L型オーダー家具でモデルルームのようなリビング|K様邸リノベ

K様邸のリビングはマンションのモデルルームのような雰囲気です。

DSC_9694_2

リビング空間へのご要望は、

●書籍や書類を沢山収納したい
●パソコンデスクがほしい
●テレビ台がほしい
●シーズンオフの家電などを収納したい
●ダーク系の色味を使って落ち着いた雰囲気にしたい
●理想:お洒落な図書館

という内容でした。

それらを全て詰め込んだのがこのL型オーダー家具。
上部は大容量の本棚、
下部はテレビ台やパソコンデスク。

DSC_9694_3

本棚ゾーンの扉がスライド式になっていて、見せる収納と隠す収納を使い分けることができます。

DSC_9701_2

デスクの横には大容量の物入を。
中には季節外れの家電などが収まっています。

DSC_9701_4

本棚下には間接照明を設置。
壁に貼ったエコカラットを優しく照らします。
夜他の電気を落としてこの灯だけで過ごすと、とても雰囲気がよく癒されるそうです。

K様邸リノベーションの詳しい事例紹介はこちら

 

 

 

リビングにデスク。オーダーで造りました|広島市S様邸リノベ

リビングにデスクを、というご要望を多く頂きます。 広島市西区S様邸では、リノベーション工事の際オーダーデスクを造り付けました。

DSC_2769_2

2台の連結仕様になっていて、1台はオープンタイプ、もう1台は引出し付きです。

DSC_2772_2

S様のようにパソコンを置かれるのはもちろん、お子様の学習デスクとして使われてもいいです。 リビング学習は子供にいい、と言われていますね。 子供が安心して学習に取り組めるし、親と子のコミュニケーションが取りやすいという利点があります。

造り付けの家具は、形だけでなく素材や面材も自由に選ぶことができます。 素材をドアなどの建具やフローリングと合わせれば、統一感のあるリビング空間を実現できます。

他にセミオーダーのデスクや、置き家具にする方法もあります。 まずは、ご予算とお好みのサイズ・デザインをご相談下さい。 ピッタリのプランをご提案させて頂きます!

新築マンションのキッチン背面収納。

先日、新築マンションを購入されたお客様より、キッチン背面収納のご相談を頂きました。
マンションオプションの背面収納を検討されていたようですが、イマイチしっくりこない、とのことでした。

9e29b11c6c2940425af07948f20af11c_2

キッチンは広過ぎても使いづらいですし、こじんまりとしたスペースの中でどこまで使いやすいようカスタマイズするかが重要です。
使いやすいと作業効率は格段にUPしますし、料理中の気分も大きく違ってきます。

背面収納には、食器や食品の他に家電やゴミを置くスペースが必要になります。
それらを理想の形に配置するためには、背面収納をオーダーで造るのが一番なのでしょうが、コストの面がネック。
引出しや扉のないオープン収納にすればコストは掛からないのですが、衛生面から考えるとちょっと抵抗が、という主婦の方も多く・・・
そういう方には、やはり扉があって使いやすい引出しのある従来タイプの収納をおすすめします。
ならば既製品をうまく使うことが必要。

お客様のご要望を汲み取った結果、キッチンメーカーの据付型背面収納より、セミオーダーの置き家具の方が細かくサイズを指定できて、より理想の形に近くなることがわかりました。

201408231510416ee_2

下ゾーンはセミオーダーの既製置き家具、上ゾーンはオーダーの吊戸棚という組み合わせでご提案することにしました。

DSC_7641_2

↑ こちらも下ゾーンが既製家具、上ゾーンがオーダー家具です。

既製品もうまく活用しながら、理想の空間を実現していきます!

 

リビングの壁面収納|S様邸マンションリフォーム

築5年ほどの新しいマンションにお住いのS様よりリビングの収納についてご相談頂いてから早2か月。
プランが確定しつつあります。

スノーボードを収納できる所がどこにもない!ということで、リビングに収納を造ることになりました。
約3.5mの壁面の左半分に壁のような大容量収納と、残りの右半分にテレビボードを、というプランです。

image2_3

テレビボードは、寸法やコンセントなどあらゆる制約を考えると既製のシステム家具よりオーダー家具がいい、という結論に至りました。
オーダー家具は、サイズや仕様を好きなように決めて造れるところが最大の魅力。
扉などの面材は、好みや他の家具などにぴったり合うものを沢山の種類の中から選ぶことができます!

image1_2

テレビは壁掛けにするので、下地を入れたりコンセントの線を通したりのために壁をふかすため、新たに壁紙を貼ることになります。
アクセントにちょっと面白い壁紙を貼りたい、とのことで楽しみにされています♪

ちょっとしたリフォームでも、どこか心ときめく部分があると楽しくなりますよね!
生活しながらのリフォームは、音や木くずなどでどうしてもストレスを感じることになると思います。
出来上がりが楽しみになるようなリフォームになるよう、お手伝いさせて頂こうと思っています。

リビングと繋がった広い洋室。今は家族で、将来はご夫婦二人で。

広島市西区O様邸のリビングは、広い洋室と腰壁を挟んで繋がっています。

DSC_5165_2

洋室部分は元は和室でした。

IMG_8465_3

腰壁の洋室側には造り付けの大きなデスクを設けています。

DSC_5387_2

お二人のお子様が仲良くお絵かきやお勉強に、ご夫婦はパソコン作業などに、窓からの眺めを見ながら使うことができます。

DSC_5165_2

洋室は結構広めです。
昼間はお子さんの遊び場、夜は家族で川の字で寝られるのに使われています。

将来はご夫婦で使われるご予定です。
その際服などを納めるために、奥のゾーンはカーテンなどで仕切ってウォークインクローゼットにされる予定です。

まだ造りこまないけれど、生活の変化に伴って変化できるような造りになっています。

DSC_5333_2

植物や鉢も素敵です。

見た目だけでなく触り心地も本物の「木」のような合板

造作家具などで使う化粧合板やシートの技術が進歩しています。
いかにも化粧合板、いかにも「木」を真似たシート、とすぐわかるような材料を使って造った家具はチープな印象になってしまい、いくらサイズがピッタリと言えども残念な感じになってしまうことも。。

1220_8_2

しかし最近の化粧合板は技術が進み、本物の「木」のようなものが出てきています。
見た目はもちろん、触った感触がザラザラしていてまさに「木」の肌触り。

化粧合板やシートであれば、木のように「塗装」が要らないのでコストを削減できたり、工期を短くできたりとメリットがあります。
また化粧合板には強度があり、汚れに強く、傷がつきにくいという利点も。

ご予算や好み、使われる場所などをお伺いし、それぞれのお施主様の合ったプランを提案させて頂きます。
オーダー家具もぜひご相談下さい!

カウンター横に現れるワゴンテーブル。いろいろ使えます!

広島市袋町K様邸にはダイニングカウンターがあります。
少ない人数で食事される時やお子様が宿題やお絵かきをされるのに使え、炊事をしているそばなので何かと便利で安心ですね。

IMGP7653_2

K様邸はダイニングテーブルを置くスペースを広く確保しづらい形のLDで、ダイニングゾーンについては随分悩まれました。
ダイニングよりリビングを広く取りたい、ということでK様が考案されたのがこちらのワゴン。

IMGP7632_2

普段はコンパクト。

IMGP7633_2

両袖をあげて固定するとテーブルに早変わり!

IMGP7635_2

使う時だけダイニングカウンターに横付けし、L型カウンターの出来上がり。
家族4人食事することが出来ます。

IMGP7646_2

普段はカップボード横にいらっしゃって、リビングで食事する時は配膳の運搬用ワゴンとしても活躍!
テレビを見ながら食事したい時など、リビングゾーンにゴロゴロと持って行けば二人用テーブルとしていい役割をしてくれそうです♪

IMGP7657_2

その日の気分や料理の内容、食事する人数によってリビングの座卓で食べたり、ダイニングカウンターで食べたり、2パターンでの食事シーンを想定して最終的に採用されたオーダー家具のワゴンテーブル。
塗装費別途で¥100,000-(税別)です。
ご参考までに♪

IMGP7635_2

 

石張りの壁と造り付けのテレビボード|広島市東雲M様邸リノベーション

広島市東雲M様邸リビングの壁は石張りです。

IMG_1442_2

手作業による切石・仕上げのため、大きさ・厚さ・目地幅にバラツキがありますが、そこがまたいいです。
重厚な雰囲気ですね。

テレビボードは造り付け。
重い雰囲気になり過ぎないので石張りの壁と相性〇です。

 

マンションリノベーション実例 広島市西区鈴が台

IMG_8695

鈴が台分譲住宅、築50年のRC構造のマンションはさわり方次第で十分住み心地の良い住空間にリノベーションできます。

一番の魅力は物件価格の安さと、場所によりますが景観の良さです。

この実例はまず床を全て撤去して無垢のパインフローリングに貼り替えして、壁天井のクロスも貼り替え。奥の緑色の壁はジョリパットという左官材料で塗り壁アクセントとしています。

それと境の壁を撤去してふた部屋を一部屋にしてLDKを広くしました。

システムキッチンは既存のままですが、キッチンの前に家電収納と配膳台を兼ねたカウンターを造作しています。

左右の端に映っている小ぶりのダイニングテーブルも工房住空間オリジナルで製作したオーダー家具です。このテーブルは食卓につく人数に合わせて可変出来たり、天気の良い時は海を眺めながら食事が取れるように、動かしやすい大きさで造っています。

さあ、マンションリノベーションを楽しみましょう。

 

リノベーションで濃紺タイル壁のキッチンに|広島市中区T様邸

築34年のマンションをフルリノベーション工事していた広島市中区T様邸が完成しました!

IMG_7424_3

T様邸は44.4㎡のこじんまりとした広さ。
お一人で住まわれるということで、家の中を仕切るドアはサニタリーゾーンのみに限って、LDと寝室ゾーン、ウォークインクロゼットはゆるく仕切っています。

その中でも一番印象的なのが濃紺のタイルを壁に使ったキッチンゾーン。

IMG_7427_3

ミディアムウッドのシステムキッチンやキッチンカウンターと、濃紺タイルのコントラストがカッコいいです。

IMG_7425_3

カウンタースツールを置けば、カウンターテーブルとして使うことのできるこのカウンター家具はオーダーで造っています。

IMG_7429_3

キッチン側からは家電などの収納として使えます。
左側上段はスライド式になっていて、蒸気の出る炊飯器もOK!

次回は他のゾーンもご紹介します。
お楽しみに♪

 

リビングの収納|広島市中区マンションリノベーション

広島市中区K様邸では、リビングにデスク&吊戸棚のオーダー家具を造りました。

DSC_9694_2

本や書類などを全てリビングに収めたい、デスクやテレビも置きたい、とのご要望でした。
L型の吊戸棚の長辺側が約4メートルありますので、かなりの量の本や書類を収納することができます。
扉で隠れている部分にはギッシリ収められていますが、オープンになっているゾーンは余裕を持たせて置いておられるのでスッキリした印象ですね。

IMG_5312_2

扉はスライド式で左右に動かすことができます。

DSC_9701_2

デスクの左横にも新しく収納を設けています。
こちらには家電など大きめな物が収められています。
たっぷり入るので余裕があるほどだそうです。

従来のマンションでは、リビングに大きな収納があるような間取りはなかなかないのが現状で、家電を収めることができるのは和室の押入れやクローゼットの中ですよね。
扇風機や暖房器具は結構大きいので場所をとります。
布団や服でいっぱいなのに家電まで・・・パズルのような収納術が必要かもしれません。

リフォーム・リノベーションされる時は、全てのものをスッキリ収めることのできる「収納」をしっかり作りましょう。
物が多い方はその前にある程度断捨離も頑張りましょう! 笑

K様邸の詳しい施工例の紹介はこちら

 

ただ新しくなればと思ってたけど、欲が出ました(笑)|中島町K様

平和公園を望む最高のローケーションのK様邸。
窓から見える平和公園の景色を眺めながら、ゆったりとした気分でインタビューの時間を過ごさせて頂きました。

2017/3/21 広島市中区分譲マンション K様邸にて

*最初に、今回リフォームを決意されたきっかけを教えてください。

(奥様)

道路拡張のため立ち退きの対象になって、新しい家を探してたんです。
この家は、窓からの眺めが気に入ったのと、これから先前に高い建物が建つことはないだろう、というところも魅力で決めました。

*リフォーム会社はどうやって探されたんですか?

(奥様)

インターネットで検索して見つけました。
施工例に金額がのっていたので、お風呂はこれ位、キッチンはこれ位、全体でだいたいこれ位かかるかな、という予想ができたのがよかったです。
最初は設備だけ新しくできたらいいと思ってたんですけど、いろいろ見てるうちに欲が出てしまって、予想を大幅に上回る金額になってしまいましたけどね 笑

*初めて完成した部屋をご覧になった感想はいかがでしたか?

(奥様)

収納を増やしてもらったので狭くなるイメージだったんですけど、思ってたより広い!、という感想でした。

*一番のお気に入りを教えて下さい。

(奥様)

ダイニングの椅子に座って窓からの眺めをぼーっと見る時間が好きです。
あと、キッチンのワークトップは高めの90cmを選んだんですけど、すごく使いやすいです。前の家は低くて腰が痛くなってたので・・・。

*実際に住んでみての感想はいかがですか?

(奥様)

家具をあまり置かないで広く使いたいと思っていたんですけど、その通りにすることが出来て満足してます。
収納を沢山つくってもらったので、本当にスッキリ暮らせてます。引っ越しの時、物を随分減らしたので収納の中に余りのスペースがあるくらいなんですけど、これ以上増やさないように気をつけたいと思ってます。

*ご満足頂けてるのが、とても伝わってきました。

K様はとてもスッキリと暮らされていて、モデルルームのような空間を維持されているのところが素晴らしいです。
見習わなければ・・・と身の引き締まる思いで撮影させて頂きました。
今日はありがとうございました。