「グレー」をアクセントに使う。

男っぽい粗野な雰囲気のインテリアが流行っています。
住宅でも店舗でも床や壁がモルタル素地仕上げだったり、アイアンやステンレスなど無骨でインダストリアルな雰囲気のものを使った空間が多くなりました。
その流れから工房住空間でも「グレー」をインテリアに用いる機会が増えています。

こちらからの提案の場合もありますが、お施主様の方から進んで選ばれるパターンの方が多いように思います。

今日は「グレー」をアクセントとして用いた事例をいくつかご紹介しますね。

DSC_9182_2

広島市国泰寺I様邸はリビングの壁の一面がグレーのアクセントクロス。
写真ではわかりづらいですが、織物調のクロスなので温かい雰囲気です。
薄いグレーのソファとの濃淡が素敵ですね。

DSC_2586_2

広島市千田町T様邸はグレーのタイルを一面の壁に貼り、キッチンの天井にグレーのクロスを貼っています。
焼きムラがあって陰影のあるタイルが、シンプルでありながらも高級感を醸し出しています。
天井のグレーはカップボードのウッドとの相性がよく、都会的な雰囲気です。

IMG_6149_3

広島市井口台S様邸は、キッチンカウンターのある壁全体にグレーのクロスを貼りました。
キッチンカウンターのあるこういった壁は中古マンションでは定番です。
カウンターが壁から出っ張っているとありきたりな印象になりますが、カウンターの面と壁の面を合わせ、アクセントクロスを貼ることでキッチン周辺の間取りは変えなくてもイメージチェンジすることができます。

DSC_9079_2

広島市住吉町T様邸は、廊下の天井にグレーのクロスを貼りました。
玄関床タイルのグレーと天井のグレーがリンクしてより洗練された空間になりました。

リノベーション工事着工中のK様もグレーがお好きで、リビングのアクセントはクロスもタイルも「グレー」です。
出来上がりましたらまたご紹介させて頂きますね!

 

室内窓|広島市中区マンションリノベーション

現在計画中の広島市中区のマンションリノベーションでは、お一人住まいということで、広いリビングと隣に寝室、あとはウォークインクローゼットと水廻りという間取りで計画が進んでいます。
ほとんどの時間をリビングで過ごされるわけですから、寝室は近い方が暮らしやすいかと思います。

FullSizeRender_2

ですが、リビングから寝室が丸見えなのも来客があった時ちょっとね・・・となりますよね。
リビングとの境界線をゆるく、でも見え過ぎないように、

そこでよく提案させて頂くのは、壁で仕切って室内窓を設けるプラン。

a98a176f5d01a2ce708eba1582870f55_2

ガラスを擦りガラス風にして中を見えにくくすることもできます。
光を通してくれるので明るく、また隣の部屋と繋がりを持たせることで広く感じられます。

開閉できる窓にすれば風も通るので快適です。

DSC_9079_リノベーションtop

DSC_9089_2

広島市中区T様邸では、土間と洋室の間の壁に室内窓を設けました。
風も光も通り、また外からの視線も遮ることが出来ています。

現在計画中のリノベーションプランでは、窓の向こう側にカラーのアクセント壁をもってきて、リビングから窓越しにアクセント壁が見えるというプランです。
長い時間を過ごすリビングには思いつかない色でも、窓越しで寝室なら、ちょっと違った雰囲気のカラーを選ぶことができるかもしれませんね。

 

お客様インタビューをアップしました。

お客様インタビューを更新しました。
都心にある築15年のマンションを、土間と室内窓のあるカフェ風の家にリノベーションしました。
素敵な空間に仕上がっています。
ぜひご覧下さい!

広島市中区住吉町T様インタビュー

dsc_9079_400

レトロなスイッチ|広島市中区マンションリノベーション

広島市中区T様邸マンションリノベーション工事では、スイッチもこだわって選んで頂きました。

dsc_9144

T様邸のカフェ風インテリアにぴったりです。
ちょっとした部分ではありますが毎日よく使う箇所なので、お洒落なスイッチにすることで、リノベーションした満足感が一層増すように思います。

76614cab307198033c6540d497619908

こんなのもありますよ。
ぜひスイッチも手を抜かずお洒落にリノベーションして、素敵な空間を手に入れましょう。

濃紺のドア|広島市中区マンションリノベーション

広島市中区T様邸では、洋室やトイレ・洗面などのドアは既存のままで、リビングドアのみ新しく造り替えました。

dsc_9149

新しくドアを造る場合、既存のドアに合わせたデザインの既製のドアを探すか、
既存のものに合わせてソックリのものをオーダーで造るか、
全く別のデザインで、既存のものと相性のいいものを造るか、
迷うところですね。

T様邸では、ミディアムに近いナチュラルウッド色の既存のドアと相性のいい濃紺のドアを造りました。
デザインもガラスもドアノブもすべて選んで頂いたオリジナルのドアです。

dsc_9157

ナチュラル色のドアに対してメリハリが効いていていい組み合わせですね。
リビング空間のアクセントにもなっています。

フレンチっぽくしたい場合は、白もいいですよ。

こちらは広島市安佐南区Y様邸。
詳しくはこちら

ドアもいろいろです。
ご予算、お好みに合ったドアをご提案させて頂きますのでぜひご相談下さい。

 

 

土間と窓|広島市中区T様マンションリノベーション

マンションリノベーション工事をさせて頂いた広島市中区T様邸へインタビューと写真撮影に行ってまいりました。

dsc_9079

土間と廊下の写真です。
素敵ですね。

自転車も置ける土間は新築マンションにはない間取りで、リフォーム・リノベーションの魅力の一つです。
T様邸は、土間と廊下の床をフラットにしています。
上がり框がないところが欧米の住宅風。

この土間はもともと洋室だった部分ですが、その洋室の窓は掃き出し窓で、マンションの外廊下から中が丸見え、、、
丸見えの窓から土間を挟んで新しい窓を設け、通風や採光だけでなくプライバシーも確保することができました。
室内窓があるだけで雰囲気が出ますね。

廊下の天井を土間の床と同じようなグレーにしたところもポイントです。

インタビューの内容と全体の写真は近々アップさせて頂く予定です!
お楽しみに♪