リノベーションで「ヘリンボーン張りの床」へ。

広島市中区K様邸の床は、無垢チーク材のヘリンボーン張りです。

2R1A2521_2

先に見えるダイニングのペンダントライトの雰囲気も合わさって、クラシカルでお洒落な雰囲気。
玄関からこの床が見えるだけでもうここが特別な空間であることがわかります。
この先はどんな感じなのかな?と興味がわきます。

2R1A2545_2

K様邸へはお引き渡しから2年ぶりに伺いましたが、床がとてもいい色に経年変化していました。
キズも汚れも全て「味」になっているところが、無垢材ならでは良いところ。
カメラマンが撮ったこの写真でもその素敵さは伝わっていると思いますが、実物はそれ以上ですよ。
一般的なフローリングを使ったお部屋と比べると、感じる「空気」も違います。

ヘリンボーン張りは、普通のフローリングより施工に手間がかかります。
材料も余計に要りますし、手間がかかるので工期も長くなります。
そうなると費用も高くなるわけですが、それでも選ばれる魅力がヘリンボーン張りの床にはあります。

2R1A2556_2

 

 

 

新築マンションの現地内覧会に同行し、エコカラットなどを選定。

新築マンションのプチリフォームをご相談頂いているY様の現地内覧会に昨日同行させて頂きました。
現地内覧会は、新築マンションを買われたお客様が、はじめてお部屋の中を見ることができる機会です。

床や建具の色が選べるマンションでは、モデルルームと違う色にされた場合、お部屋の雰囲気を想像しづらいですよね。
昨日ご一緒したY様も、床の色が思ってたより随分濃い、とおっしゃっていました。
窓から見える景色や陽の入り具合も想像されていたものと違っていたようです。

弊社はエコカラットなどの見本やカーテンの吊サンプルをお持ちし、実際の空間に合わせてみて色柄選定のお手伝いをさせて頂きました。

IMG_1245_3

薄い色のカーテンでは空間がボヤけるかも?との心配は、想像より濃かった床にはよく合う、ということで第一希望の色で決定、
想像以上に暗かった洋室のエコカラットは、色を見直すことに、
パネル貼りを希望されているトイレは、手洗器等の形状がわかったことでもっと詳しいプラン作成へと、プチリフォーム計画がぐっと前に進みました。

IMG_1219_3

通常、お引渡し後にお部屋を確認させて頂いて工事手配に入るので、商品手配する1~2週間は工事に入ることは出来ませんが、
現地内覧会へ同行させて頂くことで具体的なプラン作成が出来るため、商品の在庫確保、職人のスケージュールおさえが可能です。
よって、お引き渡し後すぐに工事に入ることが出来ます。

カーテンや家具、照明器具などトータルでお任せ頂けますので、新築マンションのプチリフォームをお考えでしたらぜひ工房住空間にご相談下さい。

 

 

 

 

トイレの壁。汚れが気になる方は掃除のしやすいパネル貼りに。

マンションのトイレ空間。
狭いからこそ冒険できるので思い切りお洒落にしたり、リビングなど他の部屋とは違う雰囲気に挑戦してみたり、インテリアを楽しむことの出来る空間です。

でも一番汚れが気になる空間でもありますね。
清潔感はキープしたいところ。

もし水ハネや飛び散りが気になる方は、壁をパネル貼りにされるとお掃除がラクです!
広島市西区S様邸は、腰の高さまでパネルを貼りました。

IMG_6204_3

壁がビニールクロスの場合、水などが壁に飛び散ってそのままにしておくとしみ込んでシミや臭いの元になります。
しみ込んでしまった汚れはなかなか取れないので厄介です。

IMG_6207_3

S様邸は床もパネル貼りです。
床がクッションフロアなど継ぎ目のない長尺シートの場合は比較的掃除が簡単ですが、塩ビタイルの場合タイルとタイルの隙間に汚れた水分が入るとニオイのもとになります。
継ぎ目がなくツルっとした表面のパネルは拭くだけなので掃除が簡単です。

IMG_6205_3

S様邸は手洗いカウンターより上の壁にエコカラットを貼りました。
エコカラットの凸凹が陰影をつくり、高級感のあるトイレ空間になりました。
湿気、ニオイ対策も万全です!

トイレをラクに清潔に保つことが出来れば、気持ちよく暮らせますよね。
トイレのパネルも家事ラクグッズのひとつ?
ラクしたい方はぜひご検討下さい(笑)

 

 

 

和室リフォーム|樹脂コーティングされた丈夫な畳にしてみる。

マンションのリビングに隣接している和室。
リフォームやリノベーションのご相談を頂く際、「和室はいらない」とおっしゃる方も多いです。
お子さんが大きくなられて家を出て行かれ、夫婦で住むのにそんなに部屋数はいらない、それよりリビングを広くしたい、とのご要望がほとんどです。
まだお子さんが小さく、これから中古マンションを買ってリノベして住まれる場合は、空間を仕切ったり繋げたり出来る和室のような空間があると、やっぱり便利です。

賃貸マンションや新築マンションなどに元から敷いてある畳はそれほど上等なものでないことが多く、劣化すると井草が服に付いたり、小さなゴミが増えたりと面倒なことが多くなります。
それが嫌で「畳はちょっと・・・」と思われている場合は、新種の丈夫な畳にされる手もあります。

スタッフ大坪の自宅も劣化した畳に悩まされ絨毯を敷いていたのですが、リフォームを機に「畳をやめようかな」と思いました。
ですが、布団を敷けば寝室になるし、仕舞えば広く空間を使うことが出来るし、
フレキシブルに使える和室はやっぱり捨てがたいな。と。
それに和室をなくそうと思うと、かなりコストがかかるのもネックでした。

そこで新種の畳 DAIKENの「健やかくん」を使ってみることにしました。
表面は機械すき和紙をこよりにして樹脂コーティングしてあり、汚れにくく、丈夫です。
カビの生えやすい過酷な条件下でも、ダニ・カビの発生はわずか、との実験結果もあるのでアレルギーが心配な方にも安心。
縁なしにすればモダンな雰囲気ですし、リビングの隣にあっても違和感がありません。

IMG_6806_3

先日インフルエンザになった息子の隔離部屋として重宝しましたし、和室をなくさなくてよかった!
と思いました。
将来的には照明をお洒落なペンダントにして、間仕切り戸を障子にしたい、と考えています。

syo-ji

広いリビングも魅力的なのですが、必要な時は仕切ることの出来るフレキシブルな空間がある家は便利です。
日本のマンション事情ではそれが「和室」という存在。
畳を替えたり、間仕切り戸や押入れの襖を替えてみることで、お洒落にすることが出来ますので、無くしてしまう前にどう使えるか、今一度考えてみて下さいね。

お施主様のライフスタイルを伺って、ピッタリ合うプランをご提案させて頂きます。
まずはご相談下さい!

 

 

一部屋を二部屋に仕切るリフォーム。コストを抑えたい場合は・・・

子供が個室が欲しいと言い出したんだけど、一部屋を仕切って二部屋にするいい方法はないですか?
というご相談をよく頂きます。
後から復旧できるように、なるべくコストをかけず、というご要望がプラスされることが多いです。

壁できっちり仕切ると綺麗に納まるので一番いい方法ではあるのですが、入口をもう一か所設けないといけないし、片方は窓があって片方は窓無しで暗い、なんて状況も発生しがちです。
廊下の壁紙まで貼り替えが必要になりますし、想像以上にコストがかかると思います。

一番コストがかからないのは、カーテンで仕切る方法。
もっとカッコよくされたい場合は、ロールスクリーンで仕切ったり、

ro-rusukuri-nn_2

ウッドブラインドもおすすめです。

uddoburainndo_2

あとは背の高い間仕切り家具を置くこと。

move_7_2

ライフスタイルやご予算にあったプランをさせて頂きます。
子供部屋のリフォームも工房住空間へぜひご相談下さい!

新築マンションのプチリフォーム。カーテンや家具も承ります!

今のお住まいのリフォームだけでなく、新築マンションをプチリフォームしたい、とのご相談も多く頂きます。
皆さん一番関心が高いのが、エコカラット。
リビングや玄関をもっと個性のあるお洒落な空間にしたい、
トイレや日当たりの悪い部屋の湿気が気になる、
との思いからご相談頂きます。

eco

エコカラットは、調湿効果、脱臭効果、有害物質吸着効果のある大変優れたタイルです。
タイルを貼ることでグレード感がプラスされ、お洒落でオリジナリティある空間を実現することができます。

弊社ではエコカラットだけでなく、あわせてカーテンや家具のご相談も承っております。
トータルで空間をコーディネートすることで統一感のある空間を手に入れることができるだけでなく、
床やドアはこんな色で壁のタイルはこうで、と行く先々で説明される必要もないですし、それぞれの納品の段取りをされる手間も省けます。

ka-tenn

現在新築マンションのプチリフォームをご相談頂いているY様とは、まずはエコカラット選定のため先日LIXILショールームに行ってきました。
次はカーテンのお打ち合わせで、カーテンショールムに、
その次は家具のお打ち合わせで、提携の家具ショールームに同行させて頂く予定です。

せっかくの新築マンション、快適で素敵な自分仕様の空間を手に入れたいですよね。
これから新築マンションにお引越しされる方も、ぜひご相談下さい!

IMG_0095_3

↑ リフォームとカーテン・家具・照明のトータルコーディネートをさせて頂いたS様邸

 

目指せ、ミニマムライフ!! 「雑誌」は紙派?電子派?

みなさん「雑誌」は紙の雑誌を買って読まれていますか?それとも電子雑誌を読まれていますか?

電子雑誌だと画面が小さいので紙の雑誌より読みづらいと思い、これまで紙の雑誌をずっと買ってきました。
それにソファにゆったり腰掛けて好きな雑誌をペラペラめくる時間て至福の時♪

でも慌ただしい毎日、なかなかそんな時間がとれないのが現状です、、
買ってきてすぐは読むのですが、それ以降は結構ほったらかしでもあります。
気付いたら次号が出て買って・・・でいつの間にか山積みになっている状態。
ファッション雑誌はシーズンが変わったらもうあまり必要なくなるので、資源ゴミ行きです。

IMG_1161_2

せっかくいい情報が載っているのにそれでは勿体ない!ということで、興味深いページは携帯カメラでパチリと撮ることにしましたが、結局その情報を携帯で見て活用している状況で、それなら最初から電子雑誌を読んだ方がいいのでは?と、最近ようやく気付きました。
読み放題プランにすれば、他の雑誌も読めますしね。

電子雑誌にすれば、雑誌を置くスペースはいらないし、資源ゴミに出す手間もいりません。
家の玄関からゴミ置き場まで重い雑誌の束を運ぶのは大変なので、それから解放されるのであれば少々読みづらいのは我慢できる気がします。

物を持てば、それを置く場所が要ります。
雑誌、本、新聞、それぞれが紙でなく電子になれば随分と場所をとらなくなりますね。
消耗されていく情報であればそれも有りかと思います。

リフォームやリノベーションされるお施主様のスッキリとした素敵な暮らしぶりに、刺激を受けることもしばしば。
こちらもお施主様から勉強させて頂いています。

今のお住まいをリフォームされるご相談を頂く際には、よく収納と物の量についてのお話になります。
リフォーム工事の間、物を別の所に移動して頂くことになりますので、物が多ければその作業も大変になります。
物を減らしてシンプルな暮らしに近づけるチャンスでもありますので、勉強させて頂いた知識や自分の実体験を元に、物を減らすためのアドバイスもさせて頂きます!

DSC_9182_2

 

リノベーションでキッチンを「コの字型」にしてみる。

寒い日が続きますが体調を崩されてはいませんか?
猛威を奮っているインフルエンザA型の波がスタッフ大坪家にもやってきました。
看病のため急遽休みをとることになり、打ち合わせの日程を変更させて頂いたお客様、すみませんでしたm(__)m
罹患した息子はお陰様でだいぶ元気になり、「バレンタインの日に休むだなんて・・・」と貰ったこともないくせに要らぬ落胆をしております(笑)
受験生のいらっしゃるご家庭では、この時期かなり神経を使われていることと思います。
春まであともう少し!家族の体調管理、頑張って下さい!!

さて、今日はキッチンについて。
マンションでも戸建てでも対面式のI型が主流ですが、リノベーションでコの字型にしてみられるのはいかがですか?

photo10-min_3

広島市中区O様邸では、海外製のコの字型キッチンを設置しています。

コの字型キッチンの利点として、作業動線が短いことがあげられます。
ちょっと手を伸ばしたら届く範囲に物が置ける、とれる、これは便利です。
特にコンロの両側にスペースがあると調理しやすいです。

l-class_plan_m_01_img_kv04_2

そしてインテリアとしての印象もスッキリしていて新鮮!

I型対面式の場合、フラットな対面だと油はねが気になるからちょっと、、とおっしゃる方も多く、

webapi-2_2

レンジフード部分に壁を造ることになります。

lacucina_plan_m_03_img_kv01_2

この形はごくごく一般的。
アレンジ次第でお洒落にすることはできますが、もっと「個性」が欲しい方には物足りないかもしれません。

SS_201006_035_03-p_l_2

レンジフードを壁側に配置すればリビングとキッチンを遮る壁を造る必要もなくスッキリ!
他と違うインテリアを楽しめます。

そんなコの字型キッチンのデメリットはと言うと、コーナー部分がデッドスペースになりがちなところ。
コーナーが物置きにならないよう、うまく使う必要があります。

換気扇ダクトや梁も絡んでくるので自由に決めることは出来ませんが、コの字型キッチンが可能な家であればご提案させて頂こうと思います!

 

リフォームで古い玄関ドアもきれいに|広島市中区マンション

先日リノベーション工事が完了した広島市中区の築40年のマンションの玄関ドアは、40年前のレトロな雰囲気。
レトロ感を生かしたリノベーションをすることもできますが、今回はキレイ目にリフレッシュ。

IMG_1056_3

マンションの規約で、勝手に個人が玄関ドアを取り替えることはできないので、玄関ドアはそのまま使用することになります。
外側もそのまま使います。

IMG_1057_3

内側は、ほとんどのマンションでシートを貼ったり塗装したりすることが認められています。
この現場では白っぽい木目のシートを貼ったので、外側とは全く違う雰囲気に仕上がっています。

IMG_1050_3

先月完工した築43年のマンションリノベーションでも同様の施工をしています。
古い玄関ドアも見違えるように綺麗にすることができます。
ぜひご相談下さい!

 

 

エコカラットのあるリビング|築40年マンションリノベーション

先日リノベーション工事が完了した築40年のマンション。
最近たまたま築40年台の物件が続きました。
いずれも施工を弊社にお任せ頂いた物件で、どの物件も建物の古さを全く感じさせない内装に仕上がっています。
今回の物件のリビングには、エコカラットを貼っています。

IMG_1054_3

こちらはエコカラットの「グラナスルドラ」という商品。
とても人気のシリーズで弊社の他の物件でもよく採用頂いています。

IMG_1053_3

ホワイトの「グラナスルドラ」は品があって、明るい雰囲気です。
深みのある石柄がアクセントになっています。

IMG_1039_3

1枚が小さめで細長く、リビングなどの広い空間では繊細な雰囲気を醸し出し、玄関やトイレなど狭い空間でも圧迫感なく空間を引き立たせる役割をしてくれます。
間接照明で照らすことによって凸凹の陰影が出て重厚感が増します。

DSC_2664_2

広島市T様邸玄関でもホワイトの「グラナスルドラ」を採用頂いています。

DSC_9701_2

広島市K様邸リビングにはグレーの「グラナスルドラ」。
写真ではホワイトにも見えますが、グレーなんです。
昼間の明るい時間帯に間接照明で照らすとこんな感じになります。

エコカラットは調湿効果、脱臭効果、有害物質吸着、お手入れ簡単な優れた建材です。
こちらからご提案する前にお施主様の方から「エコカラットを貼りたいんだけど」とご相談頂くパターンも多く・・・。
LIXILのショールームに展示もございますので実際にご覧頂くことができます。
エコカラットのご相談も、施工実績多数の工房住空間にぜひご相談下さい!

 

 

 

和室の「襖」。モダンなクロスを貼ったり、板戸にしてみる。

和室につきものの押入れ。
押入れには襖が付いています。
この襖が古めかしい雰囲気を醸し出していて、お洒落感とは程遠い原因になっていることも多く。。

IMG_0150_3

大掛かりなリフォーム工事をする場合は、壁を一部壊してクローゼット用の扉を付ければいいのですが、

DSC_9124_2jpg
西区 I様邸

あまり壊さず簡単にプチリフォームされたい場合、襖紙でなくクロスを貼られるとモダンな雰囲気になります。

photo01-min
安佐南区 I様邸

また、襖のかわりに新しくオーダーで板戸を造るという方法もあります。

DSC_9618_2
西区 N様邸

新しく造った板戸は仕上げに塗装をします。
写真のN様邸の引き戸はチーク色のオイルで塗装をしています。
色は自由に選べますので、もっと濃い色、薄い色の引き戸をお好みに応じて製作できます。

襖ゾーンが変わるだけでかなり雰囲気が変わります。
和室のプチリフォームもぜひご相談下さい!

 

 

 

 

セルフリノベーション|DIYを取り入れコストをおさえる。

せっかくのリノベーション、やるならなるべく妥協はしたくないですよね。
でもご予算内で全部を実現できない場合もあります。
そんな時、施工できる箇所はご自分で施工される「セルフリノベーション」はいかがですか?

工房住空間でも多くの施工例があります。

例えば、塗装。
特に木部のクリア塗装はそんなにムラが目立たないので素人でも簡単に出来ます。
今後お手入れされる際にも役立ちますのでぜひトライされてみるといいと思います。

photo05_2
S様邸

難易度は上がりますが、塗り壁。
狭くて目立たない箇所からはじめていき、慣れてきた頃にリビングを塗られるといい仕上がりになります。

DSC_8826_2
N様邸

施工方法はしっかりプロがレクチャーしますのでご安心下さい。
仕上がった時の達成感は感動ものでしょうし、自分でやったことで家への愛着も増しリノベーションの大切な思い出の一つになることでしょう。

まずは「こんな空間にしたい」というご要望をお聞かせ下さい。
決まったご予算があればお聞かせ頂き、どのへんまで実現可能かアドバイスさせて頂きます。

消費税増税も10月にせまってきています。
500万のリフォームだと10万円違ってきます。
2%の増加は大きいですね。
リフォームやリノベーションをお考えの方はお早めにご相談下さい!