大人のマンションリノベ、モデルルーム計画 Vol.2

先日、岡田准一さん主演の「ザ・ファブル」を見てきて興奮冷めやらぬマンションリノベーションマスター城代です。なにしろ「ボーン・アイデンティティー」「96時間」と両方私の大好きな映画でアクション監督をした方が、映画「SP」で三角飛びを決めた岡田くんとタックを組んだのですから、これはもう観るしかないという感じで、もちろん観たらめちゃくちゃカッコ良かったので皆さんもぜひ劇場でご覧ください。

という事で「大人のリノベーション」モデルルーム計画、私の妄想が続きます。
Vol2の最初はリビングです。

リビングの天井高をどうするか?そもそも天井高は高い方が良いのか? よくリノベーション前の床材が、「コンクリートに直接貼り付けてあるタイプ」のフローリングを使用している中古マンションを、「無垢のオークフローリング」に貼り替えるリノベーションを行うのですが、その際には「乾式遮音床下地材」を用い無垢フローリングを貼るようにしています。

その場合には床から天井までの高さが、元々の高さより10センチから15センチ低くなってしまいます。
でも、天井高が低くなったからといって決して窮屈には感じませんし、逆に低くなった事で空間に落ち着きやほっこり感が出たりします。
ですので、私は、予算が許せば進んで天井高は下がるとしても無垢のフローリングを貼る事を強くお勧めしています。

無垢フローリングを貼ったリビング
中古マンションに無垢フローリングを貼ったリノベーション事例

 

続いてキッチンです。
キッチンはダイニングスペースに対して開けていたほうが良いですね。いわゆる対面キッチンです。
ここで対面キッチンの考え方ですが、

1.システムキッチン本体が大きな対面カウンターを有しており、両側から作業できるもの。対面型システムキッチン

2. システムキッチン本体は一般的な壁付け(I型システムキッチン)タイプ。そのキッチンをダイニング側に対して向かい合わせに設置して、高さが1メートルくらいのカウンター壁を設ける。

のように概ね2パターンの考え方があります。

パターン1のメリットは、キッチン空間をシンプルにできるので広く感じられる事です。あとは高級感(実際、高級です)。あと対面型キッチンは奥行きが大きいので作業スペースも収納スペースもプラン次第で広く取れます。そして調理中の奥様(旦那様)を目の前にスツールに腰掛けて会話をしながらお茶を飲めたりも可能です。
 デメリットとしては、カウンタートップの上を常にすっきりお片づけしておかないとカッコよく見えない。レンジフードの前に壁が立たないので、調理の匂いがリビングダイニングに届きやすい。これはレンジフードの全面高さいっぱいに強化ガラスのスクリーンを立てれば解決しますが、対面型キッチンのメリットであるシンプルという良さはかなり軽減されます。

アイランドキッチンはどうすか?
アイランドキッチンとはこのようなものです

 

続いて
パターン2のメッリトは、何と言っても「対面型システムキッチン」よりもローコストで対面キッチンを実現できる点です。そして手元はカウンターで隠せるので、少々散らかっていてもダイニングスペースの雰囲気を壊すことはありません。そしてレンジフードの前には壁を立てるので、調理の匂いも広がりにくいです。
 デメリットとしては、カウンターでキッチンとダイニングの境界線が生まれるので、空間が途切れて「対面式システムキッチン」ほどのスッキリ感は出せないという点です。

壁付けキッチンで対面を作る
壁付けのキッチンにカウンターを設けて対面にするとコストダウンにつながります。

 

で、結論としましてはモデルルームという事もあるので、私は空間を広くシンプルに繋ぐことのできる対面型システムキッチンを選択しようと思います。しかも予算的に可能であればオーダーで作りたいと考えています。

以上、今回は工房住空間モデルルームのダイニングキッチンをどういう仕様にするかの妄想でした。

Vol3に続きます。

 

大人のマンションリノベ、モデルルーム計画 Vol.1

皆さんこんにちは、ここ最近考えている事なのですが、私が思い描く「自然素材を適材適所に取り入れたマンションリノベーション」のモデルルームを具現化(リノベーション)をするのに適した中古物件の売り出しはないか? 毎日ネットで物件を確認している城代です。

イメージはどんなかと申しますと、

まず広さは68平米くらい、この広さだと既存の間取りは3LDKでしょう。 実は意外とこの広さは、広島市内の築30年以上の中古マンンション物件にはないんですねー。 よく同じような条件で物件探しをされているお客様のお手伝いをしますが、なかなか見つからなくていつも苦労しています。

次に購入希望エリア。 中区か、東区の広島駅周辺、南区だと段原とか比治山あたりでしょうか。 住空間のギャラリーが中区小町の地蔵通りですから、やはりお客様をご案内するのには小町から近いほど良いですね。 しかし、先ほども申し上げましたが、都心で「築30年超えマンション、70平米弱」というのがなかなか見つからないんですよね。 本川町とか土橋とか十日市あたりで見つかったら最高ですね。もっと欲を言えば大手町とか。

それから、そこへ住む人のイメージを考えます。空間をデザインしていくのには、どんな人、どんな家族に暮らしてもらいたい空間にするかを決めることは最重要事項です。 そこのコンセプトが決まっていればデザインがブレる事もありませんし、設計に迷った時もそこに立ち返ってコンセプトを再確認すれば、自ずと答えが出てきます。 その場所に住む人をイメージしって、しっかりコンセプト通りの空間作りをしていれば、モデルルームを将来売りに出すときにも、すぐに売れるはずです。

さて、話が逸れましたが、今回計画しているモデルルーム、正直場所が決まらないと難しいところがありますが、「夫婦ふたり暮らし」をイメージしたいと思います。 なぜなら弊社の一押しのリノベーションコンセプトが「セカンドライフをまずはリノベから始めよう」だからです。 落ち着いたシンプルな住空間を求めるライフスタイルを持っていらっしゃる40代、50代の方というイメージでプランを計画します。

夫婦のリノベ
夫婦二人暮らしのリノベーション

続きまして、間取りのお話です。

夫婦二人暮らしのセカンドライフでは、夫婦一人ずつに個室かあるいは二人一部屋で広めの寝室かのどちらが良いでしょうか? ここはそれぞれのご夫婦の暮らし方や好みで分かれるところです。 うちの場合だと、体感温度がそれぞれ違うので、寝てる間の部屋の空調の温度で意見が違ったり、朝起きる時間がかなり違ったりするのでそれぞれに寝室があった方がストレスは感じなくなるのだろうと思います。 でも、一人で寝て朝一人で起きるのはとても寂しいとも思うので、今回のモデルルームでは広めの寝室に二人で寝るという選択肢を撮りたいと思います。 できれば20㎡くらいの空間で、外資系ホテルのようにカウンターデスクとテレビを設けたいと考えます。

寝室をリノベーションしたイメージ
寝室をリノベーションしたイメージ

そしてキッチンはアイランドキッチンにしてダイニングテーブルをキッチンと繋げます。コンロは背面の壁側に冷蔵庫や食器収納と横並びにするのもいいですね。

余談ですが、二人暮らしや小さなお子さんと三人暮らしのご家庭でしたら、ダイニングテーブルは四角形よりも丸テーブルの方が収まりが良く、空間を広く使えるのでオススメです。

あと、リビングとトイレと浴室、そして収納の話が残りますが、それは次回へ続きます。

セカンドライフはリノベーションから始めましょう
セカンドライフはリノベーションから

L型オーダー家具でモデルルームのようなリビング|K様邸リノベ

K様邸のリビングはマンションのモデルルームのような雰囲気です。

DSC_9694_2

リビング空間へのご要望は、

●書籍や書類を沢山収納したい
●パソコンデスクがほしい
●テレビ台がほしい
●シーズンオフの家電などを収納したい
●ダーク系の色味を使って落ち着いた雰囲気にしたい
●理想:お洒落な図書館

という内容でした。

それらを全て詰め込んだのがこのL型オーダー家具。
上部は大容量の本棚、
下部はテレビ台やパソコンデスク。

DSC_9694_3

本棚ゾーンの扉がスライド式になっていて、見せる収納と隠す収納を使い分けることができます。

DSC_9701_2

デスクの横には大容量の物入を。
中には季節外れの家電などが収まっています。

DSC_9701_4

本棚下には間接照明を設置。
壁に貼ったエコカラットを優しく照らします。
夜他の電気を落としてこの灯だけで過ごすと、とても雰囲気がよく癒されるそうです。

K様邸リノベーションの詳しい事例紹介はこちら

 

 

 

ホテルのような洗面コーナー|N様邸リノベーション

タイ・バンコクのホテルをイメージしてリノベーション計画を進めたN様邸の洗面コーナーは、重厚感のある雰囲気に仕上がっています。

DSC_8696_2

カウンターや入口の扉は本物のウッドですが、壁はウッド柄のビニールクロス。
太陽光の入らないマンションの洗面室では、柔らかい電球色の灯りをセレクトすればプリントされたウッドもまるで本物のように見えます。

DSC_8703_2

洗面器やミラー、クリアな小物置きなど細かい部分もこだわって選ばれました。
特に、洗面器に合わせた丸いミラーが印象的。
洗面コーナーの印象を決める重要な役割をしています。

広島市南区N様邸の詳しい事例紹介はこちら

コラベルタイルのカウンター! 広島市T様邸リノベーション

広島市T様邸では、キッチンカウンターにタイルを貼りました。

DSC_7750_2

エスニックなイメージのランタン形のモザイクタイルです。
トラディショナルな釉薬づかいで、レトロ感がお洒落!

DSC_7726_2

手作りパンをカウンターに並べて写真を撮ると映えるんです♬、とT様。
調理しながらいつも目に入る場所なので、キッチンに立った時の気分も上がりそうです⤴⤴

DSC_7738_2

カウンター下に設けたニッチの壁にもタイルを貼りました。
キッチンカウンターまわりがぐんと華やかになりました!

広島市西区T様邸の詳しい事例紹介はこちら

リビングにデスク。オーダーで造りました|広島市S様邸リノベ

リビングにデスクを、というご要望を多く頂きます。 広島市西区S様邸では、リノベーション工事の際オーダーデスクを造り付けました。

DSC_2769_2

2台の連結仕様になっていて、1台はオープンタイプ、もう1台は引出し付きです。

DSC_2772_2

S様のようにパソコンを置かれるのはもちろん、お子様の学習デスクとして使われてもいいです。 リビング学習は子供にいい、と言われていますね。 子供が安心して学習に取り組めるし、親と子のコミュニケーションが取りやすいという利点があります。

造り付けの家具は、形だけでなく素材や面材も自由に選ぶことができます。 素材をドアなどの建具やフローリングと合わせれば、統一感のあるリビング空間を実現できます。

他にセミオーダーのデスクや、置き家具にする方法もあります。 まずは、ご予算とお好みのサイズ・デザインをご相談下さい。 ピッタリのプランをご提案させて頂きます!

マンションリフォームの費用。

そろそろリフォームしたい、いずれリフォームしたい、とお考えの方、費用が気になりますよね。
リフォームしたい規模に対してどこまで費用がかかるのか、すぐリフォームしたいわけではないし知りたいけれどわざわざ見積もりしに行くのも・・・と思われている方も中にはいらっしゃるかと思います。

弊社HPに載せている施工例には、細かく費用を入れています。

施工例1_2

↑ 例えばS様邸の施工事例紹介では、キッチンのメーカーやグレード、本体、施工費を載せています。
だいたいどれ位費用がかかるか分かりやすい!と好評です。

施工例2_2

↑ 事例紹介の最後の方には、こういった情報も載せています。
使われる建材のグレードによって費用は変わってきますが、概算には役立てて頂けると思います。
ぜひご活用下さい!

 

 

ここにコンセントがあったら・・・を、リフォームで叶えましょう!

昨日、充電式掃除機を見に蔦屋家電に行ってきました。
充電式掃除機で重要なのは、重さと吸引力。
実際手にして重さや吸引力を確認したかったので、近所の家電屋さんではなく、わざわざサンプルが豊富にある蔦屋家電まで行ったわけです。

20171406-s3-00-1_2

売り場に行くと、家電コンシェルジュの方が機能などをくわしく説明して下さり、また豊富なサンプルを実際に操作することができたので、重さも吸引力もよーくわかりました!
その他の気になる家電も同じコンシェルジュさんが案内して下さって、その知識の多さ、対応の素晴らしさに感動すら覚えたほど。
わざわざ行った甲斐があり、無事希望に叶う充電式掃除機を購入することができました♬

新しい充電式掃除機が我が家にやってきて問題になったのが、置き場所。
なかなかしっくりくる場所が見つからず、仕方なく子供部屋に置くことになりました。

家電コンシェルジュの方もおっしゃっていましたが、最近は従来の掃除機より充電式掃除機の方が主流とのこと。
リフォームやリノベーション計画の際、充電式掃除機を置きたいからと収納の中にコンセントを設けたい、とのご要望も多いです。

IMGP7673_3
↑ 広島市K様邸

リフォーム・リノベーションされる際は、ぜひ希望の場所にコンセントを増やしましょう。
なんとなくスルーしがちですが、コンセント位置は重要!
特に集中して計画していきましょう。

整理収納についてアドバイスさせて頂きます!

スタッフ大坪、GWの長い休みを利用して「整理収納アドバイザー」の勉強をしてきました。
先日合格通知が届き、無事「整理収納アドバイザー2級」に認定されました!

IMG_2170_3

今のお住まいをリフォームされる場合も、新しい家をリノベーションされる場合も、物を一度片付け、戻す作業が必要です。
物が少なければラクですが、物が多ければ断捨離して減らすか、そのままの量でいく場合荷造りと元に戻す作業が大変です。

要る物か要らない物か選定し要らない物は処分する、という断捨離の作業は選択の連続なので結構疲れます。
その作業はリフォーム計画と同時進行になるため、家の内装決めと断捨離、両方で選択ばかりしているような日々になるわけです。

そんなお施主様のお力になれるよう、断捨離の仕方からリフォーム後の収納計画まで勉強してきました。
設計からコーディネート、整理法までご相談頂けます。
ぜひお任せ下さい!

リフォームでフローリングを張り替えてイメージチェンジ!

先月完工した広島市安佐南区のマンションでは、フローリングを新しく張り替えました。

こちらはBefore。 ダーク色の建具にダーク色のフローリングです。

IMG_1818_3

こちらがAfter。 建具は既存そのままで、フローリングを白っぽいものに替えました。 随分と明るい雰囲気になりました。そして今風! 建具はインテリアにおいてイメージを大きく左右する大事なポイントになる部分ですが、床を替えただけでも随分雰囲気が変わるのがわかります。

IMG_1807_3

下足入れは既存のまま残し、扉のつまみだけ新しいものに取り替えました。 今回はベーシックなものにしていますが、こだわりの物に替えるとまた随分とイメージが変わってくるのでおすすめ。

IMG_1806_3

玄関扉の内側は、シートを貼って綺麗にしています。 玄関の床もフロアタイルを新しく貼りました。

間取りを変更したり建具を替えたりしなくても、その他の表装を綺麗にリフォームするだけで随分と雰囲気が変わり、心地いい空間に生まれ変わります!

洗面化粧台と洗濯機上のスペース|広島市マンションリフォーム

先月完工した安佐南区マンションリフォームでは、洗面室と浴室も一新しました。

元の洗面台は、空間にピッタリサイズの洗面台をオーダーで造ったと思われる仕様でした。 新しくオーダーで造ることもできますが、既製品を用いた方がずっとコストを抑えることができます。

IMG_1796_3

そこで、一番近いサイズの既製の洗面化粧台に合わせて右側に5~10cmの壁を造りました。 違和感がないので気が付かないほどですよね。

IMG_0947_4

洗濯機の上はいろいろ置きたい場所。

IMG_1793_3

二段の可動棚と、便利なハンガーパイプも取り付けました。

IMG_1794_3

浴室も一新!

水廻りが劣化していると何だかすごく家が古くなった気がしてくるものです。 新しくきれいになれば、気分も一新。 気持ちよく暮らしていけます♬

新築マンションのキッチン背面収納。

先日、新築マンションを購入されたお客様より、キッチン背面収納のご相談を頂きました。
マンションオプションの背面収納を検討されていたようですが、イマイチしっくりこない、とのことでした。

9e29b11c6c2940425af07948f20af11c_2

キッチンは広過ぎても使いづらいですし、こじんまりとしたスペースの中でどこまで使いやすいようカスタマイズするかが重要です。
使いやすいと作業効率は格段にUPしますし、料理中の気分も大きく違ってきます。

背面収納には、食器や食品の他に家電やゴミを置くスペースが必要になります。
それらを理想の形に配置するためには、背面収納をオーダーで造るのが一番なのでしょうが、コストの面がネック。
引出しや扉のないオープン収納にすればコストは掛からないのですが、衛生面から考えるとちょっと抵抗が、という主婦の方も多く・・・
そういう方には、やはり扉があって使いやすい引出しのある従来タイプの収納をおすすめします。
ならば既製品をうまく使うことが必要。

お客様のご要望を汲み取った結果、キッチンメーカーの据付型背面収納より、セミオーダーの置き家具の方が細かくサイズを指定できて、より理想の形に近くなることがわかりました。

201408231510416ee_2

下ゾーンはセミオーダーの既製置き家具、上ゾーンはオーダーの吊戸棚という組み合わせでご提案することにしました。

DSC_7641_2

↑ こちらも下ゾーンが既製家具、上ゾーンがオーダー家具です。

既製品もうまく活用しながら、理想の空間を実現していきます!