Y様邸 洋室のエコカラット|新築マンションリフォーム

新築マンションのプチリフォームをご依頼頂いたY様邸には、全部屋にエコカラットを施工しています。
リビングには、砂岩の流れ模様が特長のグレーの「ストーングレース」を。(詳しくはこちら
主寝室には木目柄の「ビンテージオーク」を選ばれました。

IMG_1748_3

ナチュラルな雰囲気です。

IMG_1745_3

ビンテージな風合いがお洒落!

IMG_1720_3

娘さんが使われる予定の部屋にはグレーの「ファインベース」。
こちらは定番の商品で、カタログやショールームでパっと目につくシリーズではないのですが、こちらも素敵です!

IMG_1727_3

息子さんが使われる予定の部屋にも同じく「ファインベース」。

IMG_1718_3

腰壁仕様にされました。

IMG_1729_3

優しいオフホワイト色です。

IMG_1740_3

玄関には人気の「グラナスルドラ」を。
重厚感のある質感ですが、ホワイトをセレクトされたので明るく品のある玄関になりました。

IMG_1744_3

冬は乾燥し夏は湿気の多いマンション空間を、快適な環境に保ってくれることでしょう。
トイレ、洗面はまた次回ご紹介させて頂きます!

 

 

クローゼットにも風が通る間取りへのリフォーム。おススメです!

ジメジメした梅雨時期、湿気の多い洋室のクローゼットの中の物にカビが生えてしまった、という経験はありませんか?
少し余裕を持たせて収納し、梅雨時期にはクローゼットの扉を開けて除湿、晴れた日には換気するのが大事ですが、
狭いマンション、そして限られたクローゼットの中、ギッシリ物を詰めないと収まりきらないご家庭も多くあるのではないかと。
そして、いくら除湿しても換気してもやっぱりカビが・・・ということもあるかと思います。

リフォーム・リノベーションをお考えなら、まずは風通しのいい間取りにされることをおすすめ致します。

広島市西区M様邸は、リビングの続き間として和室があって便利な押入れ付き。
押入れの壁の向こう側は、洋室のクローゼットという間取りでした。
before図面 ↓

既存平面図_2

和室と洋室の間に通り抜けできるウォークインクローゼットを設けるプランでリフォームさせて頂きました。
after図面 ↓

平面図_2

bedore画像 ↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

after画像 ↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

洋室からリビングまで人も風も通り抜けできて、空気がよどむ箇所がなくなりました。

詳しい事例紹介はこちらです

 

梅雨の時期、フローリングがたわむ家に住んで。

今年も梅雨がやってきました。
築10年のマンションに新築時から住んでいますが、住み始めて数年経った頃から毎年この時期になるとフローリング床の一部がたわんで浮いて、踏むとポコポコします。
場所は決まっていて、フローリングゾーンの中では一番直線距離の長い部分の真ん中あたり。
湿気でフローリングが膨張して、たわみが生じるのでしょうね。

DSC_9239_2

最初は欠陥マンション?!施工が悪い??などと敏感になっていましたが、
今では慣れて、このポコポコが湿気のバロメーター。
ポコポコし出したから除湿をかけよう、洗濯物は部屋干しをやめて乾燥機を利用しよう、
と、生活を湿気モードへ切り替えするために欠かせない存在になりました。

管理会社を通して建設会社に相談したところ、無償で手直ししてくれるとのこと。
他の部屋からも相談があり、随時対応させてもらっている、と。

直してもらおうと思っていましたが、修繕してもらう暇がないまま現在に至り、
逆にこの湿気バロメーターが無いと、気付かないうちに湿気がたまってカビを発生させるような生活をしてしまうかも?とそっちの方が怖いと思うようになりました。
見えない所にカビが生えるより、見える所に変化が現れ、対策をうてた方がいいので・・・。

DSC_9228_2

無垢の床も、梅雨は膨張するのがわかると思います。
その状態によって除湿をかける、という話を聞きます。

湿気バロメーターの存在は有難いです。

マンションにお住いの方は特に気をつけないとあちらこちらにカビを発生させてしまうこの時期。
ジメジメし出したらクローゼットの扉を開けて除湿し、晴れている日にはなるべく隅々まで風を通しましょう。

家具をべったり壁にくっつけるのは危険です。
少し隙間を開けてそこにも風が通るようにしましょう。

いずれ今のお住まいをリフォーム・リノベーションされる際は、湿気が溜まるとどんな状態になるのかしっかりお伝え下さいね。
お悩みが解消できるよう、ご予算内でできる策を練らせて頂きます!

 

トイレに貼るエコカラット|広島市西区マンションリノベーション 

広島市西区S様邸では、トイレに機能性タイル「エコカラット+」を貼る予定です。
今回選ばれているのが、新商品のラフクォーツ。

living17_2

立体感のある石のテクスチャーがいい雰囲気です。

「エコカラット」や「エコカラット+」はタイルとして意匠性を高めるだけでなく、素晴らしい機能を備ていることから、よく採用頂いています。
その機能とは・・・

①湿度の高い時は余分な湿気を吸収し、乾燥している時は湿度を補充してくれます。
②ニオイ成分を吸着し、生活臭を大幅に脱臭。
③ホルムアルデヒドなどの有害物質を吸着・低減してくれます。

そして「エコカラット+」にはさらに、

④湿度もニオイも吸着しますが、水と汚れはNO。汚れやすい水まわりのお手入れも簡単になります。

こんなに優れた建材ならリフォーム・リノベーションでぜひ取り入れたくなりますね。
湿気・結露問題でお困りの方には特におすすめです。

エコカラットを貼った玄関|広島市中区マンションリフォーム

広島市中区T様邸では、玄関の壁に機能タイル「エコカラット」を貼りました。

DSC_2660_blog

高級感漂う玄関ですね。
タイルはシンプルなものでも、グレード感をプラスしてくれます。

この「エコカラット」の機能がすごいんです!

●調湿
じめじめのもととなる余分な湿気をゴクリと吸収。カラカラの時には、潤い貯金から湿度を補充します。
調湿クロスや珪藻土より効果があります。

●脱臭
生活臭を大幅に脱臭。原因成分を吸着して、ニオイ問題の解決をサポートします。

●有害物質フリー
空気中に漂う、有害物質を吸着・低減。目には見えない不安から家族を守ります。

玄関の他に、湿気の多い部屋やトイレにもオススメです。
もちろんリビングでもグレード感、お洒落感をアップしてくれる重要な役割をしてくれます。
ぜひご検討下さい。

T様邸の詳細はこちら

Photo by 岸副正樹/ZOOM