整理収納についてアドバイスさせて頂きます!

スタッフ大坪、GWの長い休みを利用して「整理収納アドバイザー」の勉強をしてきました。
先日合格通知が届き、無事「整理収納アドバイザー2級」に認定されました!

IMG_2170_3

今のお住まいをリフォームされる場合も、新しい家をリノベーションされる場合も、物を一度片付け、戻す作業が必要です。
物が少なければラクですが、物が多ければ断捨離して減らすか、そのままの量でいく場合荷造りと元に戻す作業が大変です。

要る物か要らない物か選定し要らない物は処分する、という断捨離の作業は選択の連続なので結構疲れます。
その作業はリフォーム計画と同時進行になるため、家の内装決めと断捨離、両方で選択ばかりしているような日々になるわけです。

そんなお施主様のお力になれるよう、断捨離の仕方からリフォーム後の収納計画まで勉強してきました。
設計からコーディネート、整理法までご相談頂けます。
ぜひお任せ下さい!

リビングの収納。見栄えよく収納量をしっかり確保したい場合。

先日リビングの壁面収納のご相談を頂きました。
先にお電話で軽くお話を伺った雰囲気から、
リビングということなので、こんな感じをおすすめしようかな、

564ee8b74626e_2

はたまた、こちらのイメージかな、

800__pana01_2

などと想像しながらご自宅へ伺い詳しくお聞きしたところ、

お悩みは、背の高いものを収納できるところが家の中のどこにもない!そのスペースを確保できるのはリビングだけなんだけど、使い勝手よく見栄え良くできないものか、というものでした。
クローゼットも押入れも、梁や枕棚が邪魔して確かに背の高いものを収めることができないのです。
そういった場合は既製家具も合わないでしょうし、オーダーで造るほかありません。

DSC_7597_2

ざっくりとした「物入」を造って、好きなように使って頂く方が収納量をしっかり確保でき、さらに家具を造るよりコストがかからないので、よりご要望に沿うのではないかという結論に至りました。
物入だけでなくテレビ台も必要なので、新しい物入の隣にオーダーでテレビボードを造る、というプランです。

これから図面を作成し、見積もりさせて頂きます!
ご要望+αで、リフォームがちょっとだけ楽しくなるようなご提案も考えています♪

フライパンの収納、どんな風にされていますか?

普段ネットで買い物することが多く、目的もなくお店の中をフラフラすることはほぼ無いのですが、
先日カインズで待ち時間が発生したため珍しくフラフラしていたところ・・・
フライパン用のいい収納グッズを見つけ、ずっと気になっていたフライパンゾーンの収納が一気に解決しました!

FullSizeRender_3

FullSizeRender_b_3

決め手は長さや間隔を調整できる所。
素材はアイアンでちょっとお洒落だし、黒だから汚れが気にならないところにも惹かれ・・・。

本当はブックスタンドを使ってこんな風にしたかったのですが、

6fe97811366327ca1d280fe225511be6ae9843cf_2

どのサイズのブックスタンドを買ったらいいか、引出しやフライパンのサイズを測らなければいけないのに、それが出来ていないからなかなか買えなかったんですよね。
自由に長さや間隔を調整できるこのタイプなら事前の採寸も要らず、思い立ったら即実行できるところがよかったです。

FullSizeRender_3

効率よく収納したいけど、事前の採寸などが面倒な方はとりあえずこういうタイプ、おすすめです!
そして目的がなくてもホームセンターをウロウロすると新たな発見がありますね。
おかげでストレスを感じることなくフライパンを出し入れできるようになり、より快適なキッチンになりました。

キッチンをリフォーム・リノベーションされた際には、収納から見直すいい機会です。
ご参考までに♪

キャンプもお洒落に♪・・・キャンプグッズの収納はどうする?

昨日は友人家族とデイキャンプに行ってきました。
キャンプ場は木陰も多くて涼しく、外で過ごすのにもいい季節になりました。

IMG_7220_2

子供達がしゃぼん玉をフワフワしている横には、ハンモックでゆらゆら読書&お昼寝されているカップル、その向こうにはせっせとクッキングされている老夫婦と、
老若男女がそれぞれの過ごし方で満喫されているキャンプ場には、ほっこり・ゆったりした空気が流れていました。

キャンプも心地よく過ごすためにはいろいろグッズを揃えていく必要がありますが、こだわって選んでこんなお洒落キャンプが出来たら最高です♪

↑お洒落キャンプイメージ写真
↑お洒落キャンプイメージ写真

でも、狭いマンション暮らしの我が家には、それらを揃えても置くスペースがない! 泣
いかにコンパクトに折りたためて収納しやすいかが最重要ポイントという悲しい現実、、
本当はこっちが欲しいのに~~と諦めることもしばしばです。

マンションの場合、家の玄関から駐車場まで距離がある場合も多いですよね。
車への積み込みなど、準備や片付けが簡単にすむよう考えると、コンテナなどにグッズを一まとめに入れてひょいと持ち出すだけにすれば効率的ですね。
家の中(もしくはベランダ?)ではコンテナ分だけ収納スペースを確保すればいいということにもなります。

img1_2

アウトドアなキャンプではありますが、家と密接な関係がありますね。

リフォーム・リノベーションされる際は、趣味趣向をお伺いしてどんなテイストがお好みかだけでなく、収納スペースを確保しなければいけない趣味の道具をお持ちかどうかなど、しっかりヒアリングしていきます。
ぜひご相談下さいね!

リビングの収納|広島市中区マンションリノベーション

広島市中区K様邸では、リビングにデスク&吊戸棚のオーダー家具を造りました。

DSC_9694_2

本や書類などを全てリビングに収めたい、デスクやテレビも置きたい、とのご要望でした。
L型の吊戸棚の長辺側が約4メートルありますので、かなりの量の本や書類を収納することができます。
扉で隠れている部分にはギッシリ収められていますが、オープンになっているゾーンは余裕を持たせて置いておられるのでスッキリした印象ですね。

IMG_5312_2

扉はスライド式で左右に動かすことができます。

DSC_9701_2

デスクの左横にも新しく収納を設けています。
こちらには家電など大きめな物が収められています。
たっぷり入るので余裕があるほどだそうです。

従来のマンションでは、リビングに大きな収納があるような間取りはなかなかないのが現状で、家電を収めることができるのは和室の押入れやクローゼットの中ですよね。
扇風機や暖房器具は結構大きいので場所をとります。
布団や服でいっぱいなのに家電まで・・・パズルのような収納術が必要かもしれません。

リフォーム・リノベーションされる時は、全てのものをスッキリ収めることのできる「収納」をしっかり作りましょう。
物が多い方はその前にある程度断捨離も頑張りましょう! 笑

K様邸の詳しい施工例の紹介はこちら

 

押入れのリフォーム|広島市西区マンションリフォーム

広島市西区S様邸では、和室を洋室へリフォームしました。
和室に必ずと言っていいほどある「押入れ」。
ほとんどの方がそこに布団を収納されています。

畳に布団を敷いて寝ていたけど、洋室にリフォームするからベッド生活へ!
というパターンでも、来客用の布団だったり、シーズンオフの掛け布団があって、やっぱり布団を収納できる「押入れ」は残したい。
でも布団の量は減るし、そもそも押入れって布団以外を収納するには使いづらいですよね。

広島市西区S様邸では、来客用の布団とシーズンオフの掛け布団をしまうスペースだけ押入れ型にし、

IMG_6156_3

残りのスペースは天井まで可動棚を設置しました。

IMG_6153_3

ここにシーズンオフの家電などを収納される予定です。

押入れの奥行きは80cmですが、可動棚の奥行きは使いやすいよう50cmにしました。
そうすると手前に30cmほどスペースがあいてしまいます。
そこは、室内物干しの竿やポールを置いたり、掃除機を置いたりして活用される予定です。

IMG_6155_3

収納用建具は三枚引き戸。

IMG_6151_3

折れ戸の場合、開いた時左右に寄せられた戸が邪魔に感じられますが、三枚引戸だと扉二枚分はオープンになるので使いやすいかと思います。