大人のマンションリノベ、モデルルーム計画 Vol.1

皆さんこんにちは、ここ最近考えている事なのですが、私が思い描く「自然素材を適材適所に取り入れたマンションリノベーション」のモデルルームを具現化(リノベーション)をするのに適した中古物件の売り出しはないか? 毎日ネットで物件を確認している城代です。

イメージはどんなかと申しますと、

まず広さは68平米くらい、この広さだと既存の間取りは3LDKでしょう。 実は意外とこの広さは、広島市内の築30年以上の中古マンンション物件にはないんですねー。 よく同じような条件で物件探しをされているお客様のお手伝いをしますが、なかなか見つからなくていつも苦労しています。

次に購入希望エリア。 中区か、東区の広島駅周辺、南区だと段原とか比治山あたりでしょうか。 住空間のギャラリーが中区小町の地蔵通りですから、やはりお客様をご案内するのには小町から近いほど良いですね。 しかし、先ほども申し上げましたが、都心で「築30年超えマンション、70平米弱」というのがなかなか見つからないんですよね。 本川町とか土橋とか十日市あたりで見つかったら最高ですね。もっと欲を言えば大手町とか。

それから、そこへ住む人のイメージを考えます。空間をデザインしていくのには、どんな人、どんな家族に暮らしてもらいたい空間にするかを決めることは最重要事項です。 そこのコンセプトが決まっていればデザインがブレる事もありませんし、設計に迷った時もそこに立ち返ってコンセプトを再確認すれば、自ずと答えが出てきます。 その場所に住む人をイメージしって、しっかりコンセプト通りの空間作りをしていれば、モデルルームを将来売りに出すときにも、すぐに売れるはずです。

さて、話が逸れましたが、今回計画しているモデルルーム、正直場所が決まらないと難しいところがありますが、「夫婦ふたり暮らし」をイメージしたいと思います。 なぜなら弊社の一押しのリノベーションコンセプトが「セカンドライフをまずはリノベから始めよう」だからです。 落ち着いたシンプルな住空間を求めるライフスタイルを持っていらっしゃる40代、50代の方というイメージでプランを計画します。

夫婦のリノベ
夫婦二人暮らしのリノベーション

続きまして、間取りのお話です。

夫婦二人暮らしのセカンドライフでは、夫婦一人ずつに個室かあるいは二人一部屋で広めの寝室かのどちらが良いでしょうか? ここはそれぞれのご夫婦の暮らし方や好みで分かれるところです。 うちの場合だと、体感温度がそれぞれ違うので、寝てる間の部屋の空調の温度で意見が違ったり、朝起きる時間がかなり違ったりするのでそれぞれに寝室があった方がストレスは感じなくなるのだろうと思います。 でも、一人で寝て朝一人で起きるのはとても寂しいとも思うので、今回のモデルルームでは広めの寝室に二人で寝るという選択肢を撮りたいと思います。 できれば20㎡くらいの空間で、外資系ホテルのようにカウンターデスクとテレビを設けたいと考えます。

寝室をリノベーションしたイメージ
寝室をリノベーションしたイメージ

そしてキッチンはアイランドキッチンにしてダイニングテーブルをキッチンと繋げます。コンロは背面の壁側に冷蔵庫や食器収納と横並びにするのもいいですね。

余談ですが、二人暮らしや小さなお子さんと三人暮らしのご家庭でしたら、ダイニングテーブルは四角形よりも丸テーブルの方が収まりが良く、空間を広く使えるのでオススメです。

あと、リビングとトイレと浴室、そして収納の話が残りますが、それは次回へ続きます。

セカンドライフはリノベーションから始めましょう
セカンドライフはリノベーションから

リノベーションで「ヘリンボーン張りの床」へ。

広島市中区K様邸の床は、無垢チーク材のヘリンボーン張りです。

2R1A2521_2

先に見えるダイニングのペンダントライトの雰囲気も合わさって、クラシカルでお洒落な雰囲気。
玄関からこの床が見えるだけでもうここが特別な空間であることがわかります。
この先はどんな感じなのかな?と興味がわきます。

2R1A2545_2

K様邸へはお引き渡しから2年ぶりに伺いましたが、床がとてもいい色に経年変化していました。
キズも汚れも全て「味」になっているところが、無垢材ならでは良いところ。
カメラマンが撮ったこの写真でもその素敵さは伝わっていると思いますが、実物はそれ以上ですよ。
一般的なフローリングを使ったお部屋と比べると、感じる「空気」も違います。

ヘリンボーン張りは、普通のフローリングより施工に手間がかかります。
材料も余計に要りますし、手間がかかるので工期も長くなります。
そうなると費用も高くなるわけですが、それでも選ばれる魅力がヘリンボーン張りの床にはあります。

2R1A2556_2

 

 

 

冬の結露や乾燥対策に、調湿してくれるタイル「エコカラット」。

今日は空がどんよりしていて寒いですね。
今朝は結露大丈夫でしたか?
結露に湿気は大敵。
なるべく湿気はためないように、
かと言って乾燥し過ぎもよくないです。
肌はガサガサ、喉はイガイガ、ウィルスも蔓延してしまいます。
湿度は適度であることが大事。

湿度を適度に保ってくれるのは「自然素材」です。

DSC_0591_2
杉のフローリング東広島市K様邸

無垢の木や漆喰、珪藻土には調湿効果があり一定の湿度に保ってくれます。
床に無垢材、壁に漆喰や珪藻土を用いると、適度な湿度の住環境を手に入れることができます。

DSC_0473_2
漆喰の壁 東広島市K様邸

しかし自然素材は、工場で大量生産される建材に比べてコストがかかります。
またお手入れも必要です。
コストはかけたくない、お掃除簡単お手入れ要らずのラクなものがいい、という方には不向き。

そんな方には、一般的なフローリングやビニールクロスを用いた内装に調湿機能をもったタイル「エコカラット」をプラスするのがオススメです。
「エコカラット」は調湿してくれるだけでなく、ニオイも吸着してくれます。
珪藻土よりも優れた脱臭力というからスゴイ!
さらに空気中に漂う有害物質を吸着・低減までしてくれるというから本当に優秀です。

それにタイルなのでお洒落!
空間のグレード感がUPします。
中島町K様邸ではリビングとトイレに貼りました。
間接照明がエコカラットを優しく照らしています。

DSC_9701_2
中島町K様邸 
エコカラット施工費¥159,000-(材工・税別)

トイレにはナチュラルな素材感のエコカラット。

DSC_9764_2
中島町K様邸
エコカラット施工費 ¥25,800-(材工・税別)

井口台S様邸でもトイレに採用頂きました。
グレーと白でまとめてクールな印象のトイレ空間に仕上がっています。
湿気が多くニオイの気になるトイレにもエコカラットはピッタリのタイルです。

IMG_6204_3
エコカラット施工費 ¥50,400-(材工・税別)

千田町T様邸では玄関に貼りました。
ミラーをプラスするとより高級感のある玄関になります。

DSC_2660_2
千田町T様邸
エコカラット施工費 ¥38,000-(材工・税別)

十日市O様邸では玄関ホールに。
ブラケットライトで照らされ素材感が引き立っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その他多数採用頂いております。
エコカラットの施工例はこちらでもご覧頂けます。
また、詳しい機能についてはこちら

エコカラットのご相談もぜひ工房住空間へ♬

 

 

冬冷たい床。少しでも暖かみを感じる床は?

冬になるとフローリング張りの床は冷たさが気になりませんか?
コンクリートに直に貼ってあるフローリングの場合、躯体のコンクリートの冷たさがフローリングに伝わりお部屋も冷えてしまいます。

では床が冷えない方法とは?

カーペットやコルク材などにすると温かいですが、やっぱりフローリングがいい!という方には暖かいフローリングをオススメします。
それは、杉・ヒノキ・パインなど柔らかい木の無垢フローリングです。

DSC_8739_2
広島市南区N様邸 ウォークインクローゼット 床材:パイン

木は土から水を吸い上げて枝や葉の隅々まで水を供給するため、水が通るための「管」があります。
フローリングとして使用するために木を乾燥させるのですが、水が通るための「管」は乾燥しても「空洞」となって残ります。
その空洞が「空気層」=「断熱層」になります。
柔らかい木は「空気層」が沢山あるため、断熱効果も高くなる、というわけです。

逆に硬い木は・・・ウォールナットやオークです。
空気層が少なく密度が高いため、冬はちょっと冷たく感じます。

DSC_2134_2
広島市佐伯区N様邸 リビング 床材:オーク

また表面の塗装がウレタン塗装だとピタっと足にくっつくのでより冷たく感じられ、
オイル塗装だと、サラッとしていて冷たさをそんなに感じない、というのもあります。

床材選びも寒さ対策に関係してきます。
リフォーム・リノベーションをご相談頂く際は、寒がりor暑がり、もお伝え下さいね!
お施主様に合った床材を提案させて頂きます。

セルフリノベーションで漆喰塗装されました!プロも顔負けの腕前♪

広島市南区N様邸の壁は調湿効果のある漆喰。
この壁はセルフリノベーションでお施主様が施工されました。

DSC_8651_hp-1024x599

梁など角がある部分は凸凹感がよく出ていて、塗り壁らしい味のある仕上がりになっています。

DSC_8604_hp-1024x599

壁は塗りやすいのですが、天井は大変なのでビニールクロスをおすすめしました。
壁面がこれだけあれば、壁面だけで十分調湿効果は得られるかと思います。
はじめて塗られるのであれば、天井は無理をしないでラクな方法をとられた方が無難です!

DSC_8725_hp-1024x599

LDKだけでなくウォークインクローゼットや、

DSC_8749

玄関・ホールも。
N様広い範囲を本当にお疲れ様でした!!
最後はプロも関心するほどの腕前になっておられました^^

セルフリノベーションで塗り壁にチャレンジされる時のコツとして、まずは洋室などのあまり目につかないゾーンから始めるといいです。
だんたん慣れてうまくなっていきますので、リビングは最後に!

はじめてで出来るかどうか不安・・・という方も多いと思います。
プロがきちんとお教えしますので、ご安心下さい!
材料もおすすめのものを提案させて頂きますし、「塗る」ことだけ楽しんで頂くことができます。

セルフリノベーションの一番のメリットはコストを削減できること。
「施工費」が浮きます。

またご自分で施工されることにより、家への愛着もより一層わくことでしょう。
壁を見ながら「これ塗った時大変だったけど、楽しかったなぁ」なんて思いながらホッと一息、なんて素敵な時間です。
プロによるリフォーム・リノベーション工事とDIYを融合させることも可能です。
ぜひご相談下さい。

N様の詳しい施工例はこちら

リフォームのプロとして「マイベストプロ広島」で紹介されています

先日の中国新聞の「マイベストプロ広島」ページに、リフォームのプロとして代表の城代が紹介されました。
「マイベストプロ」では、豊富な知識と経験を持ったさまざまな分野のプロを紹介しています。

「マイベストプロ広島」サイトの弊社紹介ページには、施工例やお客様からの声の他に、不定期ですがコラムを載せています。

たとえば一番最近は、
マンションリノベーションに無垢材をふんだんに使う
というコラムを載せています。

その他では、
マンションリノベーション ピアノを置く
リノベーションの楽しみ
暮らしの場を見直す(築25年からのマンションリフォーム)
など。

ご興味のある内容があれば、ぜひご覧になってみて下さい!

178_1_2_2

 

 

 

 

DIYで珪藻土を塗ってみる|広島市中区マンションリノベーション

カウンターはタイル貼り、シンクは掃除用などに使われる多目的シンクを埋め込んだもの。
ガラスセードが印象的なブラケットライトや陶器製のスイッチなど、随所にこだわりが感じられるM様邸の洗面室。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

壁はM様ご夫妻がDIYで塗られた珪藻土です。
洗面台のあるこの一角がとても趣のあるコーナーになりました。

珪藻土は調湿作用がありますので、ジメジメしがちな洗面室がカラっと心地いい空間になります。

DIYで塗り壁に挑戦される際のコツとして、
塗り始めより終わりの方が断然うまく塗れるようになりますので、リビングや玄関など来客の目につくところ、普段よく過ごす場所は後にまわして塗った方がいいかと思います。
となると、最初に塗りだすのは子供部屋や洗面など?

コストを削減できるだけでなく、思い出にも残るセルフビルド。
施工方法、コツなどはプロが詳しく指導させて頂きます。
ご自分で塗ってみられませんか?

M様邸の詳しい事例紹介はこちら

珪藻土の威力!生活雑貨で実感!!

自然素材の建材として多く採用されている珪藻土。
珪藻土には調湿効果があり、壁や天井材として使うとジメジメした梅雨時期でも心地よく過ごせます。
また断熱性があって冷暖房効率が高くなる、
耐火性がある、
ニオイや有害物質を吸着してくれる
優れた建材なのです。

そんな珪藻土が今生活雑貨として人気なので早速使ってみました。
最初に使ってみたのが、珪藻土の調味調入れ。

k105_01

砂糖や塩が固まってしまうのを何とかしたくて使ってみたところ、ずっとサラッサラでビックリ!

img60456184_2

珪藻土のスプーンやスティックもあるので、調味調入れが珪藻土でなくてもこれらを入れておけば効果がありそうです。

img60456178_2

そして次は珪藻土マットを使ってみました。

51PwsshNqFL._SL1001_2_

最初は半信半疑でびしゃびしゃに濡れた足をのせてみましたが、スーっと水が吸い込まれたかと思ったらすぐ乾いたのでビックリでした!
前の人が使った後もすぐ乾くから、いつでもサラサラで気持ちよく使うことができます。
そして、バスマットを洗う手間がなくなり楽になったことは大きい!
家事らくグッズの一つです。

珪藻土コースターも気になっています。
洗面台のソープディスペンサーの下に置くと底がヌルヌルしなくていいと聞いたので試してみようかと。。
珪藻土スプーンやスティック、珪藻土コースターは100均にあって気軽に試せることろも魅力です。

珪藻土は調湿効果がある、とは聞きますが実体験する機会はあまりないですよね。
小さな生活雑貨からその効果を実感してみて下さい。

「セルフリノベーション」塗り壁をDIYで。その他はプロにお任せ。

空前のDIYブーム?!でホームセンターやネットショップにはお洒落な材料が豊富に揃っています。
ワークショップで作り方を教えてもらえたり、作る場所や工具を貸してもらえたり。
そんな背景もあってか、お施主様がご自分で施工されるセルフリノベーションが注目されています。

IMG_1148-300x225

今まで工房住空間でお請けしたリフォームやリノベーション工事の中では、壁や床の塗装をご自分でされる、というパターンが一番多くありました。
それは前提に「自然素材を取り入れたい」というご希望があってのことなのですが、自然素材はやっぱりちょっとコストがかかってしまうんですね。
全部自然素材にするのは予算的に無理・・・となった時、コスト調整の方法として「セルフリノベーション」という選択が出てくるわけです。
もちろんコスト面だけでなく、自分でやってみたい方、家づくりに参加することでより愛着を持ちたい方、家族の思い出づくりなど、それぞれいろいろな理由で「セルフリノベーション」を選択されました。

IMG_1150-300x225

やり方はこちらで丁寧に指導させて頂きますので、ご安心下さい!
「セルフリノベ-ション」のいい所は、自分の好きな「具合」にできる所。
塗りの厚み、コテの使い方から仕上がった時の模様などを好きに調整できます。

DSC_8805_2

広島市南区N様は、塗り壁をご自分で施工されました。
プロも関心するほどの仕上がりです!

DSC_8600_2

広島市南区N様邸の詳細はこちら

 

マンションリノベーション実例 広島市西区鈴が台

IMG_8695

鈴が台分譲住宅、築50年のRC構造のマンションはさわり方次第で十分住み心地の良い住空間にリノベーションできます。

一番の魅力は物件価格の安さと、場所によりますが景観の良さです。

この実例はまず床を全て撤去して無垢のパインフローリングに貼り替えして、壁天井のクロスも貼り替え。奥の緑色の壁はジョリパットという左官材料で塗り壁アクセントとしています。

それと境の壁を撤去してふた部屋を一部屋にしてLDKを広くしました。

システムキッチンは既存のままですが、キッチンの前に家電収納と配膳台を兼ねたカウンターを造作しています。

左右の端に映っている小ぶりのダイニングテーブルも工房住空間オリジナルで製作したオーダー家具です。このテーブルは食卓につく人数に合わせて可変出来たり、天気の良い時は海を眺めながら食事が取れるように、動かしやすい大きさで造っています。

さあ、マンションリノベーションを楽しみましょう。

 

マンションリフォーム

IMG_1959

マンションリフォームを完了し早半年過ぎた広島市中区のN様邸に、小工事をしに伺いました。

お引き渡しの時はがらんどうだった空間に、N様の色々な「物達」が詰め込まれて、すっかり「N様のおウチ」が出来上がっていました。

お引き渡しをさせていただいたお宅を訪問するたびに、自分が何十日も通った日々を懐かしむ気持ちと同時に、あー私もこんなお家に住みたいなという欲求の気持ちがグッと高まります。

いつもプランの設計をある程度自由にご提案させていただく時には、私ならどんな風にこの空間で暮らしたいか?を主体にコンセプトを考えていきますので、リフォームが完成した後のこの欲求は、当然の欲求ではあるんですけど。

ちなみに今回の小工事は、画像の左奥についている白いブラインドの取付でした。
これくらいの小工事は私自ら作業しますよ。

無垢フローリングの雰囲気は好きだけど不安がある方に|リノベ事例

昨日は無垢のフローリングについて書かせて頂きました。
憧れの無垢フローリングですが、そりや割れがおこったり隙間が生じたり、というデメリットもあります。
それに頻繁ではありませんが、お手入れも必要です。

雰囲気は捨てがたいけど手入れをしている時間がないし面倒だし、隙間の間にゴミが入るのも嫌、という方には、無垢フローリングと複合フローリングの良い所を合体させた厚単板の複合フローリングがおすすめです。

hukugou

一般的な複合フローリングは、合板の上に0.3mm程度の薄い木板が貼ってあります。

danmen-usu

おすすめの厚単板タイプは1mm以上の木板が貼ってあります。

danmen-atu

その木板の厚さが厚いほど無垢フローリングに近いわけです。

danmen-muku

表面の「木」の下は合板です。
それにより、膨張や収縮 、ねじれ、反りなどが生じにくい特長があります。
また遮音性能を持たせてあったり、お手入れ不要な商品などバリエーションも豊富です。

フローリング単体で遮音性能を満たしていれば、単体で性能を満たしていない無垢フローリングのように二重床にする必要がありませんのでコストを抑えることができます。

広島市中区N様邸でも施工させて頂きました。
仕上がった感じは無垢フローリングとほぼ同等です。

DSC_8556_2

無垢フローリングの良い所と複合フローリングの良い所を両方併せ持った厚単板複合フローリング、無垢を諦めかけていた方も新たな選択枠として考えてみて下さい。
ご相談・施工はマンションリフォーム・マンションリノベーションの経験豊富な弊社にお任せ下さい!

広島市中区N様邸の詳しい施工例はこちら