アクセントウォール|タイル・木張り・クロス・・・コストに応じて。

昨夜のサッカーアジアカップは観られましたか?
一時も目が離せない面白い試合でしたね!
21(月)のサウジアラビア戦が楽しみです。
テニスの全豪オープンもチェックしないといけないし、忙しい日々です(笑)

さて、今日はアクセントウォールについて。
「空間に何かアクセントを入れたい」とのご要望があった時、よくご提案するのがタイル貼りや木張り。

IMG_0089_3
タイル貼り施工例:千田町S様邸

DSC_5277
木張り施工例:中区N様邸

実現できればお洒落でグレード感のある空間になること間違いなしなのですが、タイルや木張りはコストがかかるため、予算オーバーの場合は最終的にカットされやすいものでもあります。

その際の代替案としてご提案するのが「アクセントクロス」。
あまりコストがかからない上、特別な下準備も要らず、特殊な輸入物でなければ納期もあまりかからないので、現場が仕上がっていく過程で「急遽この壁にアクセントクロスを!」というご要望にもお応えすることが出来ます。

I様邸は、濃淡の2色 無地のブラックとグレーを用い、シンプルでありながら個性のある空間に仕上がっています。

DSC_9209
国泰寺I様邸

千同T様邸は本物のウッドのように見えるフェイククロスと淡いグリーンを組み合わせ、楽し気な子供部屋になりました。

DSC_5632
千同T様邸

藤垂園T様邸は、クラシカルなダマスク柄のクロス。
ダークな色味と光沢で高級感溢れる寝室です。

DSC_1934
藤垂園T様邸

K様邸は可憐な花柄にイエローを合わせて女性らしいトイレ空間。
渋くてかっこいいリビングとは全く異なる雰囲気ですが、壁で仕切られた空間なので全く問題ありません。

2R1A2525
吉島東K様邸

最後に、大胆なクロス使いの南観音T様邸玄関ホールです。
クロスは15~20年位で貼り替え時期がきますので、期間限定と考えたら思い切ったこともできます。

DSC_7774
南観音T様邸

無地から柄入りまでバリエーション豊富なビニールクロスは、組み合わせ次第でオリジナリティ溢れる空間を実現できます。
まずは「こんな雰囲気が好き」というイメージをお伝え下さい。
ご予算が限られていても大丈夫です。
予算に合わせたベスト&ベターな提案をさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

シングルライフの場合のオーブンレンジ位置|中区N様邸とT様邸

広島市中区N様邸とT様邸は、偶然にも隣のお部屋。
どちらも広さは40~45㎡とシングル向きの広さでした。
お二方ともキッチンカウンター下にオーブンレンジを置かれることになり、すっきりとしたキッチン空間を実現されました。

DSC_5174

N様邸は玄関から続く通路とキッチンの間をカウンターで仕切っています。

DSC_5225

カウンターのキッチン側は、食器や家電などの収納スペース。

DSC_5187

表からは見えないのでとてもスッキリした印象なのと、長いカウンターがまるでカフェカウンターのようでお洒落。

IMG_7430_3

T様邸は奥行の広いキッチンカウンター。
このカウンターで食事もできます。

IMG_7429_3

カウンターのキッチン側は家電や食器類を納めることができる仕様になっています。
オーブンレンジもここへ。

一番使いやすいのはカウンター上かとは思いますが、レンジを使われる頻度が少ない場合はカウンター下に収めてしまう方法も有りではないでしょうか。
スッキリした印象のキッチンを実現できます。

広島市中区N様邸の詳しい紹介はこちら

 

 

シングルライフを楽しむためのリノベーション、増えてます!

シングルの方向けのリノベーションが増えています。
このまま賃貸マンションに住むのもいいけれど、家賃と同じくらいのローンで済むのなら自分らしいオリジナルの空間を手に入れたい!ということで、中古物件を購入されリノベーションされる方が増えています。

シングルライフのためのリノベーションの場合、リビングを広く、寝室スペースは最小限のスペースで、という間取りになることが多いです。
また、トイレと洗面スペースの改装には制約もあり、それぞれを広くとることが難しいこともあります。
そんな時にご提案するのが、ホテルのようにトイレと洗面を1つの空間にしてしまうという間取り。
中古マンションには便器のタンクに手洗いが付いている仕様がほとんどで、新たに手洗いをタンクとは別に設けたくても広さ的に難しい場合が多く・・・。
そんな時は手洗いと洗面を一緒にすればお互い広く使えます!

bitmap

広島市中区N様邸はもともとこんな感じのレトロな洗面とトイレでした。

DSC_5266_2

リノベ後はタイルを用いお洒落で広い洗面&トイレに。
お風呂の前後の時間の動線もコンパンクトです。

N様邸の詳しい事例紹介はこちら

個性的なコラベルタイルをカウンターや洗面に|マンションリノベ

個性的でインパクトのあるコラベルタイル。
一目惚れで決められることの多い人気のタイルです。

DSC_7726_2

広島市南観音T様邸では、キッチンカウンターの天板に選ばれました。
奥様はパン作りがお好きで、このカウンターに出来上がったパンを並べて写真を撮りインスタにアップされるそうです。
まさに「インスタ映え」するカウンターですよね♫

このカウンターにコーディネートして選ばれたペンダントライトも素敵です。

DSC_7738_2

カウンター下のニッチの壁にも同じコラベルタイルを。
LDKの主役となるゾーンになりました。

DSC_5266_2

広島市舟入N様邸では洗面の壁面にコタベルタイル。
ブルー系でとてもさわやかな印象です。

レトロで可愛らしくもあり、またエスニックな雰囲気も併せ持つコラベルタイル。
一度見たら忘れられないタイルですよね。
水廻りやニッチなどにいかがでしょうか?

photo by 岸副正樹/ZOOM

無垢フローリングの雰囲気は好きだけど不安がある方に|リノベ事例

昨日は無垢のフローリングについて書かせて頂きました。
憧れの無垢フローリングですが、そりや割れがおこったり隙間が生じたり、というデメリットもあります。
それに頻繁ではありませんが、お手入れも必要です。

雰囲気は捨てがたいけど手入れをしている時間がないし面倒だし、隙間の間にゴミが入るのも嫌、という方には、無垢フローリングと複合フローリングの良い所を合体させた厚単板の複合フローリングがおすすめです。

hukugou

一般的な複合フローリングは、合板の上に0.3mm程度の薄い木板が貼ってあります。

danmen-usu

おすすめの厚単板タイプは1mm以上の木板が貼ってあります。

danmen-atu

その木板の厚さが厚いほど無垢フローリングに近いわけです。

danmen-muku

表面の「木」の下は合板です。
それにより、膨張や収縮 、ねじれ、反りなどが生じにくい特長があります。
また遮音性能を持たせてあったり、お手入れ不要な商品などバリエーションも豊富です。

フローリング単体で遮音性能を満たしていれば、単体で性能を満たしていない無垢フローリングのように二重床にする必要がありませんのでコストを抑えることができます。

広島市中区N様邸でも施工させて頂きました。
仕上がった感じは無垢フローリングとほぼ同等です。

DSC_8556_2

無垢フローリングの良い所と複合フローリングの良い所を両方併せ持った厚単板複合フローリング、無垢を諦めかけていた方も新たな選択枠として考えてみて下さい。
ご相談・施工はマンションリフォーム・マンションリノベーションの経験豊富な弊社にお任せ下さい!

広島市中区N様邸の詳しい施工例はこちら

キッチンに白いタイル|広島市マンションリノベーション

広島市中区N様邸のキッチンは艶のある白いタイルの壁。

DSC_5200_3

目地も白で清潔感溢れる印象ですね。
カフェのような雰囲気です。

広島市西区I様邸のキッチンは流行りのサブウェイタイル。

DSC_9186_2

ダーク色の目地にしたことでLDK空間の主役的存在になりました。

DSC_9600_2

広島市西区N様邸も同じくサブウェイタイル。
キッチン扉が白か木目かによって雰囲気が変わりますね。
どちらもとても印象深い壁面です。

清潔感が大事なキッチンに白いタイルはピッタリ。
キッチンパネルでも同じですが、汚れたらすぐ取り除く!を心掛ければずっと綺麗を維持できるかと思います。
キッチンに白いタイル、チャレンジしてみませんか?

 

カウンターで空間を仕切るワンルーム|広島市中区マンションリノベ

以前にもご紹介させて頂いた広島市中区N様邸。
引っ越しを終えられ、実際に暮らしていらっしゃる空間を撮影させて頂きました。

N様邸の中で一番特徴的なゾーンは、この長いカウンター。
キッチンと通路を仕切る役割をしていて、カウンター下は収納になっています。

DSC_5170_2

奥の玄関ゾーンのカウンター下は靴置きとして使われています。

 DSC_5225_2

キッチン側は、食器棚、家電棚として。
電子レンジもカウンター下におさまり、スッキリしていますね。

DSC_5187_2

通路側から見るとカフェのような雰囲気。

お友達を呼んで、みんなでワイワイ料理するのにいい感じですね。
作りながらもう飲んじゃおっか!
なんてラフなノリで楽しく過ごせそうです。

やさしくナチュラルで洗練された雰囲気。
遊びに行ったらつい長居してしまいたくなるような空間です。

Photo by 岸副正樹/ZOOM

 

無垢フローリングに近い複合フローリング|広島市中区マンションリノベ

広島市中区N様邸マンションリノベーションでは、表面に2mm厚の天然木を用いた複合フローリングを張りました。

DSC_8573_2

2mmの挽き板材は、自然が育んだ節や色のバラツキを意匠として取り込み、手技や手作りを感じさせる粗削りな仕上げです。
木本来の表情が楽しめ、リラックス感に包まれる卓越した温かみがあります。

複合フローリングもいろいろな種類があり、表面に張ってある木材が薄いものもあれば厚いものもあります。
今回採用頂いたフローリングは2mmと厚いのが特長です。
厚い方がより無垢フローリングに近いグレード感があります。

pf-danmen-w200

木には伸縮性があるため、隙間が生じやすく、割れやそりがおこったりすることがあります。
複合フローリングは無垢フローリングより、割れやそりが少なく安定しています。

section2_image3

無垢フローリングのお手入れは、基本は乾拭き、1~2年に一度塗装が必要なのに対し、こちらのフローリングはワックスフリー。
オイル塗装のように自然な仕上がりでありながら、水拭きができ、傷がつきにくいUV塗装がドッキングしたラスティック塗装を施してあります。

お値段は無垢フローリングとほとんど変わりませんが、無垢フローリングのいいところと複合フローリングのいいところを併せもつこちらのフローリング、おすすめです。

グレーのアクセントクロス|広島市中区マンションリノベーション

広島市中区N様邸は、広いLDK空間の一角にベッドゾーンを設けました。

DSC_8581_2

ベッドゾーンの壁は、グレーのアクセントクロスで変化をつけています。
グレーの壁は白い扉と相性がよく、スタイリッシュな雰囲気。
ベッドカバーや小物などでさらにアクセントとなる色を入れたい時、グレーはあらゆる色と合うし、お洒落感が出ます。

DSC_8595

扉の向こうはウォークインクローゼット。

DSC_8613

枕棚は合板で造りました。
味のある仕上がりで、LDKと統一感があります。

photo by 岸副正樹/ZOOM

ワンルームの玄関|広島市中区マンションリノベーション

広島市中区N様邸は、2DKをワンルーム+ウォークインクローゼットへリノベーションしました。

DSC_8641

玄関を開けて部屋が丸見えにならないよう、パーテーションとして木の壁を立てました。
オークの木目がやさしく綺麗。
モルタル床を無機質に感じさせません。

photo by 岸副正樹