オシャレにライトアップできる「多灯照明」とは?

これまで日本では1つの明かりでお部屋全体を照らす、一灯照明が一般的でしたが、最近では多灯照明の住まいも増えてきました。一灯照明は、1つの照明でお部屋全体を明るく照らせるのが特長です。

しかしながら、十分な明るさのあるライトが必要になるため選択肢が少なくなり、メリハリのない空間になりがちです。

 

多灯照明とは、複数の照明を組み合わせてお部屋を照らす方法です。いくつかのライトを組み合わせるので、明るさも調整しやすく、シーンに合わせてお部屋の表情を変えられるのが特長です。日中は暗く感じやすい、各照明をオンオフする手間はありますが、照らし方のバリエーションが増え、同じ間取り、同じインテリアでも飽きのこない住まいを作ることができます




ラグジュアリーな間接照明には「建築化照明」もおすすめ!

 

ホテルのようなゆったりとくつろげる、ラグジュアリーな雰囲気のお部屋にリノベーションしたい場合は、建築化照明がおすすめです。

 

建築化照明とは、光源を天井や壁などに組み込んだ間接照明のことです。有名なものには、コーブ照明、コーニス照明、バランス照明があります。



コーブ照明

コーブ照明とは、天井を照らす間接照明です。ホテルのエントランスやベッドルームでよく採用されています。周りの天井よりも一段高い、折り上げ天井を照らすスタイルをコファー照明と呼んだりします。

 

コーブ照明は、ラグジュアリーな雰囲気で高級感のある見た目が印象的です。シーリングライトやペンダントライトのように直接お部屋を照らすのではなく、天井に一度反射させるので柔らかい光になります。天井が明るくなるので、天井を高く見せる効果もあります

 

一般住宅のマンションでは、ホッと落ち着ける寝室やリビング、書斎におすすめです。



コーニス照明

コーニス照明は、壁を照らす間接照明です。カーテンやブラインド、アクセントウォールを上部から優しく照らし、光の陰影が楽しめます

 

シンプルに照らすだけで、壁面の素材や仕上げが映えます。床の間を照らしても、和モダンでオシャレな仕上がりになります。

 

壁面は、日常生活において最も視線が集まる場所なので、コーニス照明で照らすだけでも一気にドレスアップしたように感じられます



バランス照明

バランス照明とは、壁面を上下に照らす間接照明です。コーブ照明やコーニス照明の特長を併せ持ち、設置場所を選ばないので好きな位置で照らすことができます

 

視線を惹きつけるフォーカルポイントに、壁面棚の演出に、ベッド際のバーライトに。オシャレで印象的な空間のアクセントとしてお使いいただけます。




そもそも照明にはどんな種類がある?

 

そもそも照明には、工事で先付けするもの、後付けするものの2種類があります。先付けするライトは電気工事士の資格が必要です。後付けするものは、引っかけシーリングなどソケットにはめ込んで設置します。こちらは特別な資格は必要ありません。



工事で先付けするタイプ

ブラケットライト、ダウンライト、スポットライトなどがあります。コーブ照明やコーニス照明、バランス照明といった建築化照明も先付けするタイプです。

ダウンライトや建築化照明は壁や天井に組み込むので見た目がスッキリします。ブラケットライトやスポットライトはライティングの演出の幅が広がります。昼と夜で違った表情を楽しみたい方におすすめです。



後付けするタイプ

後付けするタイプには、ペンダントライトやシーリングライトがあります。天井についているソケットに、ライトをカチッとはめる取り付け方法です。お部屋全体、一部を明るく照らす役割があります。

 

電気工事がいらないので、好きなデザインを見つけたら、自分で自由に取り替えできるのが特長です。ただし、ソケットがない場所に新しく設置したい場合は、配線工事が必要になります




シーリングソケットに取り付けられるタイプのスポットライトもある

電気工事が入るとその分リノベーション費用がかかります。なるべく費用は抑えたいけど、スポットライトやブラケットライトのような照明をつけたい、という方もいるのではないでしょうか。

 

実は、既存の電気ソケットに取り付けられるスポットライトもあるんです。これなら通常のシーリングライトのようにカチッとはめるだけなので、電気工事も入りません。

 

リノベーションで増設するよりも、照らせる範囲や照明のバリエーションなど、自由度は下がりますが、コストを抑えたい方にはピッタリのアイテムです。

 

マンションをダクトレール照明にリノベーション!おしゃれで開放的な空間に Vol.1




照明を活用しておしゃれなマンションにリノベーションしよう!

インテリアや間取りを大きく変えなくても、照明の取り入れ方次第で、お部屋の雰囲気がガラッと変わります。

コーブ照明やコーニス照明、バランス照明も活用しつつ、多灯照明にすることでラグジュアリーな空間を楽しめます。

 

オシャレなお部屋にリノベーションしたい方は、ぜひ照明にも着目してみてくださいね!