そろそろ内装リフォームしたい。どこまでやろう?と悩みますね。

住み始めて10~15年位経ってくると、壁などのクロスの汚れやクッションフロアの汚れなどが気になってくると思います。
クロスを貼り替えるには、荷物を移動させないといけないし、施工中は別の部屋か外に避難して頂かないといけないし、結構負担は大きいです。
クロスを貼り替える職人さんと洗面やトイレの床を貼り替える職人さんは同一であることも多いので、クロスを貼り替えるなら洗面・トイレの床も一緒に貼り替えた方がお得。

DSC_1899_2
広島市佐伯区T様邸

さらに、水廻りも気になってくる頃ではないでしょうか。
トイレは古いより新しくて綺麗な方がいいし、最新の節水タイプやタンクレス仕様、掃除のしやすいトイレにも惹かれますよね。
床材の貼り替えは、便器がある状態でも出来ますがない状態の方が綺麗に仕上がります。
ではついでにトイレも替えようか、となるパターンも多いです。

DSC_5211_2
広島市西区O様邸

トイレを設置する職人さんと洗面台を設置する職人さんが、また同一なのでトイレを替えるならついでに洗面も替えるとお得。
床材や壁材も貼り替えるし、洗面台も替えて洗面室全体一新です!

DSC_9754_2
広島市中区K様邸

となると、結構な規模のリフォームになりますね。
でもリフォーム工事をする場合、管理会社にリフォーム申請をし、エレベーターや通路などの養生をします。
養生費用も別にかかりますので、出来るだけ工事はまとめてやった方が費用の面でも精神的・肉体的な負担の面でも効率的です。
家の中で気になる部分がもしあれば、どのタイミングで、どこと一緒にリフォームするか、計画的に考えていきましょう。

とりあえずここを先に何とかしたい!というご要望も遠慮なくご相談下さいね。
他と絡む部分でなければ、費用や負担の効率に関係なくリフォームできる場合も多々あります。

リフォームでキッチンのフロアを替える。お好みの床材は?

水や油などが飛び散りやすく、劣化しやすいキッチンの床。
ほとんどの新築マンションでは、キッチンもリビングと同じフローリング材です。
劣化を防ぐためにキッチンマットを敷かれる方も多く見受けられます。
特に必要なのはシンクまわりとコンロまわりなので、I型キッチンではキッチンの幅いっぱいの長さのマットが必要ですね。
L型キッチンだと二枚をL型に置くようになります。
サイズが合ってさらにデザインの気に入るマットを探すのって結構大変!
せっかくお洒落なキッチンにしても、マットがイマイチだと台無しです。
洗濯やズレ防止対策が必要なのもちょっと煩わしい、、

でも、キッチンマット無しで過ごせる床材にすればそんな問題も解決です!
お洒落なのはタイル張りの床。

DSC_1896_2

広島市中区K様邸ではグレーのタイルを張りました。

2R1A2566_2

こんなラフな雰囲気のタイルであれば、ちょっとした汚れも気にならないと思います。

DSC_9600_2

広島市西区N様邸は、ヒヤっと感じにくい「サーモタイル」。
実際にお使いになられているN様は「本当に冷たくない!」と絶賛されています。

DSC_5281_2jpg

広島市西区O様邸は、塩ビタイル貼り。
タイルほどコストがかからず、クッションフロアより高級感があります。
手を滑らせてお皿を床に落とした時、タイルだとお皿が割れてしまいますが塩ビタイルなら割れにくいと思います。
おっちょこちょいな方、小さなお子様がいらっしゃる方は、塩ビタイルの方が安心かもしれません。

リフォームの際はシステムキッチンを替えるだけでなく、床も見直してみましょう。
キッチンのみのリフォームもお気軽にご相談下さいね!

 

広島市西区O様「お客様インタビュー」UPしています!

O様邸に伺ってインタビューさせて頂いたのは確か夏だったと思います・・・。
西日本豪雨の後で「大丈夫でしたか?」なんてお話をした記憶が・・・。
お待たせしましたが、ようやくO様のインタビューをUPしました!

とてもシンプルに仕上がったO様邸。

DSC_5294_2

O様のスッキリと洗練された暮らしぶりに触れ、とても刺激を受けました。
物を増やす時は、それが本当に必要かどうかよーーく吟味して増やすそうです。
そうですよね、そうしないと増えていく一方。
一つ一つ本当に必要なものだけを増やしていくことで、生活もシンプルになり、無駄のない効率的な暮らしをしていけるようになることに気付かされました。

今回リノベーションの計画途中に、一時ご夫婦の仲が険悪になられた、とのこと。
お互い「いいものを創ろう」という思いが強く、ぶつかることもあったそうです。
でも今は「快適すぎる~!」とお幸せそうで、安心致しました(笑)

O様のインタビューはこちら
O様邸の施工例はこちらです。

観葉植物を素敵に配置されていました|O様邸マンションリノベ

広島市西区O様邸は、観葉植物をとても素敵に配置されていました。

DSC_5333

リビングや、

DSC_5356

キッチンの棚、

DSC_5399

キッチンの床にも置かれていました。
植物や鉢のセレクトがお洒落ですよね!

植物を置くと、空間がやわらかく優しくなります。

DSC_5322

ベランダで植物を育てる場合、窓から見える位置に置けばインテリアの一部になりますね。

我が家もベランダでいくつか育てていますが、最近ユーカリを枯らしてしまいました。
寒さが悪かったのかもしれません・・・。
植物があることによって癒されるだけでなく、気候の変化を敏感に感じ取ったり、
鉄筋コンクリートで囲まれたマンションにおいて、自然を感じることができる貴重な存在であることに気付かされます。

今はウォークインクローゼット、将来は子供部屋|O様邸リノベ

広島市西区O様邸は、大きく間取り変更はしないリノベーション計画でした。
洋室はほぼそのままでしたが、自転車の置ける広い玄関を実現するために、洋室の一部を玄関に取り込みました。
よって洋室が少しいびつな形に。

DSC_5171_2

玄関にスペースを分けてあげたとしても、十分広い洋室です。
今はウォークインクローゼットとして使われ、将来はお子様の個室として使われる予定です。

DSC_5177_2

壁には一面だけアクセントクロスを。
さわやかですね。
水色は子供部屋にはおすすめのアクセントカラーです。

男の子はグレーや黒を合わせてかっこよく。
女の子は赤い小物を取り入れて可愛らしく。
壁紙づかいでコストを掛けずに簡単にお洒落にすることができるので、アクセントクロスはぜひ取り入れてみて下さい。

 

photo by 岸副正樹

ハンドルでドアの印象が変わります|広島市O様邸リノベーション

広島市西区O様邸のドアはシンプルな白。
黒いハンドルを選ばれ、かっこいい印象です。

DSC_5428_2

ハンドルのバリエーションは沢山あります。

smje1-01_handle_2

デザインだけでなく、握りやすさも大事。

ちなみに私の家はA3型に近く、角はもっとシャープ。
かっこいいのでデザインは気に入ってますが、ぶつかった時痛いです 笑

 

ディスプレイコーナーがあるっていいですね|マンションリノベ

リノベーション工事させて頂いたO様邸は、廊下からリビングに入ったばかりの両サイドの壁がディスプレイコーナーになっています。

DSC_5431_2

お子様の絵本が入っている木箱の上には、写真やレコード・グリーンなどが飾られていて、

DSC_5424_2

その向かいの壁には、アーティストの絵やお子様の絵が飾られています。

毎日何度も通る所だし、来客も必ず通る所なので、必ず目について眺めます。
ディスプレイのし甲斐がある場所ですよね。

飾りたい物が重い額縁やミラーの場合は、飾るために壁に下地を入れたり、ピクチャーレールを取り付けたりする必要がありますが、
そう重くないものでしたら、専用の金具を使えばどこでも飾ることが可能です

ガラスの透明感と真鍮の素材感がきれいなペンダントライト。

リノベーション工事をさせて頂いた広島市O様邸では、ダイニングのペンダントライトもご用意させて頂きました。

DSC_5314_2

工房住空間では人気のペンダントライトです。

透明ガラスシェードにクリアの電球。
ガラスは1点1点手吹きで作られていて、気泡があったり、厚みに自然なムラがあって温かい雰囲気。
灯具部分は真鍮で、年月とともにくすんだ風合いに変わります。

DSC_5411_2

他に乳白ガラスタイプもあります。

IMG_9227_3

K様邸で採用頂きました。

小ぶりで控えめですが、素材感が美しいペンダンントライトです。

15,800円(税抜・電球別途)
と、お手頃価格なところも可愛らしいです。

スッキリとした洗面室。シンプルな既製の洗面台をお洒落に。

広島市O様邸の洗面室は、無駄なものを省いたとてもシンプルな空間です。

DSC_5208_2

洗面カウンターはパナソニックの既製の洗面台をセレクトされ、とてもスッキリと使われています。
歯ブラシの置き方について「悩みますよねー!」という話になりました。
歯ブラシスタンドはどんなタイプがいいのか、いろいろお店で見られて悩んでいらっしゃる模様。。

stanhaburasi-image_2

ステンレスの立てるタイプだと、物によるとは思うんですが錆びてしまって・・・という話をさせてもらって、

1173-270712-r1_2

吸盤タイプだと、鏡しか付けれる所がないから汚れますよね鏡が・・・となり、

4549738912620_02_400

下にプレートを置いてのスタンドタイプ気になりますよね、というお話に。

お掃除が絡んでくるので見た目だけで決めるわけにはいきません!
いかに簡単にキレイを維持できて、お洒落な方法をセレクトしたいですよね。

ちなみに私が使っているのはこちら↓

6bb1b748e4e5948a9f9a385b3fe7d537b7087505.34.2.2.2

陶器とステンレスの組み合わせなので、食洗機で洗えて清潔に保てます。
歯ブラシ同士が時々ぶつかるのが難点です、、

と、話がそれましたが、O様邸の洗面室のご紹介の続きに戻ります!

DSC_5452_2

照明はシンプルなブラケットライトです。
ブラケットライトを付けてもまだ天井まで余裕があるO様邸の天井はどの部屋も高いのが特長です。

DSC_5461_2

洗濯機の上にはステンレスバーを。
ハンガーをかけたり、掃除用具をかけたり、何かと使えて便利です!

DSC_5208_2

洗濯機の右側には天井までのオープン収納。
リネン類や洗剤、ランドリーボックスなどたっぷり収納できます。

 

 

インパクト大なトイレ!!ナタリー・レテの壁紙が主役です。

O様邸リノベーション工事の2番目の主役ゾーン「トイレ」。
壁紙は奥様担当ということで、奥様コーディネートの斬新なセレクトですよ!

DSC_5211_2

グリーンのインパクトある壁紙は、「ナタリー・レテ」デザイン。

今回O様に教えてもらってはじめて知ったのですが、「ナタリー・レテ」は、絵本やタイル・テキスタイルなど様々な作品を手掛けているフランス人女性のアーティストさん。

864005299.g_400-w_g

とてもユーモラスでハッピー、そしてシニカルなデザインをされるアーティストですね。
子供のころの思い出や毎日の暮らしの中からインスピレーションを得てデザインされている、と聞くと納得。
ちょっとレトロでメルヘンチックな雰囲気もあります。

O様は前々から「ナタリー・レテ」のデザインがお好きだったようで、たまたまおすすめしたクロスメーカーに「ナタリー・レテ」の壁紙があり、かなりテンションが上がったそうです!
楽し気でお洒落なトイレ空間が出来上がりました。
最初お子さんがなかなかトイレから出てこられないので心配で見に行かれたところ、ポカーンと口を開けて壁紙を眺めていた、とのこと 笑

トイレは狭い空間だからこそデザインで遊べる空間です。
ぜひ大胆な柄や色にチャレンジしてみて下さい♪

玄関収納の中にコンセント。電動自転車の充電に役立ちます!

O様が一番気に入っておられる玄関には、大容量の玄関収納があります。

DSC_5373_2

両側に壁を造って、折れ戸を付け、棚板を設けたラフな玄関収納。
使いやすいよう、O様仕様にカスタマイズされています。

「なるほど!」と思ったのは、傘の置き方。
玄関収納のご提案をする時、傘のスペースに悩むことがあります。
傘は縦に、という固定観念があって、そのスペースを確保するためにあちこち細かくプランニングするようになるのですが、
使う部材も増えるのでコストアップに繋がることにもなります。
O様邸のようにシンプルな玄関収納であればコストもあまりかからないですし、使いながら好きなように変えていくことが可能です。

靴や他の物を入れてみられて行きつかれた傘の収納方法は、「横」に置くこと!
考えてみれば、傘は乾いてからたたんで収納するので、縦に置いても横に置いてもいいんですよね。
取り出しやすいのはやはり縦ですが、横に置くことで限られた空間をより有効に使うことが出来る、というメリットもあるので、「横置き」大いにアリだと思います!

DSC_5444_2

収納内にはコンセントを新設しました。
電動自転車の充電器を充電するのに使われています。

好きな所にコンセントを設けることができるのも、リノベーションの魅力です!

自転車も置ける広い玄関。一番のお気に入りだそうです♪

今回のリノベーション工事の中でO様(ご主人様)が一番気に入ってらっしゃるゾーンは「玄関」。

DSC_5191_2

元は洋室だった部分を玄関に取り込んだことで、自転車の置ける広い玄関になりました。

元洋室ゾーンの床と玄関の躯体の床には段差がありました。
洋室の床ラインに合わせようとすると入口(玄関ドア)に段差が生じます。
それを避けようと思うと、玄関内の床に段差が残ることになりますが、入口の段差で自転車や台車などが引っ掛かったり、つまづくのも嫌ですよね。
という訳でO様邸の玄関の中にはわずかですが一部高い所があって、そこを自転車ゾーンとして使われています。

DSC_5370_2

自転車を固定するためのグッズはO様がご自分で設置されました。
自転車がディスプレイのようでお洒落です!