ホテルのような洗面コーナー|N様邸リノベーション

タイ・バンコクのホテルをイメージしてリノベーション計画を進めたN様邸の洗面コーナーは、重厚感のある雰囲気に仕上がっています。

DSC_8696_2

カウンターや入口の扉は本物のウッドですが、壁はウッド柄のビニールクロス。
太陽光の入らないマンションの洗面室では、柔らかい電球色の灯りをセレクトすればプリントされたウッドもまるで本物のように見えます。

DSC_8703_2

洗面器やミラー、クリアな小物置きなど細かい部分もこだわって選ばれました。
特に、洗面器に合わせた丸いミラーが印象的。
洗面コーナーの印象を決める重要な役割をしています。

広島市南区N様邸の詳しい事例紹介はこちら

着替えをする部屋の床は、冷たくない方がいい!!

みなさん、お出掛け前の着替えはどこでされていますか? 大きなクローゼットに衣類を収納されていて、その周辺で着替えをされるパターンが多いのではないでしょうか。 大きなクローゼットというと、ほとんどが主寝室にあるので、主寝室で着替えをされることが多いということになりますね。

DSC_1937_2 広島市佐伯区T様邸

スタッフ大坪の自宅でも洋室にあるクローゼットに衣類を収納しており、そこで着替えていました。 着替える時はいったん裸足になるので、床がフローリングだと冬は冷たいです。 最初クローゼット前だけカーペットを敷いていたのですが、だんだんズレてきてその度に直すのが面倒なのと、冬はとても冷えることもあり、結局部屋中にカーペットを敷き詰めました。 それでその部屋の中では裸足でどこまでも移動できるようになったのですが、これが結構便利! あ、あれがない・・・と取りに行ったり、何だかんだで裸足のまま動き回ることが多いので、ストレスなく支度が出来るようになりました。

DSC_1033_2 広島市中区I様邸

リフォームやリノベーションで、ウォークインクローゼットを造りたい、とのご要望を多く頂きます。 もしウォークインクローゼットの中に衣類を収められ、その周辺でお出掛けの支度をされるのであれば、床はカーペット敷がおすすめです。 アレルギーなどの関係でカーペットが敷けない場合は、パイン系の柔らかい無垢材のフローリングであればそんなに冷たくないのでオススメ。

DSC_8709_2 広島市南区N様邸

また、和室をウォークインクローゼットにしてしまえば、床をフローリングに替えることなく畳のままでOKということになります。 床をフローリングに替えなければ、コストもあまりかからないですし、ダニやカビが発生しにくい新種の畳であれば耐久性もあります。 既存の押入れにハンガーパイプを取り付けて、襖もそのまま使えばそこでもコスト削減。 その浮いた費用を水廻りの設備充実に充てることが出来ます!

photo12

広島市安佐南区Y様邸は、元和室をウォークインクローゼットにしています。(床はクッションフロア)

photo11-min

リビングから見るとこんな感じです。 採光のための小窓がアクセントになっています。

ウォークインクローゼットが欲しい方はどこに造るか、何を収められたいのかでオススメの仕様が違ってきます。 まずはご相談下さい♪

セルフリノベーション|DIYを取り入れコストをおさえる。

せっかくのリノベーション、やるならなるべく妥協はしたくないですよね。
でもご予算内で全部を実現できない場合もあります。
そんな時、施工できる箇所はご自分で施工される「セルフリノベーション」はいかがですか?

工房住空間でも多くの施工例があります。

例えば、塗装。
特に木部のクリア塗装はそんなにムラが目立たないので素人でも簡単に出来ます。
今後お手入れされる際にも役立ちますのでぜひトライされてみるといいと思います。

photo05_2
S様邸

難易度は上がりますが、塗り壁。
狭くて目立たない箇所からはじめていき、慣れてきた頃にリビングを塗られるといい仕上がりになります。

DSC_8826_2
N様邸

施工方法はしっかりプロがレクチャーしますのでご安心下さい。
仕上がった時の達成感は感動ものでしょうし、自分でやったことで家への愛着も増しリノベーションの大切な思い出の一つになることでしょう。

まずは「こんな空間にしたい」というご要望をお聞かせ下さい。
決まったご予算があればお聞かせ頂き、どのへんまで実現可能かアドバイスさせて頂きます。

消費税増税も10月にせまってきています。
500万のリフォームだと10万円違ってきます。
2%の増加は大きいですね。
リフォームやリノベーションをお考えの方はお早めにご相談下さい!

 

オーダーメイドユニットバス!アイテムを自由にセレクト可能。

広島市N様邸では、ホテルのようなバスルームを実現されました。

DSC_8678

床だけでなく壁や浴槽まわりもタイル貼り。

DSC_8690

オーバーヘッドタイプのシャワーが外国のホテルのようでお洒落です!

DSC_8674

ドアもドア横の壁もガラス張りで素敵 ♪

こちらは完全オーダーメイドのユニットバスです。
床材、壁材、天井材、浴槽、水栓金具他、全てを自由に選んで組み合わせることができます。
N様邸ユニットバスが約400万円(消費税・施工費込)。
自分仕様の浴室を手に入れたい方にはオススメです!

デザインユニットバスのご相談は工房住空間まで。

 

N様邸の詳しい事例紹介はこちら

 

 

 

 

セルフリノベーションで漆喰塗装されました!プロも顔負けの腕前♪

広島市南区N様邸の壁は調湿効果のある漆喰。
この壁はセルフリノベーションでお施主様が施工されました。

DSC_8651_hp-1024x599

梁など角がある部分は凸凹感がよく出ていて、塗り壁らしい味のある仕上がりになっています。

DSC_8604_hp-1024x599

壁は塗りやすいのですが、天井は大変なのでビニールクロスをおすすめしました。
壁面がこれだけあれば、壁面だけで十分調湿効果は得られるかと思います。
はじめて塗られるのであれば、天井は無理をしないでラクな方法をとられた方が無難です!

DSC_8725_hp-1024x599

LDKだけでなくウォークインクローゼットや、

DSC_8749

玄関・ホールも。
N様広い範囲を本当にお疲れ様でした!!
最後はプロも関心するほどの腕前になっておられました^^

セルフリノベーションで塗り壁にチャレンジされる時のコツとして、まずは洋室などのあまり目につかないゾーンから始めるといいです。
だんたん慣れてうまくなっていきますので、リビングは最後に!

はじめてで出来るかどうか不安・・・という方も多いと思います。
プロがきちんとお教えしますので、ご安心下さい!
材料もおすすめのものを提案させて頂きますし、「塗る」ことだけ楽しんで頂くことができます。

セルフリノベーションの一番のメリットはコストを削減できること。
「施工費」が浮きます。

またご自分で施工されることにより、家への愛着もより一層わくことでしょう。
壁を見ながら「これ塗った時大変だったけど、楽しかったなぁ」なんて思いながらホッと一息、なんて素敵な時間です。
プロによるリフォーム・リノベーション工事とDIYを融合させることも可能です。
ぜひご相談下さい。

N様の詳しい施工例はこちら

「セルフリノベーション」塗り壁をDIYで。その他はプロにお任せ。

空前のDIYブーム?!でホームセンターやネットショップにはお洒落な材料が豊富に揃っています。
ワークショップで作り方を教えてもらえたり、作る場所や工具を貸してもらえたり。
そんな背景もあってか、お施主様がご自分で施工されるセルフリノベーションが注目されています。

IMG_1148-300x225

今まで工房住空間でお請けしたリフォームやリノベーション工事の中では、壁や床の塗装をご自分でされる、というパターンが一番多くありました。
それは前提に「自然素材を取り入れたい」というご希望があってのことなのですが、自然素材はやっぱりちょっとコストがかかってしまうんですね。
全部自然素材にするのは予算的に無理・・・となった時、コスト調整の方法として「セルフリノベーション」という選択が出てくるわけです。
もちろんコスト面だけでなく、自分でやってみたい方、家づくりに参加することでより愛着を持ちたい方、家族の思い出づくりなど、それぞれいろいろな理由で「セルフリノベーション」を選択されました。

IMG_1150-300x225

やり方はこちらで丁寧に指導させて頂きますので、ご安心下さい!
「セルフリノベ-ション」のいい所は、自分の好きな「具合」にできる所。
塗りの厚み、コテの使い方から仕上がった時の模様などを好きに調整できます。

DSC_8805_2

広島市南区N様は、塗り壁をご自分で施工されました。
プロも関心するほどの仕上がりです!

DSC_8600_2

広島市南区N様邸の詳細はこちら

 

DIYで漆喰を壁に塗ってみる! その時天井は?・・・おすすめの方法

壁はDIYで漆喰を塗ってみよう!と決心されたところで、さて、天井はどうする?となりますね。
天井は上部への施工なので、壁のようにはいかないです。
素人では結構大変な作業と言えるでしょう。

こんな時、天井について工房住空間がおすすめしている方法は、「塗り壁クロス」を貼るという手法です。

DSC_8556_eye

このおすすめのクロスは表面に珪藻土などの塗り壁材が塗布されている機能付きクロスで、塗り壁材をコテで直接壁に塗るほどの厚みはありませんが、ビニールクロスとも明らかに質感が違います。
壁面が塗り壁であれば、天井がこの塗り壁クロスでも、しっかり自然素材からの恩恵は得られます。

この方法で、コストだけでなく工期も大幅に圧縮できます。
これまでの経験から、これが弊社の一番おすすめの手法です。

漆喰壁 N様邸ではDIYでお施主様が塗られました

建材や塗料、接着剤などに使用されている揮発性の化学物質、
規制が厳しくなり少なくなったとはいえご心配な方もいらっしゃるかと思います。
なるべく自然なものを取り入れたい、そういったご要望は多く頂きます。

化学的に大量生産されている建材は、コストが安くデザインも豊富で使いやすいものが多く魅力的。
デザイン・使いやすさは譲れたとしても、残るコストについては、譲りたくても譲れない、という部分もあるでしょう。

そんな時はお施主様がDIYされればコストを抑えることができます。
素人では難しい部分はこちらで施工させて頂き、途中からお施主様が施工される、というパターンを多くとらせて頂いています。

広島市南区N様邸は、壁の漆喰塗りをお施主様が施工されました。

DSC_8629_2

自然素材の壁を予算内で手に入れることができるだけでなく、
ご自分で施工されたことによって新しい空間により愛着が湧いたり、いい思い出になった、と皆さんおっしゃいます!

次回は、天井についておすすめの工法をご紹介させて頂きますね。

 

 

 

 

無垢フローリングの材質

無垢フローリングとは、スライスや鋸挽きした板材(紙のように薄いものを含む)を重ね合わせた複層フローリングではなく、断面を見て単一の木材から出来ているものです。
天然ものにほとんど加工を加えない製品であるため、自然な素材です。
合板フローリングには出せない「本物感」「風格」があります。

無垢フローリングも、材質によって雰囲気や強度が変わってきます。

photo01

東広島市K様邸は、「杉」の無垢フローリング。
足への当たりが優しく、温かみがあることから非常に快適性が高いです。
ただ、やわらかいため傷やへこみのつきやすさがありますが、無垢なら歳月と共に馴染み、むしろいい雰囲気になります。

DSC_2138

広島市佐伯区N様邸は「オーク」材。
洋酒の樽や船の材料として使われてきたオークは、高い耐水性と耐久性が特徴です。
木目がはっきりと美しく、洗練されて落ち着いた雰囲気になります。
硬さがあるので、傷の気になる方にもおすすめです。

photo05

広島市西区S様邸は「パイン」材。
針葉樹のパインは、温かみ、やわらかな足触り、節のある点などが杉と同じ。
欧風のインテリアによく似合い、リーズナブルなことからも、非常によく使われるメジャーな素材です。

DSC_8651_hp-1024x599

広島市南区N様邸は「パドック」材。
重厚で強靭で、耐久性が高く、赤い色味が特徴的です。

雨の多くジメジメした梅雨や蒸し暑い夏には、さらっとした肌触りの無垢フローリングを裸足で歩くと気持ちいいものです。
自然素材を取り入れたマンションリフォーム・リノベーションは、経験豊富な工房住空間へお任せ下さい。

ホテルのような洗面コーナー|広島市南区マンションリノベーション

広島市南区N様邸は、リノベ前と後で洗面コーナーが大きく変わりました。

nakamura_senmen_before

もともとは、よくある洗面化粧台が置いてありました。

nakamura_senmen_after

リノベ後は、外国のホテルのような洗面コーナーへ。
洗面ボールや水栓金具、ミラーや棚まで、こだわり抜いて選ばれたものです。

壁はフェイクのクロスですが、本物のウッドのようです。
窓がなくて太陽光の入らない空間では、照明の具合でフェイクをより本物っぽく見せることができます。

まるでホテルで暮らしているかのような毎日でしょうね。

年末年始は12/29~1/5までお休みさせて頂きます

2016年もあと3日になりました。
毎年のことですがクリスマスが終わるとその後が早いですね。
年賀状早く出さなければ 笑

工房住空間は今日が仕事納めということで、年末の大掃除をしております。
今年お手伝いさせて頂いた物件の資料やサンプルの整理、古いカタログの整理など・・・
いろんな現場のことを思い出しながらの作業です。

工房住空間は今年もいいご縁に恵まれ、沢山の素敵な空間づくりのお手伝いをさせて頂くことができました。
来年もお施主様に喜んで頂けるよう邁進していきますのでどうぞよろしくお願い致します。

年末年始休暇 12/29~1/5

dsc_8651_hp_renovation_top

dsc_9600_mansionreform1

「RENOVATION & DIY」に掲載されています

資金計画から物件探しまで、リノベのすべてを網羅している雑誌「RENOVATION & DIY」に工房住空間が掲載されています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3_2

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3_3

初心者のためのリノベーションマニュアルをはじめ、
広島の最新リノベーション実例、DIYのある暮らし、照明空間学、家具リノベーションなど、
リノベーションをお考えの方には大変興味深い内容になっています。
ぜひご覧になってみて下さい。